CBR600RR(PC40) のローダウン

こんばんは!

しばらく更新おサボりでしたので、今日はもうひとつ。


先月の連休直前、たくさんご依頼頂いた連休までに!(笑)
って作業のひとつです。

cbr600rrpc40ld201804 (1)

CBR600RR PC40型のフルパワー逆輸入車です。

当店おなじみのヤングなお客様、お兄さんがお乗りだったこのバイクを譲り受けられることになりました。
ずっと「CBR600RRに乗りたい!!」
って言ってましたもんね!良かったね~


しかし、お兄さんよりも背が低いので、足着きに不安が・・・
とのことで、バイクの車高を下げる「ローダウン」の対策のご相談を頂きました。

シートのスポンジが薄いこの手のモデルでは、シートのあんこ抜きではあまり効果が期待できない為、定番のリンク交換で対応することに。




大型免許の取得が連休直前ということで、当然連休中に乗りたいですよね~♪
なので、連休までに部品の手配と作業の完了が可能な商品をチョイス


cbr600rrpc40ld201804 (11)

PLOT製 エフェックス(EFFEX) ローダウンキット
ショートサイドスタンドを手配しました。

当店はPLOT商品取扱店ですので、オンラインで在庫確認、発注が可能です


さっそく作業開始

・・・の前に、

cbr600rrpc40ld201804 (5)

大阪を離れていたお兄さん、しばらくCBRは放置状態だったのかな?
とりあえず、とっても汚れていましたので作業前に洗車だぁ・・・

汚い状態で作業にかかるのが出来ない性分でして



cbr600rrpc40ld201804 (6)

キレイになったら整備リフトに載っけて、作業開始!


cbr600rrpc40ld201804 (7)

リヤサスペンションユニットのリンク部分にある、三角形のプレートを交換することで車高を下げます。

この部分は車体の下部の奥にあり、リヤタイヤが運んでくる路面の泥や水がジャンジャンかかりますので、とっても汚れます。

それでいてバイクの操安バランスに重要な、リヤサスペンションの動きをコントロールする重要な部分でもあったりしますんで、ライディングを楽しむ要素の高いスーパースポーツタイプのバイクでは、出来たら定期的にメンテナンスしてあげたい個所でもあります。


cbr600rrpc40ld201804 (9)

うげげ・・・
リンクロッドとプレートを取り外しました。

この作業、ただ単に交換するだけなら来店でお待ち頂いてでも可能な作業なのですが、たいがいの場合こんな状態になっています。

リンクロッドのベアリングやダストシールなどを一緒に交換してあげた方が良い場合もありますので、お預かりでの作業では必要に応じて対応可能です。



cbr600rrpc40ld201804 (12)

ノーマルのリンクプレートと、ローダウンキットのリンクプレートとの比較。
微妙に3つの穴位置が違うでしょ。
この差によってリヤサスペンションとスイングアームの取付位置が変わり、車高を下げることが出来ます。

厳密にいうとリンクの比率も変わってしまうので、サスペンションの動きもノーマルから変わってしまいます。
ほどほどの下がり幅のキットの方が無難ですよ。

ちなみにこのキットは18mmダウンとなっています。

たったそれだけ?
ライダーの身長(と体重?)にもよりますが、意外とこれでも足着き良くなりますよ。



cbr600rrpc40ld201804 (14)

リンクロッドをクリーニングして、ベアリングのチェックとグリスアップをしてあげます。
右側の軸まわりの円周状の黒い傷は、リンクプレートとの間に挟まった小石などでガリガリと擦れていた跡。

良いサスペンションを装着していても、ここがこんなんだと意味無い状態になりますよね。


cbr600rrpc40ld201804 (17)

リンクを組み込んでいきます。
リンクとロッドだけだと、自重で滑らかに動くのが理想。


cbr600rrpc40ld201804 (20)

完了



cbr600rrpc40ld201804 (22)

続いてサイドスタンドの交換。
ノーマルのサイドスタンドのままだと、車高が下がった分だけバイクを停めて置くときの傾きが起き気味になってしまい、反対側に倒れてしまいそうで不安定。

少し長さの短いスタンドに変更して、帳尻を合わせます。


cbr600rrpc40ld201804 (23)

少し短足さんのサイドスタンド。
軸部分の清掃グリスアップもしっかり行い、スカスカ動くように♪



cbr600rrpc40ld201804 (31)

足着きの確認。
この型式の「ロクダボ」は、シートサイドがスリムなので元々足着きは優秀な方です。


cbr600rrpc40ld201804 (33)

なのでローダウンさせると、股下約70センチくらい?の私だと両足べったりの安心の足着きに。

車重の軽いバイクですので、女性ライダーさんも安心して乗って頂けるのでは!


オーナーさん、連休中は念願のCBRでどこまで走りに行ったのかな~?(^-^)/







関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する