BabyFace ステップキット取り付け

こんばんは
店長山口です。


今日も暑すぎでしたね~
そんな中でも、たくさんのご来店を頂き、ありがとうございました。


さて、今日はCBR1000RRにステップキットを装着するカスタマイズの予定が入っておりまして、

201807155 (6)
BabyFace(ベビーフェイス) ステップキット

ご来店の数日前に届いた商品のチェックをしています。
特にこの製品は最近よくある仮組み状態で届く製品では無く、全バラで梱包されていますので、仮組みをしながら装着にあたってのイメージを作っておきます。


201807155 (9)
たま~に、同梱に部品やボルトが足りなかったりしますので、それらも事前チェック
同梱部品の不足に泣かされることが多いのは、やはり海外製ですね。

バイク屋さん、何故か昔からお客様にご来店頂いたその時に、初めて箱を開けて取り付けるっていう大きなミスをしがちですよね。
意識が低いのか、他責にしたいのか?

この辺、当店は昔から口うるさい店長が
「ヤイヤイ(*`皿´*)ノ」言ってます(笑)


201807155 (10)
仮組み完了。

ステップの位置やペダルの位置、長さなどが幾通りにも可変できるステップですので、お客様の体格、足の大きさと好みを想像しながら、装着作業時の位置合わせのイメージを頭の中に段取りしておきます。



で、本日お客様が装着作業でご来店。
二輪免許を取られたばかりの娘さんとお二人で!

ちょうど12カ月点検の案内が届いていたので、今日はCBR1000RRは点検で預けて、娘さんのバイクでタンデムツーリングがてら帰りますよ。
ついでにステップも装着しておいて下さい。

とのお申し出を・・・


てなことで預かり作業となりました。
おっとっと・・・
ちょっと拍子抜け(笑)

イメージ通り進めて、サクサクっと作業させて頂くつもりだったんですけどね(笑)



でも、装着イメージがホットなうちに済ませておきたいな~なんて思っていると、
いちばん気温の上がる時間帯にご来店が少し落ち着いたので、やっぱりサクサクっと作業してしまいましょう

201807155 (12)
ノーマルステップ。

マフラーはカスタマイズされています。
ここだけは実車を診ないとイメージできなかった部分。
ステップにあるサイレンサーマウント部は仲良くできるかな?


201807155 (23)
右側はブレーキがあり、左に比べて難易度が高い場合が多いですよ。
このステップキットは、リヤブレーキのランプスイッチをノーマルから油圧式に交換する必要がある為、ブレーキの油圧ラインの作業も発生します。


201807155 (26)
ステップキットのサイレンサー装着部分。

スイングアームとのクリアランスが元々狭いバイクですので、ノーマルマフラーを前提に設計されているステップキットにそのまま装着できることは少ないですね。
今回もほんの少しのステー曲げ加工と、カスタムマフラーの装着位置をリセットしてあげて装着。

カスタムパーツ + カスタムパーツの作業は、必ずひと工夫が必要ですね。
そこが面白いのですけど

先に予想している作業なので、ここもサクサクッと。



201807155 (15)
左側ステップの作業。
こちら側は、難易度低めです。


201807155 (16)
正チェンジ、逆チェンジが選べたり、ペダルの位置、シフトストロークなど、調整できることが多いので、まず先日イメージしていた仕様でとりあえず仮付け。


201807155 (20)
お客様に足のサイズをお伺いしておきました。
たまたま私と同じサイズでしたので、自分の足で操作しやすい位置、長さに設定しておきます。

ライディングシューズの靴底やつま先の形状でもベストは変わるので、12カ月点検が終わってからのご来店納車時に本決め作業を実施します。

201807155 (28)
201807155 (29)
ゴールドアルマイトのステップ、レプソルカラーのオレンジと相性良いですね♪

さて、あとは点検作業ですね。
こちらはじっくりと行いましょう









この連休は夕暮れ時の空がキレイですね。
昨日もこんな色に

201807155 (4)

201807155 (5)


今日の夕暮れ時の空は、

201807155 (32)
高槻に雲のアルプス山脈!?



明日も降水確率0パーセントの良いお天気のようです。
暑くなりそうですね~(=゚ω゚)ノ

では~




関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する