新型YZF-R25 スイングアーム交換 (*`へ´*)

先日の続き。

納車直前でトラブル発生の新型YZF‐R25。

艶消しブラック塗装のスイングアームにステッカー貼ろうと、パーツクリーナをちょっと含ませたウエスでステッカーを貼る面を軽く拭き取ったら・・・

received_630171580779908.jpeg

塗装が溶けてウエスに付いてきました


ちょっと分かりにくいかな?

IMG02565.jpg

スイングアームを外した時の画像。
真ん中あたりにツヤが出てしまってるでしょ。


ゴシゴシ拭いたってなら分からないでもないですが、これはちょっと今後のメンテナンス時でどう取り扱って良いものやら。

うかつにメンテナンスケミカルを使えないですよね・・・


車両の取引先経由で、メーカーのヤマハに聞いてみます。
これで良いのか??


907934010200.jpg
結果としては、パーツクリーナーを使うと塗装が溶けちゃうそうです・・・

仕様なので、ショウガナイ・・・って回答。

それが証拠に、上の画像の
「ヤマハ車マット(艶消し)塗装面専用クリーナー」

ってケミカルを用意してますっ!て、ことでした。


んな殺生な。。。

その専用クリーナーとやら?
メーカーのサイトでこれを見つけ出すのも一苦労ですよ?
どれだけ周知されてるんでしょ?

しかも、在庫限りってなってるし・・・
継続して売る気ないでしょ。


苦しい言い訳にしか聞こえないなぁ・・・
同じマット塗装の外装カウルはパーツクリーナで拭いても大丈夫だっただけに。┓(´_`)┏

なんか、後出しジャンケンに負けた気分やわ・・・


まあ、こういうことですかね



メインマーケットの東南アジア  ちょっとのマーケットの日本
耐油塗装のコスト  専用クリーナー出してお茶濁しのコスト


塗装なんて色が付いてりゃOK
傷とかムラとか耐久性とかに高いクオリティーが要求されないメインマーケットに合わせた?

という図式・・・(≧∇≦)

レベルダウンのグローバルスタンダード(世界標準)かぁ・・・

足回りやエンジンなどの塗装には当然、耐油性塗装が施されているって考えるのは、こちら側の勝手なジャパニーズスタンダードな訳ですね~

実際ところは分かりませんが、私はこんな風に解釈しました。(*`ω´*)



だからといって、このままでは非常に困る!
納車前の新車ですよ。

IMG02520.jpg

デンッ!

新品のスイングアームが届きました。


取引先にもガンバってもらって、今回は特別にメーカーさんから代替え部品を頂きました。
今回の件で尽力頂いた取引先の社長さん、メーカーサービスの担当者さん、ありがとうございます!



IMG02521.jpg

新品のスイングアーム。
きれいなツヤ消し黒ですが、このままだとパーツクリーナーなどの溶剤に弱いのは同じ・・・


IMG02524.jpg

なので、対策としてガラスコートを施工します!
施工直後のツヤツヤテカテカ状態の図。


IMG02530.jpg

施工完了の図。
施工前と比べるとちょっとツヤが出ますが、ちゃんとツヤ消し感あるでしょ。

ガラスコートもどんなパーツクリーナーに対しても耐性がある訳では無いですが、ケミカル使用でいきなり塗装が溶けてしまうことは無いはずです。

IMG02527.jpg

部品単品状態での作業でしたので、スイングアーム裏側もしっかりガラスコート済み。



そして、こんなことをガチャガチャやっている間に、お客様から
さらに追加のカスタマイズ作業の要請が!



IMG02418_HDR.jpg

ワイズギヤ KYBリヤサスペンションの装着!

リヤの車高を少し上げたいから交換とのご要望だったのですが、スイングアームの交換作業でメーカーから工賃は出ないことを気にして頂いてのことでは無いかと・・・

いやあ、ほんと・・・ありがとうございます



IMG02421.jpg

シートカウル、リヤフェンダーを取り外して、リヤサスペンションユニットを交換します。


IMG02432.jpg

ワイズギヤのこのサスペンション、取扱説明では車高調整の記載は無いのですが、下側エンドアイのところで調整は可能です。
自己責任でどうぞってことですね。

ノーマルより少し長く調整して車高が上がるようにしています。


IMG02434.jpg

交換完了。


IMG02438.jpg

サスペンション本体下部に伸び側減衰力の調整スクリュがあります。
スプリングプリロードも無段階で調整可能。


IMG02440.jpg

左側のサブタンクで圧側減衰の調整が出来ます。


IMG02556.jpg

そしてスイングアームの交換作業へ。


IMG02562.jpg

新品にガラスコートを施したスイングアームは、ちょっとの傷も付かないように養生しまくりで作業を進めます(笑)




新品のスイングアームが届くまでの少しの期間、とりあえず一度納車はさせて頂いていたのですが、その間にお客様自身でトップブリッジにキーホルダーで傷が付かないようにガムテープを貼っておられました。


IMG02442.jpg

ガムテープではカッコ悪いので、ピットに余っていたカーボン調ラッピングフィルムでカッコ良く傷防止対策。
これ、サービスです


んで、ツーリングに必要なアイテムも追加でご依頼頂き、装着。

IMG02444.jpg

デイトナ製バーマウントと、USB電源アウトレット。


IMG02449_HDR.jpg

ふうっ!
完成~



なんだかこのYZF-R25のお陰で、バタバタの4月でした。
オーナー様も計画通り免許を取られたばかりの息子さんと、250cc同士でのツーリングを楽しまれたようで良かった。




 
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・












そして、季節は過ぎ夏から秋へ

YZF-R25のオーナー様よりご連絡が。










「店長~!
やっぱり大型に乗り替えるー!」






はっ・・・!?
マジですか・・・(笑)



続きます






関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する