チェーンメンテナンスあれこれ

こんばんは!
今回はバイクのドライブチェーンのメンテナンス、過去記事まとめ


DSC_0948.jpg
懐かしのヤマハXJR400、一見のお客様です。

バイクからガチャガチャ音が出て、ぜんぜん進まないとのご相談。


DSC_0946.jpg
あいや~

チェーン錆び錆びのうえ、後ろ側(ドリブン)スプロケットの歯が削れて無くなっちゃってます。

スプロケットの上をチェーンが滑って空周りしてますよ
進む訳無い・・・


DSC_0957.jpg
これは純正のスチール(鉄)製のスプロケットでは無く、ジュラルミン(アルミ)のカスタムスプロケットですね。

スチールに比べ非常に軽量なアルミドリブンスプロケット。
回転部分の軽量化はエンジン馬力損失を抑えるのに効果大ですので、レースなどでは標準的に使用されています。
見た目もカッコいいしね

しかし、元々摩耗には弱い素材ですから、アルミスプロケット表面には耐摩耗性を上げるための表面処理が施されています。
摩耗が進んで表面処理が剥がれてくると、一気に削れていってしまうので注意が必要。


DSC_0952.jpg
アルミスプロケットの削りカスが、フロントスプロケット廻りにたっぷりと・・・

チェーンも錆び錆びのギシギシでしたので、日頃のメンテナンス不足で傷んだチェーンが主な原因で急激に悪化したのでしょう。


ドライブチェーン、スプロケットを新品交換することになりました。
今回はすべて純正パーツで。


DSC_0958_20191205221545f60.jpg
純正のスチール(鉄)製のスプロケット。
ブラックで見た目も悪く無いんじゃない?

アルミ製に比べずっしりと重いですが、耐摩耗性には優れています。
ツーリングで距離を走る人や、メンテナンスコストを抑えたい人はこちらがお勧め。


DSC_0960_20191205221547b26.jpg
フロント(ドライブ)スプロケット、チェーンも交換。

アルミスプロケットの削りカスでグチャグチャだったドライブスプロケットカバーの中も清掃します。
その時なんと、シフトロッドのオイルシールが抜け落ちてオイル漏れしているのも発見。

汚れてるとトラブルの発見も遅れますね・・・


オーナー様のバイクに対するメンテナンス知識って、ほんとそれぞれなんだと思います。
よくご存知の方も多いですが、今回のように男性ライダーさんでもまったく分からない方もいらっしゃいます。

ひと目見ただけで原因は分かりそうなもんだけどな~?
って、分かる人間には思えるのですが、いやいや実際そんなもんなんですよねー

あと、分かっちゃあいるけど、メンテしてる時間無いのよ
って方も多いのでは?


そんな方にはこちらのドライブチェーンもお勧めです。

IMG00001_201912052232036ea.jpg
コーティングチェーン

IMG00002.jpg
いわゆる「強化メッキチェーン」と呼ばれることの多いドライブチェーンです。

IMG00005.jpg
これはRKチェーンの「BL525R」という種類のチェーン。
銅メッキコートの上にさらに電着コートを施した2層コートのチェーンで、耐摩耗性と耐食性を向上しています。

コーティングによりチェーンの素材である鉄の錆びも発生させにくいので、外側のプレートなどは特にウエスで拭き取ってあげるだけでキレイになりますよ。


また錆びによるチェーンの劣化の主な原因に、チェーンのリンク部分にあるシールリングが発生した錆びにより傷つけられ、シールリングによってローラーとピンの中に封じ込められている潤滑用のグリスが飛散してしまうことがあげられます。

mcdc_maintenance_RK.jpg
バイク用ドライブチェーンの構造

ローラーとピンの間に専用のグリースが封入されていて、シールリングによって外部への流出を抑えて潤滑性能を長期間維持するようになっています。

今は原付クラスを除くほとんどのバイクはシールチェーンが純正採用されています。

・・・が!
チェーンの内外プレートにコーティング等がされたものでは無いので、放置すると錆びちゃうんですよね。

これからご紹介するチェーンはコーティングによって錆びの発生が抑えらますので、シールリングが傷みにくくチェーンの耐久性が飛躍的に伸ばせます。


こういったことから、メンテナンス頻度を抑えたい方にもお勧めですよ。


IMG00007_20191205225549135.jpg
CB400SF、乗りっぱなしスペシャル(笑)

たまに出す点検以外、日頃はノーメンテの若者が乗る可哀そうなCB子ちゃん。

チェーンがグダグダになっちゃいましたので、使用状況に合わせコーティングチェーンを押し売り!


IMG00010_201912052258537c3.jpg
当然傷んだスプロケットも交換するんですが、その前にあまりにキチャないリヤホイールにシャワー浴びてもらいます。
気持ち良さそうでしょ!


IMG00014.jpg
うん!ピカピカ

どうぞ、ほどほどに乗りっぱなしして下さいな(笑)


IMG15428.jpg
以前このブログでも紹介したことのある、ゼッケンカスタムCRFモタード。

CRF250M ゼッケンカスタマイズ その1
CRF250M ゼッケンカスタマイズ その2

こちらも毎日、通勤にお使いですのでチェーンはどうしても錆びちゃって・・・

IMG15367.jpg
錆びによってリンク部のシールリンクが傷み内部のグリスが無くなった上に、傷んだシールリングから水か入り込んでリンク部が錆びで固着しちゃってます

こうなっちゃうと、いくらチェーンオイルなどで潤滑してもスムーズに動きません。


IMG15383.jpg
前後スプロケット交換とともに、RK-BL520R-XWを導入!

これで点検の度にチェーン交換の見積もりが上がって来ることも無くなるでしょう(笑)



そして、これは現在進行中の作業なんですが、

IMG_20191206_104636.jpg
ヤマハ TRX850

6年以上、車庫で放置中だったTRXを復活整備しています。
もうね・・・
タンクの中はサビサビだし、キャブの中はクソクソ(笑)だしっていう大変な作業。

当然ドライブチェーンもサビサビのクソクソだと思ってたのですが、、、

まっ黒クロスケになってたチェーンを掃除してあげると、なんと!

IMG_20191206_101249.jpg
RKのコーティングチェーンでした!

コーティングが剥がれてしまっているところもありますが、錆びが全くといっていいほど無い!
いやいや、これには驚きました。

このように「コーティングチェーン」はチェーン各所の錆びの発生が少ないメリットがあり、シールチェーンの大敵である錆びによるシールリング損傷が抑えらます。

日頃のメンテナンスとしては、大げさに言えばチェーンオイルの注油不要!と言ってしまっても良いぐらい。

注油よりは、チェーン周りの砂利などでコーティングが傷むのを早めないように清掃してあげる方が効果があります。
清掃ついでに油分をチェーンに乗っけといて、スプロケットとのかみ合い時の抵抗を少しの間スムーズに出来ればいいなぁ・・・って程度の効果かな?注油は。

どうせ遠心力の影響で、乗せた油分はすぐに無くなっちゃいますから


対して、コーティングされていないノーマルのチェーンは、油分が無ければすぐに錆びが発生してしまいます。
このため、定期的にチェーンオイルの注油が必須になり、サボっちゃうと錆びのせいでシールリングが傷んでしまいます。

シールチェーンへの注油の目的は、チェーンプレートのシールリングが接する部分に錆を発生させないためと言えます。

皆さんがお使いのバイクを診させて頂いての注油作業の多くは、すでに錆びが発生してシールリングが傷んでいるものの延命処置になってしまっているのが現実でもありますね・・・

なかなか、ちょいちょいチェーンの清掃注油をする時間取れないですよね。
手がめっちゃ汚れるし

それに、注油すればするほど飛び散るチェーンオイルの量も増え、せっかく洗車でキレイにしたホイールやらが汚れる・・・(T_T)




IMG03087.jpg
88 NSR250R

真っ白なホイールがカッちょ良い
だけど、このホイールに黒いチェーンオイルが飛び散るとムッチャ目立つんですよねー

チェーンオイルの給油量が抑えられる「コーティングチェーン」はこういった要望にも効果あります。


IMG03079.jpg
ここまでご紹介しているチェーンの色がブラック/ゴールドピンのものばかりになりましたが、他にもカラーがありますよ。

これはRKチェーンの「GV520R-XW」
ゴールド一色のキラキラチェーンです

他にも赤、緑、青なんかもありますが、コーティングの強度ではブラック、ゴールド、シルバーが無難。



チェーンの連結作業風景もどうぞ。

IMG03081.jpg
このクラスのチェーンは、チェーンのプレートを専用工具で圧入して連結します。

IMG03083.jpg
仕上げに圧入したプレートの抜け止めに、ピンの外側をカシめて広げます。

このカシめ具合と仕上がりも作業者のセンスと経験が必要な個所ですね~

IMG03085.jpg
回転したら飛び散ってしまいそうな余分なチェーングリスは拭き取っておきます。



IMG01448.jpg
これは、EKチェーンの「ブラック&ブラック」

すべてのチェーンパーツがブラックコーティングで統一された渋いヤツです。
装着しても眠気は飛びませんのでご注意を(笑)

IMG01449_HDR.jpg
「ブラック&ブラック」をチョイスしたのは、ブルーのZRXⅡのお客様。

てっきり、ワンポイントで各所に入れているゴールドのパーツに合わせてゴールドを入れてくると思ったんですけどねー
定番外しも個性のあるカスタマイズです


IMG01474.jpg
スプロケットもスチール製ブラックを。

あ・・・分かった!
汚れても分からない!
汚れても目立たない!

それが狙いだな?
メンテサボる気、満々じゃー無いか!



DSC_1205.jpg
無限2本出しマフラー+限定ステッカーキットで仕上げた「CRF250L成田スペシャル」

2012年12月24日のブログ記事 ラストスパートです!
2012年12月25日のブログ記事 ラストスパート パート2!

こちらには、

DSC_1203.jpg
EKチェーン ThreeD(スリード)を装着。

一見するとRKのチェーンに似ていますが、

DSC_1184.jpg
内側と外側のプレートがゴールドとブラック、ピンはゴールド。

さらにチェーンプレートの面取りと肉抜きで軽量化と造形美を追求したこだわりのチェーン。
少々お高いですが、長い付き合いが期待できるコーティングチェーンですので有りかと






いかがでしょうか?

記事を書いてて思うんですが、ちょっと奮発してコーティングチェーンの導入がやっぱりお勧めですね!
ノーマルチェーンとの価格差以上にメリットがあると思いますよー



















日曜日、たくさんのお客様にご来店頂きました♪
ありがとうございます!


夕方のおやつの時間帯にはありがたい差し入れの連続

店長の通った中学校の前にある懐かしいお店「おやつセンター」の今川焼!
カップケーキや、おっさんには良く分からないスイーツ達!
わらび餅! おかき!

えーと・・・あと何だっけ?

いつも、ありがとうございます


でも・・・
さすがにおっさん2人で食べきれる量では無いです~(* ´ ▽ ` *)

なので、ちょうどご来店頂いた他のお客様、皆さんでワイワイガヤガヤと!


IMG_20191208_202408.jpg
でも、まだ残ってる(笑)

ブログ書きながら頂いてます
晩ご飯は要らないね(笑)



そして今日はお店に新しい仲間がやってきました。

IMG_20191208_194120.jpg
コロナSL-6619(W) 対流型石油ストーブ 2019年モデル

昨日、とうとうお店のエアコンがただの送風機になってしまいました・・・

夏の終わり頃、異音発生とともにストップ
だましだまし使ってきましたが、やっぱりダメね。

30年近く使ってると思います。
よくガンバってくれました。

もう修理部品も無いみたいなんで引退ですな。

ってことで、ひとまずの暖を得るために当店の備品に仲間入りです


IMG_20191208_194145.jpg
いやいや~

石油ストーブ。。。
雰囲気が暖かい

今日はストーブの周りでの談笑が絶えない一日でしたね♪

そして約1名の若ーい女子っこ!
ストーブの前で寝ちゃってるし(笑)

遠いところ高速飛ばして来てくれたんで、ストーブは心地よかったかな?
風邪引かないでね。

愛車CBRは大切に預かっときますね


ではでは。








関連記事

中古車XR250モタードの納車整備

こんにちは。
ホンダパルスウイングです。

引き続き過去記事、いきます



a_useda20180710 (17)

2018年7月10日 中古車 XR250 モタード入荷!

前オーナーさんが車庫放置になっていたものを買取させて頂いて入庫していた中古車でした。
約1年越しで新オーナー様の元へ


中古車として入庫時にオイル漏れのあったリヤサスペンションのオーバーホールや、キャブレターのオーバーホールなど、商品化にあたって必要な作業は済ませていましたが、納車前に本格的に整備を実施します


IMG04639.jpg
フロント周りの整備。

ハンドルを左右に切ったときの動きが気に入らなかったので、ステムベアリングをチェックしました。

IMG04640.jpg
思った通りベアリングに摩耗やガタつきは無いのですが、塗られているグリスが古くなってカサカサに・・・

IMG04642.jpg
ステアリングステムを取り外し、ベアリングを洗浄グリスアップして組付けます。

うん。気持ちいいハンドルの動きになりました


IMG04645.jpg
続いて新オーナー様からのご要望もあって実施しました、フロントフォークのオーバーホールです。

中古車として入荷時にリヤサスペンションユニットをオーバーホールしていましたので、フロントもリセットしたいですよね。


IMG04647.jpg
オイルシール、ダストシール、ガイドブッシュやピストンリング、Oリングなどを新品に交換し、組上げます。


IMG04703.jpg
フロント周り完了

続いてアイドリング時に聞こえるエンジンからの微妙なノイズが気になり、診断。
どうもオプション装着されているキックギヤが原因のよう。

元々こんな音が聞こえていたような気もするのですが、このパーツはオプション扱いのため販売店で装着しますので、作業者が不慣れな場合間違って組んでいた例も過去にありました。
念のため分解してチェックしましょう。

IMG04791.jpg
エンジン右クランクケースカバーを外します。
ついでにクラッチやオイルポンプも点検出来ちゃいます。


IMG04790.jpg
うーむ・・・

組み込みは正常。
やっぱりキックギヤのアイドルギヤから発するノイズのようですね。
問題無し

これで大丈夫なんかな?
という確証の持てなかった事象は、一歩踏み込んで確証を得ます。

「こんなもんです。」
ってアドバイス、絶対の自信が無い中で出来るものでは無いですからね。


IMG04792.jpg
リヤ廻りの整備。

IMG04793.jpg
サスペンションリンクを改めて点検整備。

リヤショックアブソーバーオーバーホール時に一度分解されてはいますが、店頭在庫で1年も置いてあるとやっぱり整備したくなります(笑)


IMG04797_HDR.jpg


さて、仕上げにシートのカスタマイズを♪

IMG04843.jpg
かなり劣化してしまっているシートレザーを交換します。

ついでに少~し、足付き性を良くするためにシートスポンジを加工しました。
外観からは分からない程度に削り込みを抑えて、尚且つ効果が出るようにってのはなかなか難しかったですね。


IMG04900_HDR.jpg
どうでしょか?

私で踵が少し浮く感じの足着きだったのが、踵ベッタリまで足着き良くなりました。

シートレザーも「カーボン調」のブラックとシルバーの一品モノです


IMG04898.jpg
最後はいつものようにテストラン!

モタード、楽しい♪
街乗り、通勤なんかにはベストではないでしょうかね?

中古でオフロード用のホイールとタイヤを用意すれば、本格的にオフロードにも行けちゃう。
自分でホイール交換できる人には、オールマイティーな相棒になりますな。


モタード欲っし~い

















先日、豊中の研修センターまでHMSE1級の講習と試験を受けてきたんですが、

その最終日の夕方、このまままっすぐ帰るのもつまらない。。。

空には伊丹の空港に降り立つ飛行機がブンブン飛んでますよ


IMG_20191120_164408.jpg
あはは・・・
また来ちゃいました。千里川の堤防。

だって研修センターと、眼と鼻の先くらいにあるんだもん(゚∀゚)


IMG_20191120_163211.jpg
夕方5時過ぎ、どんどん日が沈みます。

暗くなっちゃうとスマホカメラではうまく写真撮れないので、あと数十分が勝負だな。


IMG_20191120_165223.jpg
来た来た!

ワクワク♪

IMG_20191120_165449.jpg
IMG_20191120_165456.jpg
IMG_20191120_165501.jpg
IMG_20191120_165502.jpg
IMG_20191120_165503.jpg

IMG_20191120_165232.jpg
IMG_20191120_164417.jpg

難しい・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

IMG_20191120_165507.jpg
IMG_20191120_164427.jpg
IMG_20191120_165832.jpg

また来よ~







関連記事

GROM サスペンションカスタマイズ

こんばんは!

またまた過去記事です


IMG02109_HDR.jpg
当店お馴染みのお客様所有の
初期型GROM

毎日の通勤にお使いですが、たまにミニバイクツーリングにも出動する忙しいヤツです。
カラーリングが「ばんぶるびー」みたいでカワイく、私個人的に気に入ってるんですよねー


スポーツ的に乗ると軟弱に感じるサスペンションのカスタマイズをご依頼を頂きました。

まずはリヤサスペンション

IMG02396_HDR.jpg
味気ない外観のノーマルリヤショックを交換します。

ノーマルは最低限って感じの性能で、GROMはリヤサス替えると激変しますよ。


IMG02397.jpg
シフトアップ製リヤショックアブソーバー

オーリンズ!と行きたいところですが、お高いし他に付けてる人も多いしってことでチョイス。
さっそく装着を・・・・

IMG02399.jpg
リヤサスのサブタンク装着がこのようになってますが、、、


IMG02402.jpg
う~ん・・・

そこには2本出しのマフラーが陣取ってるんですよね(笑)

分かっててチョイスしてます。
いつものように出たとこ勝負


IMG02408.jpg
ステー造って、車体左側に装着!

はい!解決

次、フロント行くよー


IMG02452.jpg
えーと・・・どこのキットやったけ?

ウイルズウインさんが取り扱ってる、台湾製?かなんかのインナーダンパーとスプリングのセット。
減衰力不足のノーマルやわやわフロントフォークをガッチリさせます。


IMG02454.jpg
GROMのフロントフォーク、メーカーのサービスマニュアルではここまで分解出来ないことになってます。

なので、ホンダからは分解用の工具の案内はありませんし、普通はカスタマイズショップぐらいしか工具を持ってないことが多いのですが、何故か当店には有ります。


えー・・・
当店はカスタマイズ専門店ではありません。
くれぐれも、お間違いの無いよう(笑)

お客様のご希望を叶えて差し上げよう!
と、日々やってるとこうなります



IMG02451.jpg
このキットのダンパーは、左右それぞれ別々に圧側の減衰、伸び側の減衰を強化しています。

組み込んでフォーク単体で動かすと、ものすごいダンパー効いてて固すぎない?
って感じなのですが、車体に装着するとかなり良い塩梅


IMG02456.jpg
フォーク下部のアクスルホルダーを火炙りの刑にしてネジロックを弛め、インナーチューブを取り外します。


IMG02459.jpg
フォークスプリング、ダンパーユニットをキットのものに入れ替え、組んでいけば完成。

外から見た目は分からないカスタマイズなんですが、

IMG02470_HDR.jpg
フォークトップがカッコいいのに変わりますんで、カスタム感あります。

見た目も大事っすね!


IMG02471.jpg
完成~♪


IMG02472.jpg

IMG02473_HDR.jpg

う~ん
GROM、サスペンション良くなると楽しすぎ!

カーブで飛ばし過ぎ!
注意ですぞー


















先日、懐かしいバイクが入庫しました。

IMG05133_HDR.jpg
1987年モデル FZR1000

残念なことに事故での入庫です。
幸いオーナー様は大きな怪我が無かったので良かった。

IMG05103_HDR.jpg
カウルも割れちゃって・・・

IMG05110.jpg
ハンドルもグニャリと

フロントフォークも曲がっちゃてて、けっこうダメージ大


当時、逆輸入でしか手に入らなかったバイクですので、修理の見積もりも海外サイトにアクセスしてパーツを検索。
パーツ番号を調べて国内部品在庫を確認するも、ほぼほぼ生産終了で手に入らず・・・


事故相手保険会社に交渉させてもらって、なんとか中古パーツなどで修理する費用を出してもらうことになりました。

受け継いで大切に乗ってきたバイクですもんね!
なんとか復活させましょう



・・・って
まーた、長期戦になりそう



ではでは~









関連記事

クロスカブ マッドガード流用

こんにちは!
寒くなりましたねぇ。
もう12月ですもんね・・・早い早い

朝晩は気温もひとケタ
サーキット用ハイグリップタイヤ履きっぱなしの愛機CBRでは、タイヤが温まるまでヒヤヒヤもんでの通勤になってます(笑)


さて、今回も過去記事。
夏だったけかな?


IMG04803.jpg
スーパーカブ110 ストリート

当店では完売となってしまった限定車です。



こちらに、

product-03_20191201134722e0c.jpg
クロスカブ110の現行モデルの?

リヤフェンダーに付いてるマッドガード、リヤ廻りの形状はスーパーカブと同じに見えますので流用できないかな?
と、お客様からご質問が。


さっそく覗いてみましょう

IMG04259.jpg
スーパーカブ110のノーマルリヤフェンダー。

裏を覗いてみると、

IMG04261.jpg
やっぱり!

あるある。


クロスカブの純正部品、マッドガードを取り寄せて

IMG04263.jpg

IMG04262.jpg

はい!ポン付けです
超簡単♪



他のカスタマイズもご依頼頂きました。

IMG04266.jpg
ウインドスクリーンに、

IMG04267.jpg
スマートフォン取り付けのためのバーマウント。


IMG04801.jpg
バーマウントにUSB電源とエンデュランス製グリップヒーターのコントロールユニットをマウント。

うん。スッキリ


IMG04804.jpg
カブでツーリングされるお客様、増えましたよね~
今日はおにゅう峠まで行ってきたそうです。

今まではカブっていうと通勤やお仕事用のイメージでしたが。
紅葉の季節ですし小柄で機動力のあるカブで紅葉狩りもいいですね




紅葉?
早くしないと終わっちゃうね

全然ツーリング行けてねー


IMG_20191010_111425.jpg

IMG_20191010_111402.jpg

今さらながらの、亀岡で見つけた初秋のコスモス





では~





関連記事

ドライブレコーダー カメラノイズ対策

こんにちは。店長の山口です。
先日のドライブレコーダー取り付け記事の続きです。

ドライブレコーダー アストロスコーピオ取り付け





IMG02387.jpg
オーナーさんがずっと使って愛用しているナビ・ゴリラのGPS受信に不具合発生・・・

もう、ほぼ衛星を捕捉できない状態。
車でも良く聞く、ドラレコ装着後のノイズ(高周波電磁波)によると思われる電子機器の不具合っぽい・・・

リヤカメラとドラレコGPSを取り外しても変化は無いので、やはりフロントカメラかドラレコ本体からのノイズが原因か?

メーカーさんに相談してみると、どうもカメラからの可能性が高いよう。



IMG01182e.jpg
フロントカメラとナビの位置関係はこんな感じ。


むむむ・・・
見えないノイズの拡散エリアを想像してみると、ナビのGPSアンテナにとってはちょいとツライ位置関係か?

ナビの位置は変更できませんので、最悪カメラの位置を変更するしかないのかなぁ・・・

いや、それもお茶を濁すみたいで負けたみたいに感じるんで、いろいろやってみましょか!

IMG00889.jpg
付属で付いてくるノイズ対策の「フィライトコア」

IMG00873.jpg
これをカメラ配線などに装着してみたり


IMG02334.jpg
メーカーさんに相談した時に貰った、ノイズ対策用のテープを配線に巻きまくったり。。。


んんーーー
微妙にマシになった気がする程度で解決とは云えんレベル・・・



そんなとき、メーカーさんからノイズ対策で試作したってカメラが届きました!

IMG01149.jpg
ジャジャーン

いや、ほんま。
この案件、けっこう時間もかかり、メーカーさんにも何回も相談させてもらってたんですが、その間、一度もメーカーさんから諦めるような意見や提案は無かったんですよね。

この手は?あの手は?
と、即答できない場合でも時間をおいて必ず提案を頂きました。

商品である「アストロスコーピオ」は問題無く動いて、ナビ以外の電子機器になんの影響も無いので、たぶんゴリラナビが古い機種だからかな?と思うところもあるんですが、一言もそんな発言は無く、お客様にこの商品を使って欲しい!って想いが伝わってくる対応でした。

すばらしい!



せっかく送ってくれたノイズ対策の試作品カメラ、超絶めんどくさい作業ではありますが、もう一度車体から取り外し、装着し直してみることにしました。


・・・んが、しかし

さして変わらない。。。



IMG02338.jpg
見た目がダサいのでやりたくなかったのですが・・・

メーカーさんの提案の元、カメラ本体とその配線にノイズ対策のテープを貼り付け、さらにカメラ直近にフィライトコアを付けてテスト。


それでも全然変化なし

いやいや、ドラレコのGPSの捕捉スピードは断然よくなりましたよ!

でもゴリラナビのGPS捕捉改善には効かなかったようで・・・



うーん、残念
メーカーさん、あんなに協力してくれたのに良い結果が得られませんでした。

はぁ~・・・(T_T)
やっぱりカメラの位置を変えて、ゴリラナビから遠ざけるしかないのかなぁ?


諦めきれない私。
バイクをピット外に出してアルミ板を片手にあっちこっちかざしてみて、見えないノイズの見える化を試みますよ。

衛星さん、お願い!
捕まって~(笑)

傍から見たら、何やってんだか?
な作業。





おやっ!?

アルミ板をフロントカメラとナビの間に差し込むと、見る見るうちにナビが衛星を捕捉していきますよ!

おおおおぉぉ!


IMG02339.jpg
厚紙とアルミテープで作った、ノイズ対策用カメラカバーを付けてテスト!


IMG02388.jpg

IMG02389.jpg
衛星補足成功

やたっ♪


では、工作の開始

IMG02341.jpg
厚紙のカメラカバーを元に、アルミ板で本チャン用を作製します。


IMG02342.jpg
こんな感じで切りだして


IMG02346.jpg
仮付け。

これじゃあカッコ悪いので、


IMG02347.jpg
手持ちのカーボンラッピングで仕上げ


IMG02390.jpg
ノイズを封じ込めちゃう感じになるので、録画される映像に影響ないか心配でしたが問題無しのようです。


このドラレコの取り付けのあとも、9月のあおり運転事件でのドラレコ需要急増もあって、色々な機種のドラレコを取り付けをさせて頂いています。

そんな中、やはりドラレコから発せられるノイズの影響での不具合も他所から聞こえてきますね。

ETCが反応しないとか、スマートキー搭載車で警告灯が付いちゃうとか・・・
どうも、ネットで売られているお安めのドラレコに多いようです。


今回取付した「アストロスコーピオ」と新製品の「アストロトーラス」は、スマートキーに対して影響が少ないってことで、HMJ(ホンダモーターサイクルジャパン)での取り扱いが始まりました。


へえ・・・ノイズで苦労したのに?
他のドラレコだったらダメだったかもー!(≧∇≦)


当店ではアフターフォローのしっかりしたメーカーの商品で、さらに当店でしっかりアフターフォローさせて頂ける商品のみを取り扱うように心掛けています。

安心してご相談下さいね!





関連記事