CBR1000RR スマホホルダー

ホンダパルスウイング
店長の山口です

今回は、
春のツーリングシーズンに向けての、小物カスタマイズネタを。


CBR1000RR-SP(SC59)にお乗りのお客様より、ご相談頂きました。

20180218cbr (6)

年末に他店にて中古車で購入されたSP!
程度の良い車両で、ラッキーでしたね


こちらにスマートフォンホルダーを付けたいとのこと。

でも・・・

20180218cbr (4)

スマートフォンホルダーを付けるのにちょうど良さげな場所に、
ETCのアンテナユニットが付いてる・・・


前のオーナーさんがETCを付ける際に節約したのかな?
この位置だと、サイドカウル、アッパーカウルを取り外さずにETCを配置できそうなので、装着工賃(手間)が安くなりますからね。

でも、カッコ悪いかな~
アンテナの受信精度も、どうかと・・・


ということで、アンテナユニットの移設とともに、スマートフォンホルダーの取付のご依頼を頂きました。



20180218cbr (7)

タンクカバーを取り外します。

アンテナユニットの位置にこだわらなければ、ここまでの外装取り外しでETCの装着はとりあえず可能。
当店ではこの節約妥協プランはやったこと無いですけどね。


20180218cbr (8)

ロアカウル、フロントサイドカウルを取り外し、アッパーカウルをずらして作業スペースを作ります。

慣れ親しんだCBR、サクサクっと進めます



20180218cbr (10)

このアンテナユニットを、


20180218cbr (12)

アッパーカウルのスクリーン裏、ど真ん中に配置。
受信精度、配線の取り回し、そして見た目もやっぱりここでしょう。

これでトップブリッジにホルダーを装着するスペースが出来ますので、

20180218cbr (5)

どこでも手に入る、定番スマホ取付グッズを用意。

右から
「デイトナ スマートフォンホルダー」
「ハリケーン CBR250RR用クランプバー」
「USB電源 USBステーション2」
 ×2



20180218cbr (15)

配置はこのように。

スマホホルダーを装着する為のクランプバーは、CBR250RR用として販売されているものですが、カラーなどで調整して流用しました。

スマホ充電用のUSB電源もクランプバーに装着。
バイクのメインスイッチに連動して電源が供給されます。
運転中の充電に使用。


20180218cbr (16)

メーター等の確認もできる位置を探します。
お使いのスマートフォンのサイズなどで微妙に位置が変わってきます。


20180218cbr (18)

20180218cbr (17)

なるべく後方に来る方がメーターなどの確認を遮らず、スマートフォン自体も見やすい位置になりますが、スクリーンに潜り込むように伏せるライディングポジションをすると、ヘルメットが当ってしまいますね。

このあたりは、ある程度自由に調整可能ですので、お好みに調整します。
ハンドルを左右に切ったときにカウル、タンク等に接触しないかも必ず確認。



20180218cbr (13)

シートカウルの中にもUSB電源を装着しました。
こちらはバイクのメインスイッチのオン・オフに関係なく、常時電源を供給するようにしています。

これ、結構便利ですよ。

スマートフォンの充電が追いつかない時なんかに、休憩中などシートカウルの中にしまって充電しておけます。
携帯電話程度の充電であれば、バッテリーの不安も少ないです。

また、仲間の携帯の充電をツーリング走行中にしたい時にも使えますよ。


ツーリングシーズン開幕までの準備、お待ちしております!





関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する