中古車シャドウファントム 納車整備

こんにちは!

いや~
先月はお陰様で超忙しくさせて頂きました!
昨年の2月も、2月としては過去最高の売り上げを達成させて頂いたのですが、今年の2月はさらに過去最高を更新!

なんでー?
さっぱり原因が分かりません!
なので再現性がありませんので、今月は閑古鳥が鳴くのか?(笑)

うはは。。。
ありがとうございました


でも、もうほんとにブログの更新滞りまくってますね
ブログ用に撮り溜めている画像のフォルダ、お店のパソコンのデスクトップを埋め尽くす状況に(笑)

IMG00732.jpg

どれがいつの作業だったのか、分かんなくなってきましたよ
なので、覚えてる順に遡り更新になりそうです(笑)




はい!それでは、
先月末のお仕事から


IMG00440.jpg

中古車シャドウファントムの納車整備。

物件情報はこちら↓
blog-entry-525.jpg

昨年夏に入荷したこの中古車。
走行距離が多めなことと、転倒キズ等は無いのですが外観の小傷や劣化が目立つことから少し価格をおさえた商品でした。

こういった距離が伸びたバイクは中古車としては商品力が弱く、特にこのバイクの場合は前オーナー様がいい感じに消耗部品を使い切った頃合いで手放されましたので、商品化する際に交換部品も多くなるという物件でした。

多くの場合はこんなコンディションでも値段が付く可能性がある海外貿易が動いているタイミングで、業者バイクオークションで処分ということが多いのではないでしょうかね。
海外へ飛ばしちゃうってことですね。

でもね、このファントム。
ワンオーナー車で前のオーナー様の使用履歴がすべて分かるバイクでした。

消耗部品の交換が多数必要ではありますが、その分下取り価格もおさえさせて頂きましたしね。
若干、お日さまによく当っていた感じの外観ではありますが、転倒歴も無く、要所要所は今までのメンテナンスでしっかりしてる・・・

そして・・・
ファントムがまだ日本で走りたい!(T_T)

と、訴えているような気が・・・(笑)


このエンジン、丈夫だしね。
寿命の3分の1もまだ走って無い

てな想いで商品としていたバイクです。


でもまあ、そうそう簡単に次のオーナー様からお声が掛かるものでも無く、年が明け2月に。
年度末には処分かな・・・
と考えている頃、なんと遠く埼玉県のお客様からお声掛け頂きました!


遠方の為、実車を見てコンディションの確認をして頂くことが出来ませんので、

IMG00733.jpg

中古車物件情報サイトではお伝えしきれない細かな情報を、画像とともにメールでやり取りさせて頂き、ご成約頂きました
便利な時代になりましたね~



IMG00444_20190304184332260.jpg

まずはリヤ廻りから整備スタート。
過去の整備履歴があるので、手さぐり感の無い作業が可能です。


IMG00448.jpg

リヤタイヤを新品に交換します。
ハブベアリング、ダンパー等も同時に整備。
外観を良い意味で裏切るコンディション


IMG00455.jpg

ファイナルギヤ、ホイール連結部、スイングアームやサスペンションの整備。


IMG00456.jpg

リヤブレーキドラム、シューの整備。
ここは残量OK!


IMG00494.jpg

リヤ廻りを済ませ、続いてエンジン、電装セクションへ。


IMG00495.jpg

エンジンオイル、オイルフィルター、ラジエタークーラントを新品交換。


IMG00499.jpg

その時に動きが気なったシフトリンケージを分解グリスアップ。
やっぱりシフトペダルの軸に錆びが出てきていました。
ここが滑らかだと、乗ってて快適に感じる部分のひとつです。


IMG00504.jpg

スパークプラグ、エアエレメントの点検整備。

スパークプラグは最近交換している履歴があり、コンディション良好。
エアエレメントは履歴で予想した通りに交換時期でしたので新品に交換しました。


IMG00506.jpg

スロットルの操作感アップのため、スロットルホルダー周りの洗浄とグリスアップ。
快適な運転フィーリングを得るには、こういった小さなことの積み重ねなんですよ。

完成テストランで、いかに自分が快適に乗れるか♪ を追求(笑)


IMG00524.jpg

バッテリーは日本製、GSユアサ工場直送品の新品を贅沢に使用。

当店では海外生産の安いバッテリーは一切使用しません。
同じGSユアサブランドでも、当り外れが多いのが海外製の印象です。

高槻にはユアサの工場がありましたので、当店のお客様にユアサOBの方がいらっしゃいます。
アジアの工場にも行かれていた経験があるそうで、
「あれじゃあ、良いものは出来ん・・・国民性かなぁ」
と仰っていましたね。

国民性。
ジャパンブランドは守っていけるのでしょうかね?
グローバルスタンダードに成っちゃわないで欲しいですね。



IMG00516.jpg

続きましてはフロント周り。
ホイール、フェンダーを取り外し、


IMG00517.jpg

フロントーフォークを取り外しました。

ファントムはフロントフォークにカバーが装備されていますので、フロントフォークの状態が外から確認出来ません。


IMG00519.jpg

フロントフォークのダストシールの亀裂やオイル漏れのチェック。


IMG00521.jpg

インナーチューブの錆び等をチェックします。
実はフォークのチェックは商品化の際の品質評価時に分解チェックしていたのですが、当時の担当者の記憶が曖昧になっていたので再確認。

そういえば、あのときもバタバタの中でチェックしてたもんねぇ。
ちゃんとチェック済みだったよ

フォークの取り外し、組み付け時に違和感がある場合、多くの場合転倒などでフロント周りにダメージがある場合が多いです。
このファントムは左右とも「スッス」と組み付け出来ましたので、安心感をひとつプラス


IMG00530.jpg

フロントブレーキパッドは絶妙に使い切られています。
純正の新品に交換します。


IMG00536.jpg

ブレーキフルードを交換。
古くなったフルードの排出とともに、ブレーキラインに居るであろうスラッジも排出してしまいたいので、しっかり油圧を掛けて新品フルード2~3巡くらいまで循環させちゃいます。


ひとまずの整備を終わらせたら、陸運局に予備検査を取るため検査ラインを通しに行きます。
難無くストレート合格の後に、埼玉県の陸運局での登録を行政書士さんに依頼。

埼玉県ってナンバーの種類が多いんですね~
「大宮」、「川口」、「川越」、「所沢」、「熊谷」、「春日部」、「越谷」

地名を覚えるのが苦手な私。
さらに土地感無く、訳わかんない(笑)



IMG00537.jpg

無事に「川越」ナンバー到着。

早速テストランです♪


IMG00540_HDR.jpg

テストラン、1本目。
この日は曇り空で写真映えしない日で残念。

新品にしたブレーキパッドの当たりが出ていなく、パッドの摺動音が気になりました。
それとテストランの後半でウインカーバルブ切れが発生。

ピットに戻り、手直しです。


IMG00547.jpg

ブレーキパッドを取り外し、ブレーキディスク板との当りが強いところ、弱いところを確認して、当りが出易いように修正をかけます。

この日は手直しのあと、確認のテストランは出来ず・・・


IMG00645_HDR.jpg

翌日、快晴の空の下テストラン♪
快調快調


IMG00649.jpg

完成の記念撮影

以前所有していたVT750Sと同じエンジンを搭載するシャドウファントム。
低回転でトルクに任せて巡航する時の「パタパタパタ」って感じが、今でもどうにも好きです。

また買い直そうかなぁ・・・増車で!



IMG00659e.jpg

新オーナー様の元まで、バイク専門配送業者さんに運んでもらいました。


遠方よりのご購入、ありがとうございました。
しっかりメンテナンスさせて頂きました。
可愛がってやって下さいね!








関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する