チェーンメンテナンスあれこれ

こんばんは!
今回はバイクのドライブチェーンのメンテナンス、過去記事まとめ


DSC_0948.jpg
懐かしのヤマハXJR400、一見のお客様です。

バイクからガチャガチャ音が出て、ぜんぜん進まないとのご相談。


DSC_0946.jpg
あいや~

チェーン錆び錆びのうえ、後ろ側(ドリブン)スプロケットの歯が削れて無くなっちゃってます。

スプロケットの上をチェーンが滑って空周りしてますよ
進む訳無い・・・


DSC_0957.jpg
これは純正のスチール(鉄)製のスプロケットでは無く、ジュラルミン(アルミ)のカスタムスプロケットですね。

スチールに比べ非常に軽量なアルミドリブンスプロケット。
回転部分の軽量化はエンジン馬力損失を抑えるのに効果大ですので、レースなどでは標準的に使用されています。
見た目もカッコいいしね

しかし、元々摩耗には弱い素材ですから、アルミスプロケット表面には耐摩耗性を上げるための表面処理が施されています。
摩耗が進んで表面処理が剥がれてくると、一気に削れていってしまうので注意が必要。


DSC_0952.jpg
アルミスプロケットの削りカスが、フロントスプロケット廻りにたっぷりと・・・

チェーンも錆び錆びのギシギシでしたので、日頃のメンテナンス不足で傷んだチェーンが主な原因で急激に悪化したのでしょう。


ドライブチェーン、スプロケットを新品交換することになりました。
今回はすべて純正パーツで。


DSC_0958_20191205221545f60.jpg
純正のスチール(鉄)製のスプロケット。
ブラックで見た目も悪く無いんじゃない?

アルミ製に比べずっしりと重いですが、耐摩耗性には優れています。
ツーリングで距離を走る人や、メンテナンスコストを抑えたい人はこちらがお勧め。


DSC_0960_20191205221547b26.jpg
フロント(ドライブ)スプロケット、チェーンも交換。

アルミスプロケットの削りカスでグチャグチャだったドライブスプロケットカバーの中も清掃します。
その時なんと、シフトロッドのオイルシールが抜け落ちてオイル漏れしているのも発見。

汚れてるとトラブルの発見も遅れますね・・・


オーナー様のバイクに対するメンテナンス知識って、ほんとそれぞれなんだと思います。
よくご存知の方も多いですが、今回のように男性ライダーさんでもまったく分からない方もいらっしゃいます。

ひと目見ただけで原因は分かりそうなもんだけどな~?
って、分かる人間には思えるのですが、いやいや実際そんなもんなんですよねー

あと、分かっちゃあいるけど、メンテしてる時間無いのよ
って方も多いのでは?


そんな方にはこちらのドライブチェーンもお勧めです。

IMG00001_201912052232036ea.jpg
コーティングチェーン

IMG00002.jpg
いわゆる「強化メッキチェーン」と呼ばれることの多いドライブチェーンです。

IMG00005.jpg
これはRKチェーンの「BL525R」という種類のチェーン。
銅メッキコートの上にさらに電着コートを施した2層コートのチェーンで、耐摩耗性と耐食性を向上しています。

コーティングによりチェーンの素材である鉄の錆びも発生させにくいので、外側のプレートなどは特にウエスで拭き取ってあげるだけでキレイになりますよ。


また錆びによるチェーンの劣化の主な原因に、チェーンのリンク部分にあるシールリングが発生した錆びにより傷つけられ、シールリングによってローラーとピンの中に封じ込められている潤滑用のグリスが飛散してしまうことがあげられます。

mcdc_maintenance_RK.jpg
バイク用ドライブチェーンの構造

ローラーとピンの間に専用のグリースが封入されていて、シールリングによって外部への流出を抑えて潤滑性能を長期間維持するようになっています。

今は原付クラスを除くほとんどのバイクはシールチェーンが純正採用されています。

・・・が!
チェーンの内外プレートにコーティング等がされたものでは無いので、放置すると錆びちゃうんですよね。

これからご紹介するチェーンはコーティングによって錆びの発生が抑えらますので、シールリングが傷みにくくチェーンの耐久性が飛躍的に伸ばせます。


こういったことから、メンテナンス頻度を抑えたい方にもお勧めですよ。


IMG00007_20191205225549135.jpg
CB400SF、乗りっぱなしスペシャル(笑)

たまに出す点検以外、日頃はノーメンテの若者が乗る可哀そうなCB子ちゃん。

チェーンがグダグダになっちゃいましたので、使用状況に合わせコーティングチェーンを押し売り!


IMG00010_201912052258537c3.jpg
当然傷んだスプロケットも交換するんですが、その前にあまりにキチャないリヤホイールにシャワー浴びてもらいます。
気持ち良さそうでしょ!


IMG00014.jpg
うん!ピカピカ

どうぞ、ほどほどに乗りっぱなしして下さいな(笑)


IMG15428.jpg
以前このブログでも紹介したことのある、ゼッケンカスタムCRFモタード。

CRF250M ゼッケンカスタマイズ その1
CRF250M ゼッケンカスタマイズ その2

こちらも毎日、通勤にお使いですのでチェーンはどうしても錆びちゃって・・・

IMG15367.jpg
錆びによってリンク部のシールリンクが傷み内部のグリスが無くなった上に、傷んだシールリングから水か入り込んでリンク部が錆びで固着しちゃってます

こうなっちゃうと、いくらチェーンオイルなどで潤滑してもスムーズに動きません。


IMG15383.jpg
前後スプロケット交換とともに、RK-BL520R-XWを導入!

これで点検の度にチェーン交換の見積もりが上がって来ることも無くなるでしょう(笑)



そして、これは現在進行中の作業なんですが、

IMG_20191206_104636.jpg
ヤマハ TRX850

6年以上、車庫で放置中だったTRXを復活整備しています。
もうね・・・
タンクの中はサビサビだし、キャブの中はクソクソ(笑)だしっていう大変な作業。

当然ドライブチェーンもサビサビのクソクソだと思ってたのですが、、、

まっ黒クロスケになってたチェーンを掃除してあげると、なんと!

IMG_20191206_101249.jpg
RKのコーティングチェーンでした!

コーティングが剥がれてしまっているところもありますが、錆びが全くといっていいほど無い!
いやいや、これには驚きました。

このように「コーティングチェーン」はチェーン各所の錆びの発生が少ないメリットがあり、シールチェーンの大敵である錆びによるシールリング損傷が抑えらます。

日頃のメンテナンスとしては、大げさに言えばチェーンオイルの注油不要!と言ってしまっても良いぐらい。

注油よりは、チェーン周りの砂利などでコーティングが傷むのを早めないように清掃してあげる方が効果があります。
清掃ついでに油分をチェーンに乗っけといて、スプロケットとのかみ合い時の抵抗を少しの間スムーズに出来ればいいなぁ・・・って程度の効果かな?注油は。

どうせ遠心力の影響で、乗せた油分はすぐに無くなっちゃいますから


対して、コーティングされていないノーマルのチェーンは、油分が無ければすぐに錆びが発生してしまいます。
このため、定期的にチェーンオイルの注油が必須になり、サボっちゃうと錆びのせいでシールリングが傷んでしまいます。

シールチェーンへの注油の目的は、チェーンプレートのシールリングが接する部分に錆を発生させないためと言えます。

皆さんがお使いのバイクを診させて頂いての注油作業の多くは、すでに錆びが発生してシールリングが傷んでいるものの延命処置になってしまっているのが現実でもありますね・・・

なかなか、ちょいちょいチェーンの清掃注油をする時間取れないですよね。
手がめっちゃ汚れるし

それに、注油すればするほど飛び散るチェーンオイルの量も増え、せっかく洗車でキレイにしたホイールやらが汚れる・・・(T_T)




IMG03087.jpg
88 NSR250R

真っ白なホイールがカッちょ良い
だけど、このホイールに黒いチェーンオイルが飛び散るとムッチャ目立つんですよねー

チェーンオイルの給油量が抑えられる「コーティングチェーン」はこういった要望にも効果あります。


IMG03079.jpg
ここまでご紹介しているチェーンの色がブラック/ゴールドピンのものばかりになりましたが、他にもカラーがありますよ。

これはRKチェーンの「GV520R-XW」
ゴールド一色のキラキラチェーンです

他にも赤、緑、青なんかもありますが、コーティングの強度ではブラック、ゴールド、シルバーが無難。



チェーンの連結作業風景もどうぞ。

IMG03081.jpg
このクラスのチェーンは、チェーンのプレートを専用工具で圧入して連結します。

IMG03083.jpg
仕上げに圧入したプレートの抜け止めに、ピンの外側をカシめて広げます。

このカシめ具合と仕上がりも作業者のセンスと経験が必要な個所ですね~

IMG03085.jpg
回転したら飛び散ってしまいそうな余分なチェーングリスは拭き取っておきます。



IMG01448.jpg
これは、EKチェーンの「ブラック&ブラック」

すべてのチェーンパーツがブラックコーティングで統一された渋いヤツです。
装着しても眠気は飛びませんのでご注意を(笑)

IMG01449_HDR.jpg
「ブラック&ブラック」をチョイスしたのは、ブルーのZRXⅡのお客様。

てっきり、ワンポイントで各所に入れているゴールドのパーツに合わせてゴールドを入れてくると思ったんですけどねー
定番外しも個性のあるカスタマイズです


IMG01474.jpg
スプロケットもスチール製ブラックを。

あ・・・分かった!
汚れても分からない!
汚れても目立たない!

それが狙いだな?
メンテサボる気、満々じゃー無いか!



DSC_1205.jpg
無限2本出しマフラー+限定ステッカーキットで仕上げた「CRF250L成田スペシャル」

2012年12月24日のブログ記事 ラストスパートです!
2012年12月25日のブログ記事 ラストスパート パート2!

こちらには、

DSC_1203.jpg
EKチェーン ThreeD(スリード)を装着。

一見するとRKのチェーンに似ていますが、

DSC_1184.jpg
内側と外側のプレートがゴールドとブラック、ピンはゴールド。

さらにチェーンプレートの面取りと肉抜きで軽量化と造形美を追求したこだわりのチェーン。
少々お高いですが、長い付き合いが期待できるコーティングチェーンですので有りかと






いかがでしょうか?

記事を書いてて思うんですが、ちょっと奮発してコーティングチェーンの導入がやっぱりお勧めですね!
ノーマルチェーンとの価格差以上にメリットがあると思いますよー



















日曜日、たくさんのお客様にご来店頂きました♪
ありがとうございます!


夕方のおやつの時間帯にはありがたい差し入れの連続

店長の通った中学校の前にある懐かしいお店「おやつセンター」の今川焼!
カップケーキや、おっさんには良く分からないスイーツ達!
わらび餅! おかき!

えーと・・・あと何だっけ?

いつも、ありがとうございます


でも・・・
さすがにおっさん2人で食べきれる量では無いです~(* ´ ▽ ` *)

なので、ちょうどご来店頂いた他のお客様、皆さんでワイワイガヤガヤと!


IMG_20191208_202408.jpg
でも、まだ残ってる(笑)

ブログ書きながら頂いてます
晩ご飯は要らないね(笑)



そして今日はお店に新しい仲間がやってきました。

IMG_20191208_194120.jpg
コロナSL-6619(W) 対流型石油ストーブ 2019年モデル

昨日、とうとうお店のエアコンがただの送風機になってしまいました・・・

夏の終わり頃、異音発生とともにストップ
だましだまし使ってきましたが、やっぱりダメね。

30年近く使ってると思います。
よくガンバってくれました。

もう修理部品も無いみたいなんで引退ですな。

ってことで、ひとまずの暖を得るために当店の備品に仲間入りです


IMG_20191208_194145.jpg
いやいや~

石油ストーブ。。。
雰囲気が暖かい

今日はストーブの周りでの談笑が絶えない一日でしたね♪

そして約1名の若ーい女子っこ!
ストーブの前で寝ちゃってるし(笑)

遠いところ高速飛ばして来てくれたんで、ストーブは心地よかったかな?
風邪引かないでね。

愛車CBRは大切に預かっときますね


ではでは。








関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する