Vストローム250 納車

こんにちは!

週明けの月曜日、先週に比べて過ごしやすい気温かな?
と思わせる朝でしたが、、、

暑いもんは暑い
皆さま、熱中症にはお気をつけ下さいませ~!



さて、今日は大安!
お客様のご希望で、大安の日のみ指定の納車案件です。

IMG03488_HDR.jpg
お天気も良く、まさに納車日和
「危険」な気温になる前に納車です。

晴れて良かった。
雨だったら次の大安まで延期・・・
お客様、お盆休みはバイク無し!になるところでした


IMG03486.jpg
スズキ Vストローム250・ABS

当店に届いてから約1カ月、やっと納車です。

少々お時間の掛かる、海の向こうからやって来るカスタムパーツを待っていました。


IMG03376_HDR.jpg
ドンッ!
でかっ!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


IMG03375.jpg
中国から直接当店に到着。


これ、中国製のエンジンガードです。
商品の価格が約8,000円ほどと、国内メーカーの製品に比べて遥かに安価で手に入ります。

その代わり送料も8,000円ほどと少々高額で、海を渡って手元に届くのにもスムーズに行って2週間程度掛かっちゃいますが、合わせても2万円までで入手可能。

Vストロームの生産も中国ですので、中国では様々なメーカーから多様なパーツが出ているようです。
クオリティー等に不安はありますが、今はネットで色々と下調べも出来ますのでね


購入は「チャイナマート」というサイトで買い付けの代行をしてもらうかたちで行いました。
代行費もお安めでしたよ。


さあ、梱包を解いていきましょう。

IMG03417_HDR.jpg
なかなか厳重な梱包具合ですね。

IMG03419.jpg
ダンボールを開けると、さらにプチプチと発泡シートでしっかりガード。

IMG03420.jpg
ここまで梱包に傷みも無く、商品の傷付きなどは無さそうな雰囲気。

IMG03421.jpg
ふう、、、
やっと商品を摘出!

なかなか完璧な梱包でした



なのに・・・

IMG03430.jpg
IMG03435.jpg

所々に画像のような傷が・・・

元々傷がある商品に、懸命にあのような梱包をしたのでしょうかねぇ?
そもそも中国ではこの程度の小傷はOK!なんでしょね。

日本では返品ものの状態ですが、そこはアジアンクオリティ。
気にしない気にしない。安いしね

タッチアップペイントを施し、修正しときます。


肝心の車体への取付に関しては、国内メーカーのものと大差なくスムーズに完了。

IMG03422.jpg
取付説明書や部品構成図、保証書などといった紙類は一切付属してきませんので、取付風景をどうぞ。

IMG03427_HDR.jpg
まず、下側のガードから仮付けしていくとスムーズです。

IMG03449.jpg
エンジンマウントボルトを付属のボルトに交換して、フレームに装着する良くあるタイプ。

上側のガードと下側のガードが連結される構造で、下側のマウント部分で取付位置を調整するタイプなので、この時点ではユルユルの仮付けで留めておくとやり易いです。


IMG03440.jpg
上側のガードの前方部分の取付は、付属のステーをアッパーカウルステー取付ボルトに装着して支える構造。




IMG03442.jpg
こんな感じで上下を連結したら、収まりの良い位置を探しながらユルユル仮付けのボルトを締め込んでいきます。



続いて、ETC車載器(アンテナ別体式)の取付。

IMG03465.jpg
車載器本体はシート下のこの位置にマジックテープ止め。

IMG03406.jpg
アンテナユニットは受信性能と見た目を考慮して、この位置に小さなステーを作製して取付。

IMG03485.jpg
メーターバイザーとスクリーンが付くと、どこに付いてるのか分からないでしょ。
小さな拘りですね

IMG03460_HDR.jpg
エンデュランスのグリップヒーターも装着。


IMG03455_HDR.jpg
メーカー純正のパニアケースを装着させて、

完成!




IMG03457_HDR.jpg

エンジンガードとパニアケースを装着すると250ccとは思えない車格になりますね!
なかなか迫力あります。

それでいて車体は軽量でシートも低めなので、ツーリング先での多少の悪路でも不安少なく入って行けそう。


このVストロームのオーナー様もそうですが、大型ツーリングバイクからのサイズダウンでも満足度が高そうな機種ですね!
ホンダからも250ccクラスで出して欲しいキャラクターのモデルですねぇ








関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する