ミツバサンコーワEDR21ドライブレコーダー取り付け

こんばんは!

たぶん今、いちばん検討されている方が多そうなバイク専用ドライブレコーダー

img_001.jpg
ミツバサンコーワ
ドライブレコーダー EDRシリーズ

こちらの取り付け例をご紹介。

今年の夏、あおり運転被害でのドライブレコーダーの有用性が話題になった時期にちょうど発売となったモデルで、つい最近まで生産が追い付かず受注が止まってしまっていました。

やっと生産が追い付き、当店にも在庫ありますよ




mituba_edr21.jpg

製品には3タイプあり、標準的な1カメラモデル、前後の2カメラモデル、2カメラにさらにGPSを搭載したモデルとなります。

当店では真ん中の前後2カメラモデル EDR-21が人気です。





IMG04358_HDR.jpg
パッケージはこのような商品。

IMG_20191125_153613.jpg
スマートフォンとWi-Fiで繋ぎ、映像を確認することが出来るってのが売りですね。

IMG_20191125_154004.jpg
構成部品は、ドライブレコーダー本体、前後のカメラ、スイッチ、電源ハーネスと付属品。

IMG_20191125_154023.jpg
カメラは今の標準的な大きさです。

カメラステーの締め付けがちょっと弱そうなので、定期的に点検して位置がずれないように注意が必要な印象。


IMG_20191125_154030.jpg
ドライブレコーダー本体は割と大きめ。
装着場所の設定に少し悩まされる機種もありそうですね。

それから音声を拾うマイクが本体にありますので、装着場所によっては音の録音レベルに期待しない方が良さげです。



まずはCBR250RR(MC51)への装着例です。

IMG04370.jpg
車体前後にカメラ配線を這わせることになるので、外装を取り外す必要があります。

IMG04368.jpg
リヤカメラはテールランプ下のど真ん中に装着しました。

ドラレコで撮ってるよー
と、アピールできる目立つ場所への取り付けも、あおり運転被害に合わないための工夫かと。
女性ライダーさんなので、お守り的にもなってくれると期待してここに。

カメラ配線はフェンダーレスキットのウインカー配線導入に添わせる形でリヤカウル内に納めます。


IMG04378.jpg
さて、ドラレコ本体はどうしたもんか・・・

収納スペースの少ないCBRは少し大変。
ETC車載器本体も居てるんで、シート下収納の容量はさらに減少してしまいます・・・


IMG04382.jpg
ETC車載器の装着位置も変更して、こんな感じで納めてみました。

もうほぼ、他になにも入らないかな
シートバッグ等をご活用頂き、ここへの収納はお諦め下さい


IMG04373.jpg
フロントカメラは悩んだ末、この位置に。

CBRの顔のスタイリングに影響を与えない場所で、カメラにバイクの一部がなるべく写り込まない場所ってなかなか無いんですよね。

IMG04372_HDR.jpg
フロントフォークがストロークしてもフェンダーに当らないように右側にオフセットさせています。

右にフルにハンドルが切れているときに、フロントフォークがフルボトムすると当ってしまうと思われますが、そんなシチュエーションって・・・・・
まあ、そういう時ですね。カメラだけで済む状況じゃないと思われ・・・マスデス


IMG04375.jpg
カメラ仮付け時に久しぶりに見たライトユニットに隠された「RR」のデザイン。
知ってました?


IMG04380.jpg
スイッチは左ハンドルスイッチユニットとレバーホルダーの間に、エンデュランスグリップヒーターに付いてくるステーを流用して取り付けしてみました。

このスイッチでドラレコ本体の動作を切り替えたり、スマホと繋いだりします。




続いて、FORZA(フォルツァ)への取り付け例です。

IMG_20191125_162356.jpg
FORZAの場合はCBRに比べ収納スペースに余裕があります。
なので、お客様の使い勝手をお伺いして決めていきます。

ハンドル左下のグローブボックスへの格納がいちばんに思いつくところですが、ここはバイクから降りなくても開け閉めできる便利な収納ですのでなるべくスペースを空けておきたいなと。

すでにETC車載器も居て、配線もゴチャゴチャしそうですしね。

IMG05085.jpg
ということで、シート下左側にある車載工具が格納されている小物入れに。

ここ、お客様自身が存在に気付いておられなかったので、空きスペースってことですね!


IMG_20191125_190728.jpg
前後2カメラのドラレコですので、本体をどこに格納しようと車体の前から後ろまで配線を這わせることになるのは変わりません。

こんな感じまで外装を取り外す必要があります。
それなりに作業時間掛かっちゃいますので、基本バイクをお預かりしての作業となります。


IMG_20191126_152640.jpg
リヤカメラは装着されているトップケースのベース下に配置しました。


さて、問題はフロントカメラ。

先に装着されているETC車載器がちょっと悩ませてくれました。

IMG_20191126_160600a.jpg
ETCのアンテナユニットがフロントカメラを付けたかった場所に、すでに陣取っています。

このETCは、アンテナと動作状態を示すインジケーターが一体になっている機種なので、アンテナの受信とインジケーターの目視の両方が満たせる場所に配置せざるをえないモデル。

FORZAの場合、このタイプのアンテナユニットの装着位置は、やはりここがベストと思われます。

ETCアンテナユニットの隣に並べてカメラを配置することも考えましたが、以前このブログで紹介したノイズ(高周波電磁波)の影響を考えると・・・

ドライブレコーダー カメラノイズ対策


ノイズの影響でETCの受信に不具合が出て、ゲートが開かないって事態は避けたい!


IMG_20191126_152631.jpg
ということで、ここに。

IMG_20191128_093328.jpg
左ミラーの生え際下部に装着となりました。

CBRのように顎下も検討しましたが、スペース厳しいですね


IMG_20191128_093405.jpg
スイッチはハンドルカバーの左上に。

前後カメラやスイッチ、ドラレコ本体と、いずれも整備時の外装取り外しに影響が無いように配線取りまわしをしています。



IMG_20191126_152518.jpg
装着後、専用のアプリを使ってスマートフォンで映像を確認します。
これはスマートフォンに映し出される映像を見ながら、リヤカメラの取付角度を調整しています。

実走しなくても、これである程度撮影状態が確認できるので便利ですね。



ミツバサンコーワー ドライブレコーダー専用アプリはこちらから↓
ミツバサンコーワーHP ドライブレコーダー サポート


IMG_20191126_152612.jpg
フロントカメラの調整。
200万画素の画質ですので、スマートフォンサイズで見る分には充分キレイですね。

Wi-Fiでの接続、アンドロイドスマホだと仕様が様々だからか最初は手こずる機種もありましたが、覚えちゃえば簡単です。
スマートフォンで使えるってのは、使い方の幅も増えそうですね~



当店ではただいまドライブレコーダーEDRシリーズを在庫しています。
取り付けをご検討されているお客様は、ぜひご相談下さい!

















昨夜、仕事を終えて帰宅途中、ピカピカの街路樹を見つけたのでプチ撮影会。

IMG_20191212_195730.jpg

イルミネーションの季節ですね


IMG_20191212_195755.jpg

今シーズンは紅葉狩りに行けてないので、街路樹の脇にあったなんかで無理くり・・・紅葉狩り

・・・にしても、空がめっちゃ明るい。




IMG_20191212_195824.jpg

雲を貫く光を放つ、コールドムーン


どーりで寒いわけだね


皆さま、暖かくしておやすみ下さい
ではでは。。。







関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する