新型モンキー125 イニシャルオーダー枠、残りわずかです!

こんにちは!


年明けより受付をさせて頂いております、
Monkey125 先行イニシャルオーダー

image-01 (1)


2018年1月26日ブログ記事
Monkey125イニシャルオーダー開始!


製品の発売日は、7月13日とまだ少し先になるのですが、
先月メーカーからの公式正式発表がリリースされてから、お客様からのオーダーが増えております♪


メーカー公式発表記事
新型の原付二種レジャーモデル「モンキー125」を発売




イニシャルオーダー枠でのご注文分については発売日までに、または発売日後すぐに入荷する予定になっています。
今年のHondaの新製品、発売される機種が多いこともあり1便目のあとの2便目までに時間が掛かってしまうケースも。

発売されたらすぐに欲しい
というお客様は、お急ぎ下さい!



image-01.jpg

現在頂いている新型Monkeyのご予約の傾向は、

車体色は、赤色「パールネビュラレッド」の人気が、黄色「バナナイエロー」を少しリードしています。
公式発表やメーカーホームページでの露出が赤色のモデル主体だからでしょうか?


20180116b (44)

年始に実車を見てきた私個人の印象としては、黄色の方が好きかな?
色の名前も「バナナイエロー」だし、カワイイ



また、新型モンキー125は、フロントブレーキにABS「アンチ・ロックブレーキ・システム」を搭載したタイプが選べます。

最近の傾向は、どの機種でも「ABS付き」を選ばれるお客様が多いですね


image-03.jpg

画像はABS無しのモデルのフロントブレーキ周り。


image-05.jpg

ABS付きのモンキー125のブレーキ画像。
車速センサーの有無の違いがあります。


main-03.jpg

モンキー125のABSはフロントブレーキのみで、リヤブレーキにはABSは装備されません。


モンキー125に搭載されるフロントブレーキのABSには、
「リヤリフト抑制制御」機能も装備されます。

このモンキー125やグロムのように、車体が小さくホイールベース(前輪と後輪との間隔)の短い機種の場合、急激なブレーキ操作によって後輪が浮き上がり、前転してしまうケースもあり得ます。

いわゆる、「ジャックナイフ」状態ですね

gachapin_jackknife.jpg

こ~んな感じに、フロントを軸にリヤを大きく浮き上がらせた状態。

ライダーがコントロールしている状態だと良いのですが、ライダーの意図と違ってこの状態になると顔面から路面に叩きつけられちゃいます

実際過去にグロムにお乗りだった当店のお客様でも、少し下りの道路で急ブレーキをかけてしまって「ジャックナイフ」前転・・・
ジェットタイプのヘルメットを着用されていたので、顎に大けがをされたという事例もありました・・・

(こんな事例を見聞きしていますので、私はフルフェイスタイプのヘルメットの着用をお勧めしています。)




新型モンキー125のフロントブレーキABSには、CBR1000RR等にも装備されているIMUが追加され、2軸加速度を検知してABS制御へ信号が送られる仕組みになっています。
※IMU:Inertial Measurement Unit 

このIMUの働きによって、急激なブレーキングによってリヤタイヤが浮き上がってしまう直前を認識し、ブレーキ力を自動で弱め、浮き上がりを防止してくれます。

main-08.jpg

ABS付きと無しの価格差が思ったよりもあるな?
と感じていましたが、こんな装備も付いていたんですね!


今までのモンキー50のように、ジャックナイフやウイリーして遊びたいねん!
って方は、ABS無しをどうぞー



image-09.jpg

メーターもカッコカワイイですね!
入荷が楽しみです♪





さてさて、
イニシャルオーダー対象の機種で、近々正式発表予定になっているのが、


IMG_20180121_133932_723_20180125220328cdb.jpg

スーパーカブ C125

こちらはオーダー受付開始時の勢いが少し落ち着いた感がありますが、おそらく7月頃に予定されている正式発表のあと、また話題となるであろうこと必至!

イニシャルオーダー枠の残り、少~しあります。
お早めのオーダーをお待ちしております!




関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する