ETCの取付位置変更?

こんにちは!


当店ではETC車載器の取り付けなども行っています。
最近の少し変わった取付事例の記事を。

IMG16042.jpg

CB1300 SUPER BOL D’OR

前後サスペンションユニットを、「オーリンズ」製のものに換装されたり、他にも色々手の入ったカスタマイズ車です。

オプションのアンテナ分離型のETC車載器も装着されています。

このタイプのETC車載器は、シートの下にETCカードを入れる車載器があります。
カードを入れっぱなしにしていても盗られてしまう心配が少ないので、最近は主にこのタイプの車載器が主流ですね。


しかし、オーナー様は大型スポーツバイクを3台所有!
諸事情によりETCカードは1枚だけにされているので、乗るバイクが変わる度にシートを外してカードを取り出して・・・ってのが面倒!

という理由により、車載器本体をハンドル周辺のカードが取り出しやすい位置に設置し直すという、初めてのご依頼を頂きました(笑)


IMG15934.jpg

ハンドルにはすでに純正ナビのステーが装着されています。
・・・取り付ける場所が無い

では、両サイドのポケットの中かな・・・
と、悩んでいると、なんとナビはもう使っていないんだとか。


では、そちらに設置で


IMG16035.jpg

純正ナビのステーを利用して、ハンドルのど真ん中に車載器を取り付けしました(笑)
こんな場所に初めて取付しましたよ。

まあ、カードの出し入れは超簡単ですね
盗難にはお気を付け下さい。



このバイク、別の整備のご相談で試乗をさせて頂きましたが、
前後サスペンションのオーリンズ
良いですね

IMG16040.jpg

IMG16041.jpg

試乗コースに工事中の道路があったのですが、見事に路面の凸凹をしなやかに吸収してくれます。
普通の街乗りのんびりペースでも明確に違いが分かりますよ~♪




CB1300SP.jpg
CB1300SP
新車ノーマル状態で、
オーリンズ製の前後サスペンションユニットが装着されるSP

ラジアルマウント式のブレンボ製モノブロック4ポッドキャリパーも装備されています。


なんてお得な

今なら、
支店のホンダドリーム高槻ホンダドリーム大阪茨木で実車を展示中ですよ!





続いて、同じお客様のもう一台のバイクもETC車載器の位置変更を。

IMG00253.jpg
CRF1000L アフリカツイン

このバイクの場合、先ほどのCB1300と違って新車状態からETC車載器が装着済みとなっています。
あとから取り付けるオプション扱いでは無いので、どうかな?


IMG00051.jpg

シート下にある車載器。
こちらを前の方に持って行くには、車載器に繋がる配線も取り外して前に持って行くのですが・・・


IMG00062.jpg

うっ・・・
やっぱりね。。。

純正で車載器が装着済みですので、ETC関連の配線が車体のメインハーネスに組み込まれています。

IMG00063.jpg

切開して摘出
ETCの配線だけを前に持って行きます(笑)


IMG00067.jpg

こんな感じかな?


IMG00076.jpg

車載器本体は、キジマのテックマウントを使用してハンドルセンターに設置しました。


IMG00075.jpg

カードの出し入れ、手間いらず
超簡単♪



・・・まあ、また同じようなご依頼があるとは思えない作業ですね!



*今回の作業はお客様のご要望により行っています。
常に左右に動かされるハンドルに車載器を設置すると、車載器に繋がるアンテナ線なども常に動かされますので、耐久性などで元の設置場所より劣ります。
積極的にはお勧めできる作業ではありませんのでご注意下さい。




関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する