CBR250RRの納車整備

こんにちは!

遡りブログ記事
はい、先月2月のお仕事です。



様々な外的要因発生で、なかなか段取り通りに行かなかったお仕事でした。(笑)

当店ブログ記事 2019年2月7日↓
定休日明けのカルマ落とし?


IMG00207.jpg

納車整備で仕上げてしまう予定の日、急遽リコールの情報が入って来た案件。

即行で対策部品の手配などを行いましたが、1日遅れでの進行になってしまいました


IMG00208_20190305225515e24.jpg

リコール対策作業のため、外装を取り外して裸にします。

良いんですけどね。
ETC車載器の装着がありますので、どの道ここまで分解するのは予定に入ってますから。

でも、リコール対策の部品入荷を待つ無駄な1日が痛かった



IMG00211.jpg

リコールの内容は「ABSコントロールユニット」の不良。

車体の真ん中あたりに装備されています。


IMG00215.jpg

バッテリーの前の、奥の方・・・
実際に作業に取り掛かると案外手数少なく可能な作業でしたが、ブレーキのことですので慎重に進めます。


IMG00216.jpg

ABSコントロールユニットを摘出しました。

今回のリコールはコントロールユニット単体の製作ロットの問題で、装着されていたロットの製造方法に不備があり、症状として出た場合はブレーキがロックしてしまうというもの・・・
一時的な期間に作製された部品に不具合が発生する可能性があるといった内容で、リコール対象になる台数も少ないものでしたがね。

でも、ブレーキロックさせないための装置が原因でブレーキロックが起こるなんてねぇ・・・
納車前に判明して良かったです。



IMG00217.jpg

ETC車載器の他、ご依頼頂いているオプションの取付を済ませ、
(画像はスマホホルダー装着用のバーと、USB電源アウトレット)



IMG00222.jpg

速攻で洗車!

オプション装着での外装取り外し時に、同時に外していたフロントスクリーンは取り付けせずに洗車します。
その方がスクリーンの裏側に水滴が残って目立ってしまうことが無いことと、

最後の仕上げ、
ガラスコート施工作業
が控えているから

スクリーンは裏側もガラスコートしておきたいですからね


IMG00223_2019030523174687d.jpg

ピットに戻し、洗車の水気を可能な限り除去します。
ガラスコートは施工時の水気を嫌いますからね。

急げ急げ!

1日遅れで進んでいる作業、なんとしてもお客様の予定にあわせるよー!


このCBR250RRのお客様、免許取得の教習所入校とともにご注文を頂いていました。
バイクの入荷日と教習所卒業のタイミングが良い塩梅だったのですが、リコール発生でスケジュールがタイトになってます。

予定では土曜日に卒検、日曜日の午前に試験場、午後に納車って段取り。
この作業は金曜日ですので、間に合ってるやんって感じですが・・・


IMG00225.jpg

閉店後、ショールームに入れてガラスコート施工作業します

ガラスコートは施工した後、最低でも1日は水に濡らしたりしちゃダメなんですよね・・・
そして最初の施工が定着してから、もう一度上から施工したいので2日は欲しいところ。

いやーん
ギリギリっす


ガラスコート施工後は1週間程度の期間、洗車を避けて頂くとなお完璧です。


なんとか2度目の上塗り施工もやり切って、ショールーム保管で定着させていた土曜日の午後、長年のお馴染みのお客様でもある新オーナー様のお父様から連絡が!

「店長~! 落ちました・・・卒検!(笑)」
「ゆっくりで良いですよー!」






・・・・・ありゃ(笑)
そりゃ、残念!



IMG00010.jpg

1週間ほど納車伸びましたんで、ガラスコートは完全定着できますね!



翌週、無事に免許取得となり、私達の仲間となりました。
めでたしめでたし。





関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する