1988年モデル NSR250Rの修理

定休日ですが、こんにちは!
店長の山口です。


少し前から当店ピットに入庫している、

20180420 (1)
1988年モデル NSR250R

来店された馴染みのお客様のほとんどから、
「おっ!ハチハチ('88)入ってるやん!

と、必ず声のかかる今でも人気のバイク。


ただいま修理でお悩み中でございます。。。


IMG10859.jpg
10年ほど前に現オーナー様が盗難に遭われ、その後に幸いにも発見されたこのNSRを修理させて頂いた経緯があります。

その修理のあとしばらく乗っておられたのですが、不調が発生したのを機に放置状態になっていたそうです。
オーナー様、処分してしまうかずいぶん悩まれていましたが・・・

やっぱり!乗りたーい!

ということで修理入庫しております。


しかしながら、すでに30年も前のバイクです。
メーカーの部品供給も最近は一部再販の動きもありますが、それはこの後の年式の1990年以降のモデルの部品についてがほとんど。
ほぼ、新品部品を使っての修理が難しい状況なので、お時間は頂いちゃいました。


IMG10838.jpg
エンジンの不調があって乗らなくなってしまったのが放置の原因のようですので、まずはエンジンをかけてみましょう。

放置バイクになっていましたので、まずキャブレターを診てみます。


IMG10840.jpg
キャブレターに残っていたガソリンが劣化して、キャブレターを詰まらせてしまっています。
でも、これは乗らなくなった故障の原因では無く、乗らなくなったので発生したトラブル。
10年前の修理で、ここはオーバーホールしていました。


IMG10843.jpg
キャブレターの清掃作業で取り外したメインジェット。
側面に刻印されたジェットの番手(大きさ)、写真もピントがずれてボケて見えませんが、私の眼にもこのように・・・(笑)

10年前は難無く読み取れていたのですがね
たまたまブログを書いてる今日、健康診断で測定した視力は右0.9 左1.2でした。

私、山口もこのハチハチNSRは新車で2台乗り継いだくらいに気に行っていたバイクでした。
当時は両眼2.0だったのに~(T_T)

30年か・・・
ガンバって意地でも復活させますよっ!



IMG10855.jpg
キャブはさほど腐食のダメージは無く、組上げ完了
さっそく車体に装着してエンジンをかけてみましょうかね。

エンジン圧縮圧力や点火など基本的な点検測定をして、

えいやっ!
とキックスターターを蹴り下ろすと。


IMG10860.jpg
ほい!
一発始動♪




エアクリーナーボックスを装着していない状態の吸排気音。
当時、2ストプロダクションレーサーが流行った時代の懐かしい音色ですね♪


さてエンジンは掛かりましたが、乗らなくなった不調の原因はまだ判明していません。
長い道のりになりそうな予感・・・


続きは進捗しだい(笑)





関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する