ドライブレコーダー アストロスコーピオ取り付け

こんにちは。店長の山口です。

1か月以上ブログ放置となってしまいましたが、
あれ・・・?
FC2ブログ放置プレイ状態のときに出ちゃう広告が表示されてませんね。
仕様が変わったのかしら?

困るな―!放置警告になってたのに!


さて、過去記事です!(笑)
もう現在進行形のブログ書く余裕がございません!
ザザーッと遡り、今年の春の作業です(笑)




IMG00780.jpg
ドライブレコーダー
アストロスコーピオ


こちら、取付をさせて頂きました。

300万画素の高画質カメラを前後に装備し、GPSも最初から付いてる高性能モデルです。

取り付けに際して少々いつものように問題発生がありましたが、ここはメーカーさんのサポートが素晴らしい!
この辺りもあわせて記事にします。



IMG00786.jpg
構成部品はこのように。

カメラ2機、GPSアンテナ、本体、そして配線やコントローラー、ステー類など付属品です。
これらを装着するバイクに合わせてどのように配置し、またユーザーさんの使用方法も吟味して装着イメージを作ります。

また、車両メンテナンスの際、装着したドライブレコーダーが整備の為の分解を妨げるような配置はNGですから、サービスマニュアルなどを参考に事前に考察しておきます。


装着車両は「NC750X」です。

IMG00864.jpg
フロントカメラはヘッドライト上のど真ん中に。

そしてこれはNG例↓

IMG00866.jpg
GPSアンテナをスクリーン裏に配置してみましたが・・・

GPSアンテナが衛星をちっとも補足しません
取説によるとカメラから30cm以上離す、とありました。
見逃しですw

カメラから発せられるノイズがGPS受信に影響大のようですね。
この後、この目に見えないノイズ対策に苦労することになろうとは・・・


んで、GPSアンテナは、どのような場所と取り付け方法が理想かを確認。

GPSアンテナの装着のヒント
●GPSアンテナの装着面は樹脂部分が必ず上空を向くように貼り付けてください。
●GPSアンテナを金属面(後付けステー等)に装着すると受信しやすくなります。
●製品に同梱のフィライトコアをGPS配線に装着することで改善する場合もございます。


と、メーカーのサイトに記載があり、メーカーさんに聞いてみてもそんな感じ。

NC750Xならリヤフェンダーのライセンスランプ上あたりが良いですよ~と教えて頂きましたが、この車両は金属製のトップケースが後方に付く使用方法なので、トップケースを付けた時に受信しにくくなるのでは・・・と。

なら、パッセンジャーシート下にあるガソリンタンク上なら、金属面への装着でもあるので良いのでは?
と、思いましたがシート下なので上に何が乗るかで変わるなぁ・・・と却下。


IMG00871.jpg
結局、使用用途で変化の少なそうな、タンクカバー前方のエアクリーナーケース上に装着でテストとなりました。

概ね受信状況はここでOKです


IMG00947.jpg
リヤカメラはナンバー右横に付属ステーを使って装着しました。

ちょっと走行での揺れが出ますが、実際の録画画像ではそんなに気になりませんでした。
でも、理想はど真ん中の無駄に揺れない場所かな?


IMG00859.jpg
リヤカメラの配線はリヤフェンダーの中を通して配線露出を抑えます。


IMG00877.jpg
ドライブレコーダー本体はNC750シリーズの特徴でもあるタンク部収納に装着。

この収納の中での配置も、オーナーさんの使用するヘルメットなどの格納に支障が無いかを吟味します。
アストロスコーピオは録画画像を見るために本体からSDカードを取り出す必要があるので、あんまりやりにくい場所はダメですね。


IMG00888_201911272047045f7.jpg
コントローラーはこの位置に装着。

前後カメラの状態、GPSの受信状態等をインジケーターが教えてくれますので、運転中に目視できる場所に。
音声を録音するマイクもこれですので、風切り音などにも考慮が必要です。
またロックボタンで録画動画を保存する方式ですので、スイッチ操作も容易に出来る場所で無ければいけません。


*このドライブレコーダーは衝撃センサーをあえて装備していないタイプです。
運転中の録画がSDカードの容量を超えると上書きで記録していく一般的なサイクル録画方式ですが、衝撃による保存が繰り返されることによって気が付かないうちにSDカード容量が減少してしまうのを抑える考え方です。
バイク用ドラレコは衝撃センサー付きのモデルも感度を調整したりオフに出来たりってモデルが多いですね。





さて、さっそくテスト走行してカメラの撮影角度なんかをチェックしますよ

IMG00949_201911272103372e2.jpg
帰ってきてSDカードを取り出し、画像のチェック。

専用のソフトを使うと、GPSで拾うデータがあるので走行したルートを地図上で確認できます。
画像と連動して速度や位置なども確認出来て楽し♪


IMG00952.jpg

IMG00953.jpg
はい、お店に到着~w

ドラレコの作動にはまったく問題なし
300万画素はやっぱりキレイで、周囲を走る車のナンバーや人の顔までクッキリと!(個人情報はどうなるのやろか・・・?

画像が良いので、ツーリングの写真記録としても使えますね。
なにより走った軌跡が地図で確認できるのは、方向音痴さんには改善対策として使えるのでは?

よしよし、完成!



・・・と、思いきや


IMG02386.jpg
オーナーさんがメーター上に装着しているポーターブルナビ ゴリラ。

こいつのGPS衛星補足数が0個と表示されます・・・


IMG01150_HDR.jpg
調子の良いときでも3個とか・・・?

どうりでナビの表示が遅いなぁと感じましたが。
もしや・・・?


IMG01153_HDR.jpg
ドラレコの電源を落とすと、7個!

良い時は8個とか9個?とか行きますよ。
ああ・・・ノイズかぁ


見えない敵との戦いが始まりました・・・(笑)




続きは次回





関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する