定期点検のお引き取りと代車。

こんばんは!

連休の始まりは雨でしたが、上がりましたね!
明日からは良いお天気になりそう。
ツーリングに出撃の皆さん、安全運転、ヨロシクです


さて、今日は定期点検のお引き取りと、代車について。

20171006 (5)
昨日の夜、定期点検でお預かりの予定だったバイクを、急遽ご自宅まで引き取りに行ってきました。

定期点検実施日の打ち合わせを以前からさせて頂いていて、ちょうど今日がお子さんの運動会でお仕事がお休みだそうなので、昨日のお仕事の帰りに来店して頂き、代車でご自宅に帰って頂く予定でした。
点検が完了して運動会も終わったら、また代車でご来店頂いて納車の段取りだったのですが・・・

昨日夕方、お客様から連絡が入り、

「仕事が押してしまって今から帰るのですが、お店によっていたら子供の保育園のお迎えに間に合わないんです・・・
どうしましょっ

と、

ちょうど雨が酷くなりだした日暮れの時間でもあり、焦って運転すると事故の元です。
トラックの出撃予定もありませんでしたので、まずはお子さんのお迎えに向かって頂いて、ご帰宅されて落ち着いてからご自宅までお引き取りさせて頂くことにしました


通勤にバイクをお使いの場合、なかなか点検に出して頂けるチャンスが無いお客様も多いと思います。
そういった場合、点検の間にお使い頂ける代車をスクーターになりますが、50ccと125ccクラスを1台ずつ準備しております。

代車のご利用は事前に打ち合わせの上、ご予約をお願いします。


また、ご来店頂いて点検を受けて頂くことが難しい場合も、定期点検でのお引き取りについては片道5kmを基準に無料でお伺い致します。

代車をお使い頂く場合は、原則ご来店での受検をお願いしています。
今回は緊急事態ということで、お引き取りさせて頂きました~


20171007 (21)
今回の点検は、「安心6カ月点検」

半年に1度の少し軽めのメニューの点検です。
料金もリーズナブルでこのCRF250Mで
点検基本料金 6,480円です。

毎日乗っていると、なかなか手が付けれないドライブチェーンなど、日頃のメンテナンスが大きく部品の寿命に影響する部分も、この点検でしっかりメンテナンス出来ます。

少しサビが浮き出して、油分もゼロで”こてこて”になっていたドライブチェーンも、上の画像のようにリフレッシュさせて頂きます。

点検項目は大きな分解を伴わない点検となりますが、要点はしっかり押さえていますので、極端な話、この点検ばかりをずっと受けて、点検の結果をみて必要となったら上のグレードの点検メニューに変えるっていうのも有りですよ。


20171007 (20)

定期点検をお勧めするもうひとつのポイントは、洗車です

マンションなどにお住まいのお客様など、洗車するのもなかなか大変ですよね~
それが、毎日お使いのバイクだとなおさら・・・

お任せ下さい。
点検メニューには洗車もセットされていますので、キレイになりますよ。

20171007 (15)
完成~

夕方ご来店されたオーナー様、
おんなじバイクの売り物かと思った・・・

ですって(笑)
お褒めのお言葉、ありがとうございまーす!


*点検時期の定期的なご案内DM、お引き取り、代車サービスについては、当店でお買い上げ頂いたバイク限定のサービスとなります。









さて、3連休のスタートの今日は、旅立ちのお知らせもチラホラ♪

今晩から「弾丸フェリー」に乗って、九州阿蘇へツーリングに出撃されるお客様より、店長も行くなら参考にどうぞと画像が届きました~。


20171007 (1)

大阪南港を出港前の「サンフラワー号」
弾丸ツーリングのバイクが、わんさかとやって来てこのような状態に

さすが・・・連休
平日休み慣れしてる私には無理っぽい状況っすね(笑)


20171007 (2)

船内で夕飯となる時間ですから、お客様はバイキング(ビュッフェ)を選ればれたそうです。
私もこれにしよ~
めちゃ、食べれそう♪


20171007 (3)
今晩の甲板は、雨でびしょびしょ・・・
空も曇ってて、星空は見えないそうです。
でも夜景はキレイでしばらく甲板で夜景観賞。

いいっすね~

晴れてれば、夜は甲板で寝袋で寝ちゃうのもあり??
星空と夜景を見ながら寝れますやん

朝起きたら、顔が潮で”びとびと”でしょうから、朝風呂ですな(笑)

気を付けて楽しんできて下さいね。
続報、待ってマース



関連記事

遠方通販中古車の納車整備

こんばんは~

朝から雨ですね
とっとと降りきってもらって、明日からの3連休お天気回復してもらいたいっすね


今日は中古車の検査へ行ってきました。

20171006 (12)

雨の陸運局は少し空いていてラッキーでした
無事、ストレート合格♪

この中古車は、神奈川県のお客様にご契約頂いた車両です。
遠方通信販売での検査登録業務は、通常の大阪のお客様のときと違った手続きとなります。
大阪の陸運局では「予備検査」というものを受検して、合格すると「予備検査証」とうものが発行されます。
この予備検査証を神奈川県の行政書士さんに送って、ナンバー登録手続きをします。

ちょっと検査合格から完成まで、間があいてしまいます。

20171006 (2)

20171006 (3)
通常の中古車をご用意させて頂くときより少し時間が出来てしまいますので、検査に関係してこないカスタマイズをこの間に済ませることが多いです。

今回は純正部品流用での、ウインカーレンズのクリアスモーク化をご依頼頂いていました。
カッコいい

ウインカーバルブも「ミミックバルブ」を使用し、点灯時以外はオレンジ色の電球が見えないようにしています。

中古車のご購入時、同時カスタマイズも受付しています。
中古車納車整備の分解部分に関係するパーツの場合、少し工賃も割引できますよ~


20171006 (6)

フロントタイヤ、検査には余裕で合格する残量でしたが、偏摩耗がどうしても気になり新品交換させて頂きました。

一般的な道路は水捌けのために蒲鉾状になっていて、左車線を走行の場合、左側に微妙に傾斜しています。
フロントタイヤは傾斜に対してバランスを取りますので、普通にツーリング等でまっすぐ走ることが多い場合は、どうしてもタイヤセンターより右側が左側より減るのが早くなります。
峠道ばかり好んで走る方のバイクは、この傾向は薄いですかね・・・

タイヤの銘柄によって減り加減は変わりますが、場合によっては高速走行時のハンドルのブレ、振動、左右でのハンドリング感覚の違いになります。
今回のお客様は初めてこのクラスのバイクにお乗りですので、バイク個体ごとの癖のリセットの意味合いで交換させて頂きました。

20171006 (9)
フロントタイヤは新品へ!
「メッツェラー ROADTEC Z8M INTERACT」 をリヤにあわせて装着。

20171006 (10)
リヤタイヤは、だいたい8分山くらいの残量で、状態も良いのでそのままです。
同じく、「ROADTEC Z8M INTERACT」

20171006 (11)
バッテリーも純正採用の「GSユアサ YTZ10S」で新品に交換。
これからの季節、バッテリーが中途半端だと不安ですからね。
ここも新品でリセットしておきましょう

その他、エンジンオイル、オイルフィルター、ラジエター冷却水など、油脂類も新品に交換していますので、今後のメンテナンス管理も分かりやすいと思います。

20171006 (1)
あとはナンバープレートの到着を待って、確認テスト走行を残すのみ

もうしばらくお待ち下さいね




それと今日は、このガソリンタンクも塗装から帰って参りました

20171006 (4)
以前のブログ記事
BROS レストア?中!

で、サビを取り除き、コーティングを施したガソリンタンク。
錆取り作業で傷んでしまった塗装と、もともとあった小さな凹み等を修正して、なおかつ、もう手に入らない純正のタンクデカールはそのまま残すという、少々難しい塗装を依頼していたのですが、見事に仕上がってきました


来週はBROSの仕上げ作業に取りかかれますね。
こちらも少し遠方からのお客様ですので、バイクお渡し後に何か不具合があっても簡単に見直しさせて頂くことが出来ませんので、頑張らないとな~


ではではー♪



関連記事

高槻三島江 コスモスロード

こんばんは~
山口です

閉店後、支店の店長達とちょろっと打ち合わせ。

あかん、、、バイク談義で本題が進まん・・・(笑)


今日の更新は昨日の定休日、なんとなく近所をふらつきたくてお店に向かう前に寄り道して行ってきました
「高槻市コスモスロード」

の様子を


IMG00892.jpg

高槻の三島江地区で毎年10月1日から30日までで一般開放されるコスモス畑です。

亀岡の方までツーリングでコスモス見に行こうかな?
と思っていたのですが、近場にもあったのを思い出し行ってきました。

こうもお天気が気持ちいいと、少しの時間でも自然に触れたくなるのですよ♪


2017_1005.jpg

場所は高槻市三島江2丁目・3丁目の田んぼの真ん中。


20171004 (7)

CBRで行ってしまうところが私らしい?

この辺りは駐車禁止ですので、バイクで行く方が良いですよ。
高槻近辺にお住まいの方なら、原付バイクなどでぷらっと秋を身体で感じながらがお勧め♪


20171004 (5)

20171004 (6)

20171004 (16)

10月中旬ごろが見頃ですかね~


20171004 (3)

20171004 (4)

愉しげにイチャイチャしてるアゲハ蝶たち、なんとか写真に収まりました
他にも赤とんぼや野鳥もたくさん居て、都市化の進む高槻でも身近に自然を感じることが出来ます。


20171004 (15)

CBR1000RRとコスモス畑。
似合わんですかね・・・


20171004 (11)

201710045 (2)

201710045 (1)

いい天気。
秋の空は高くて好きです。


20171004 (8)
自撮り~(笑)

そういえば今日あたり、中秋の名月では?

201710045 (3)

201710045 (7)

うひょ~♪

201710045 (6)

201710045 (4)

スマホじゃ、ここらあたりが限界ですかね・・・
まあ、いいでんです。
写真を撮ることじゃなく、撮りたくなるような景色を見るのが真の目的っすから

201710045 (5)

寄り道しすぎ・・・た・・・


おしまい。




関連記事

2017 CBR1000RR SP

こんばんは!
山口です。

昨日の更新は、なんだかなにかとやること増えちゃって、更新日偽造のお時間になったのでスルー

定休日の今日は、少し残っちゃったお仕事と、ぜひとも行きたい九州阿蘇ツーリングのために、愛車CBR1000RR(SC59)の荷物積載カスタムをしたくてお店に来ちゃいました~ヽ(´∀`)ノ

良いお天気でしたので、まっすぐお店には来ませんから(笑)
ま~た夜に更新じゃん。
あれ~?



今日は先日納車させて頂いた、

2017_0930 (109)
CBR1000RR SP

の紹介


「トータルコントロール」
このキーワードをもとに開発されたホンダフラッグシップスーパースポーツモデルです。

Moto-GPワークスマシンから、市販レプリカ「RC213V-S」にフィードバックされた電子制御システムを、このCBR1000RR SPも受け継いで発売となりました。

他メーカーに比べて、電子制御システムの市販車への採用が少なかったHondaですが、ここにきて一気に搭載。
制御項目を少しずつでは無く、全部一気にというところが「トータルコントロール」を謳う理由でしょうか?

まあ・・・
細かな説明はメーカーさんのホームページにお任せしま~す



納車整備の様子を少し。

2017_0930 (35)

CBR1000RR SPは、リチウムイオンバッテリーを搭載しています。
画像は専用充電器で充電しているところ。

軽くて、大電流を取り出せるっていうメリットもあるのですが、少々取扱いが厄介ですかね・・・
充電には専用の充電器が必要です。
また、バッテリーあがりの際も、バッテリージャンピングは出来ません。(壊れます)
充電された代わりのバッテリーでエンジン始動するしかないという・・・

アシストスリッパークラッチを装備していますので、押し掛けも出来ません・・・

ツーリングユースでお使いの場合、通常のタイプのバッテリーに変更しておく方が便利かもしれませんね。
スポーツ走行をメインの遊び方としている「SP」ならではの装備ということですね。
(CBR1000RRは普通のバッテリー)



2017_0930 (37)

外装を取り外してのオプション取付風景。
チタン製のフューエルタンクは塗装されていません。
通常の鉄製タンクのように錆びることが無いからでしょうね。
軽くするためにチタン製になったのですから、塗装も省いて軽量化かな?


2017_0930 (46)

リヤシート下(SPはリヤシートカウル)の収納スペースはさらに小さくなりました
ETC車載器が入ると、もう隙間になにか入れるぐらいしかスペース無いです。

まあ、それでもヤマハのYZF-R1よりは広いですね。
R1はETC車載器すら普通に付ける場所無いですから。


2017_0930 (6)

ブレーキキャリパーはブレンボ製モノブロックキャリパーを装備します。
ABSシステムはコーナリング時のブレーキや車体姿勢も制御します。

オーリンズ製倒立フロントフォーク、こちらも減衰力などを走行中に電子制御でコントロールしています。


2017_0930 (72)

フロントフォークの上端部のフォークトップ、減衰を電子制御でコントロールするパーツと配線が繋がってますので、ここは見た目で違いが分かります。


2017_0930 (47)

リヤのオーリンズ製リヤショックユニット(TTX36EC)
フロント同様、減衰力を電子制御でコントロールします。
リヤはコントロール部分が外から見にくいので、見た目は普通。


2017_0930 (68)

タンクカバーとシートの間、ちょうど車体の真ん中あたりに、「トータルコントロール」を実現するため無いと成立しないIMU(車体姿勢推定システム)というセンサーが入ってます。
専用のカバーで保護されていて、カバーには「精密機器が入っています。注意!」なんて書いてあります。

2017_0930 (99)

なんだか、たいそうなセンサーさんが鎮座しているのかと思いきや、ちっちゃな樹脂のケースのセンサー。
配管が何本も入るABSユニットの前に、ちょこんと居ます。
まあ、身近なものといえば、スマートフォンなんかにこれと同じ理屈のセンサーが入ってますね。
なので小さいですが、制御の要になるパーツのひとつですので、取扱いは注意です。


2017_0930 (53)

今回のお客様からのご依頼のオプションに、バイクを車に積む際のフックの取付がありました。
SPにはタンデムステップが装備されていませんが、シートレールがスタンダードと共通の為、穴だけは開いています。
ネジ山を作って簡単に取付可能です。
今回は、ベビーフェイス製レーシングフックを取付。

2017_0930 (56)

こんな感じで、ロープやタイダウンベルトなどで車両を固定するためのフックを付けました。
オーナー様、納車のときは車に積んで帰られました~

実際、僕たちもこれが付いてると助かります。
引き取りをさせて頂くときや、整備中に安定させる場合に使わせてもらえますから


2017_0930 (62)

それと、でっかいラジエター。
スーパースポーツモデルの多くのラジエターは、フロントタイヤ後方の全面に広がるくらいの大きなコアを持たせたラジエターを装備しています。

このラジエターコアがフロントタイヤが巻き上げる砂利などで、けっこうダメージ喰うんですよ・・・
私、山口のCBR1000RR、どんな道でもとりあえず入って行っちゃうオーナーの性格のせいで、ラジエターコアがあちこち砂利やら泥やら石やらで、もうボコボコ・・・ですもん

なので、

2017_0930 (61)

R&Gの「ラジエターコアガード」
ラジエターの前面に設置して、コアの破損を抑えます。
このメーカーは少し価格お安めです。

2017_0930 (65)

少し細かめの網を車種別の形状の枠で囲ったようなもの。
見た目を気にしなければ、ホームセンターで金網買ってきて作っても良いですよ(笑)


2017_0930 (88)

SPに標準装備の、リヤシートカウル。
カッコいいですね
ETCを搭載しましたので、中にはあと車載工具がなんとか入ったかな・・・


2017_0930 (87)

TFT液晶メーター。
採用されるモデルが増えてきましたので慣れてきましたが、CBR1000RRはここで「トータルコントロール」の制御部分を項目ごとに好みに調整できます。
かなり出来ることが多いので、覚えるの大変です

メーターの左上部分に外部の明るさを感知するセンサーが居ますので、ステッカーなど貼らないで下さいね。


2017_0930 (84)

LEDヘッドライト。
このお陰か、フロントカウルを取り外すのも簡単になりましたね。
他のカウル類も取り外し、取り付けともに分かりやすくなってて、トラップも少なめでした


納車の翌日、早朝からオーナー様は近くの峠道でシェイクダウン

2017_10041.jpg

ヨノコンかな?

まだ下ろしたての初走行なので、これからもっとインプレッションをお聞かせ頂けると思うのですが、とりあえず最初のインプレッションとして、オーリンズのサスが素晴らしいとのこと。

スーパースポーツとは思えないしなやかさで、峠道などの凸凹を見事に吸収してくれるので、安心してコーナリング出来るそうです。
ホンダのトータールコントロール、楽しませてもらいます

だって!


いや~~~
うらやましいー




関連記事

阿蘇 弾丸ツーリング?

ども!
山口です

今日は一日雨で、苦手な事務仕事デスクワークが捗ってますよ(笑)♪

作業も部品待ちのものが多く、今手が付けれない感じなので・・・
そんななか、苦手なデスクワークなんかしてると、、、

・・・・・・・

ついつい、ツーリングの事なんか考えちゃう


ここのところよくお客様からお伺いするツーリングの計画に、
阿蘇へ弾丸で行って来る

と、いうお話。

今度の7日、8日、9日の三連休に計画されているお話をお伺いしたお客様が、すでに3組。

なんで今、阿蘇がブーム

どうも昨年の震災で通行止めになっていた道が、最近開通したそうです。
それによって、短い期間でのツーリングで周れるルートが増えたよう・・・

2017_1002 (1)

2017_1002 (3)

やまなみハイウェイ

ここはバイクでは無いですが行ったことがあります。
もう、バイクなら最高だろうな~♪
と思いながら。

2017_1002 (4)

2017_1002 (2)

お天気良かったら、最高だろうな~♪


三連休に阿蘇ツーリングを計画されているお客様の中には、熊本まで自走で行く計画をされているお客様もいらっしゃいました。

なぜあえて自走なのかとお伺いすると、もしお天気が悪くて中止する場合、弾丸フェリーの予約のキャンセル料がけっこう気になるということでした。

ちょっと調べたら、2日前からキャンセル料がかかるみたい。

そもそも、土日祝は予約しないと取れないので、皆さん早めに予約されてますしね。


逆に平日は?

ぜんぜん前日にでも予約取れそうな感じじゃないですか!


2017_1002 (5)

2017_1002 (6)

ふ~ん・・・

弾丸フェリーは、ツーリング前日の夜、だいたい7時くらいに大阪南港、または神戸港から出発。
船に宿泊で、翌朝6時くらいに大分に到着して、日中はツーリングを満喫。

ツーリングの日の夕方6時くらいにまた大分から船に乗って宿泊。
翌朝、6時から7時くらいに出発した港に到着というものです。


行けますやん

うまいこと、仕事に穴開けずに。
月に一度の水木曜日の連休定休日に!

お天気悪そうだったら予約入れなきゃ良いんだしね
平日休み組のメリットですわ~

今月の思いつきツーリング、決まりました(笑)



お天気さん、お願いしますよ~


ではでは~



関連記事