阿蘇 弾丸フェリーツーリング ④

こんにちは!
店長の山口です



昨年の・・・阿蘇弾丸フェリーツーリング ツーレポの続きです。

いい加減終わらせないと
春のツーリングシーズンを前に、次のツーレポが書きにくくなっちゃいますよね

宿題は溜めちゃダメです・・・
もうね・・・ズルズルと・・・(笑)

遅ればせながらの提出です

IMG01859_HDR.jpg



前回の記事
阿蘇 弾丸フェリーツーリング ③
阿蘇 弾丸フェリーツーリング ②
阿蘇 弾丸フェリーツーリング ①


ずっとバイクで走りたいと想い続けてた、「ミルクロード」

念願達成♪


2017aso2018215 (1)
天空を走っているかのような丘の上を、延々とこの調子で道が続きます。

23099092_174952856417927_1298386828537102336_n.jpg

2017aso2018215 (14)

ミルクロードを走ること自体が目的なんで、振り返ると写真あんまり撮ってないですね~


22857751_1580962778609031_2476863839526715392_n.jpg
どこにも立ち寄らないってのもあれなんで、歴史的な跡地っぽいのを発見。

「二重峠」

22794379_248400692360282_4998726240392183808_n.jpg
江戸時代の参勤交代で使われた道らしいです。
石畳が残っていて風情があり、ここから阿蘇山を見る景色も良かったですよ。

22794077_372571713201317_894839342151761920_n.jpg
下の方までずっと石畳の跡が残っていて、少し降りてみました。

・・・が、止めときゃ良かった
降りたら、登らないといけないのよね

昔の人はここも徒歩でずっと歩いて行ったんですよね~
ムリッ



ひとまず丘を降りて、国道57号線で阿蘇駅方面へ。


2017aso2018215 (2)
さっき走って来たミルクロードの丘が良く見えます。
良いお天気で最高♪


2017aso2018215 (15)
バイクに戻ると、、、
あの~ヒッチハイクご希望ですか?

2017aso2018215 (16)
・・・スミマセンね。
当方、一人旅ご希望ですんで降りて頂けますか(笑)



23099027_173774463201486_1689725728649641984_n.jpg
阿蘇駅到着。

かわいい1両編成の赤い電車。
鉄分補給、完了♪


22794215_359888754453124_2575916333812154368_n.jpg
阿蘇駅の道の駅で昼食?

阿蘇の郷土料理「だご汁」と阿蘇のお米の「甘酒」を頂きました。
どっちも旨い♪

いつもの私の悪い癖、一人ツーリングで食欲が二の次になってしまう性分発動。
水分補給?完了です




さてここから「阿蘇パノラマライン」で阿蘇山を登っていきますよー

IMG_20180129_223533_704.jpg

IMG_20180129_223636_910.jpg

IMG_20180129_223834_747.jpg

2017aso2018215 (7)

とっとと登って行きたいところですが、阿蘇牛とのスキンシップタイムに時間を費やし・・・(笑)

それにしても、この辺りから見るミルクロードと青空の風景は素晴らしい



2017aso2018215 (12)
有名な「米塚」をサクッと見て、

017aso20182152 (4)

017aso20182152 (1)

017aso20182152 (2)

2017aso2018215 (13)
あっという間に阿蘇山頂へ。
快走路だらけで、距離感おかしくなります。


017aso20182152 (3)
この日、火口の間近まで行ける「阿蘇山公園道路」は、火山ガスの濃度が基準以上になっているということで通行止めでした。
残念・・・

まあ、この辺りは河口近くということもあり、周りの風景が急に殺風景になります。
動植物があまり居なさそうな場所、あんまり好きじゃないので諦めも早く(笑)、帰りのルートを山頂付近の道の駅で考えよ~

そこで、地元のおじさまに話しかけられて、
「あそこは寄ったか?」
「ここは行ったか?」

と、観光案内をして頂きました

そかー
まだまだ見所いっぱいなんやね・・・

でも、弾丸フェリーなんで、夕方までに別府港まで戻らないといけないんだよね



勢い余って素通りしてしまった名所 「ラピュタの道」

ff74b8f9d4e1f4070f226651a377a263555.jpg
今は震災の影響でこんなことになっているそうで・・・

通行止めになってるけど、中に入っている人も多いそうです。
まあ、自己責任ということで容認されてる?

私は今回、遠慮しときます。
復旧したらまた走りに行くことにして、


帰りのルートは、来た道をそのまま戻ることにしました。
フェリーの時間がありますんで走ってきたルートなら時間が読めるってことと、午後からは空気が霞んでくるので風景も午前中ほどの美しさも無いかなと。


それと、往路はあちこち立ち寄りまくりだったんで、帰りはこの贅沢なルートを一気に堪能しようという魂胆(笑)

私、ツーリングでは来た道を戻ることがほとんど無いんですが、今回は特別。
もう1回走りたい♪

自分的掟破りの、おかわり君!
決定です(笑)


asomap5s_201802151756418f2.jpg
ここまでのルートは、こんな感じ。




次回でおしまい。
続きます







関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する