リード110 24カ月点検

こんにちは。


今日は先日作業させて頂いた、
リード110の24カ月点検。


lead110_24t (3)
先日のブログ記事
「定年退職、おめでとうございます!」

で、滋賀県草津市から引き取って来たバイクです。

今までは草津市のお勤め先まで、最寄りの駅からの通勤用で毎日お使い頂いていました。
定年を迎えられて、これからは高槻で日頃のお散歩用として活躍してもらいます。


lead110_24t (2)
駆動変速系を分解整備。

走行距離は2万キロを少し過ぎたくらい。

このリードはかなり前、1万キロになる前に一度「12カ月点検」をさせて頂いたっきり、きっちりとした点検はせずに今に至ります。

高槻と草津、距離がありますからね・・・
高速使うとあっという間ですけど、原付2種は高速走れないし。

今回は暫くぶりの点検ということで、より点検項目の多い「24カ月点検」を実施します。


lead110_24t (4)
ドライブベルト。

スクーターの多くは、このようなVベルトを使ってエンジンの回転を後輪に伝えています。

ゴム製の部品ですので、経年劣化によるひび割れや亀裂、また擦り減って細くなってしまいます。
放置して使い続けると燃費の悪化などの原因にもなり、最悪の場合は切れてしまって走れなくなります。

今回は摩耗限度の幅まであと0.1mmの擦り減りとなっていましたので、新品の部品に交換しました。


lead110_24t (5)
こちらは、クラッチ。

遠心力を利用した自動クラッチで、オートマチックのスクーターにとって重要な部品です。
クラッチの摩耗が進むと異音が発生し、最悪の場合は前に進まなくなります。

スプリングなどの構成部品も点検して、変速と駆動力の伝達が正常か点検します。

主に平坦路が多く、ストップ&ゴーも少ない通勤経路でお使いでしたので、クラッチの消耗は少なめ。
使用条件で大きく傷み具合が変わる部分でもあります。


lead110_24t (6)
変速を司る、プーリーとウエイトローラー部分。

ここは適切な変速を行う為の部品で、ローラーは摩耗していきます。
相手側のプーリーも摩耗していきますので、そちらもチェック。


lead110_24t (11)
摩耗は思ったほどでは無かったのですが、ドライブベルトを新品交換することもあり、バランスを取ってこちらもローラーを交換。


lead110_24t (7)
変速装置が収まるケースの中。

ここはベルトやクラッチ、その他構成部品が摩耗した削りカスが溜まってしまいます。
その削りカスが色々と悪さをする原因になりますので、定期的に清掃が必要です。
当店では「6カ月安心点検」でも、ここは作業項目となっています。


lead110_24t (9)
その駆動系ケースの中に収まっている、スタータースピンドルギヤ。

削りカスでコテコテに・・・
エンジンスターターモーターの回転をエンジンに伝える為の部品ですが、動きが悪いと始動不良の一因になってしまいます。


lead110_24t (10)
清掃してスムーズにモーターの回転を伝え、用が無いときはちゃんと引っこんでおくように整備。

キックスターターを装備するスクーターは、ここでキックギヤの点検清掃、グリスの塗り替えなどを施し、スムーズに動くようにしておきます。
キックスターターはバッテリーが弱ってしまってエンジンがかからない時に重宝します。
ですが、いざ必要となった時、削りカスや錆び付きなどで使えなくなってたりって事例が多いんですよ~

このリード110にはキックスターターの装備がありませんので、なおさらスターターモータースピンドルの点検が必須


lead110_24t (12)
駆動変速系統の点検完了です。
キレイになったでしょ。
点検整備の基本になってくる作業は、徹底したクリーニングです。

例えば、

lead110_24t (13)
タンデムステップの格納部分です。

普段はカバーに隠れて見えません。
ホコリなどで汚れて、動きがギシギシになってます。

これを、

lead110_24t (24)
このように清掃し、給油をしておきます。


lead110_24t (14)
センタースタンドも、

lead110_24t (25)
このように

スタンドの動きが悪く上がり切らなかったり、軸が錆び付き始めてギシギシ異音がなったり。
異音は摩耗を加速させていることでもありますので、そうなる前に処置をする。
それが点検ですよね。


lead110_24t (17)
エアクリーナーエレメント。
2万キロ無交換になってしまいました・・・
コテコテに汚れています。

エンジンに供給されるエアが吸いにくくなってしまいますので、燃費、パワーのダウン、燃焼効率の悪化によるカーボンの堆積など、良い事ありません。


lead110_24t (18)
無条件で強制新品交換です。


lead110_24t (20)
スパーク(点火)プラグです。

こちらも2万キロ無交換。良くガンバってくれました。


lead110_24t (23)
スパークプラグの居場所は、あ~んなにカバーの奥・・・
簡単なようで、ミスると大事になりがちな定期交換部品です。

当ブログ記事「スパークプラグの罠?」


lead110_24t (26)
リヤブレーキ周りの分解整備点検。

取り外したマフラー、傷が付きやすい下側に錆びが出ている物が多いので、この時に洗浄+錆止め耐熱ペイントを施します。


lead110_24t (27)
リヤブレーキシュー

残量と当り面の確認修正、軸受け部分の清掃グリスアップをします。
ブレーキ鳴きなどの現象も、この処置を施すと改善します。


lead110_24t (29)
ホイール、タイヤの点検。

取り外して部品単体で洗浄します。
このときに洗剤を使って洗いますので、微妙なタイヤのエア漏れも点検できて一石二鳥


lead110_24t (28)
フロントブレーキ

油圧式のディスクブレーキです。
ブレーキキャリパーもコテコテ・・・


lead110_24t (31)
可能な限り分解して清掃、点検して組上げます。
パッドの残量はもちろん、油圧ピストンのスムーズな動きをキープするために手を入れます。


lead110_24t (32)
ホイール取り外し時に、サスペンション、ステアリングベアリング等の点検も行います。


lead110_24t (34)
フロント足回り完了




lead110_24t (36)
ヘッドライトカバーを取り外します。

まあ~ 中が汚い
とりあえず清掃

その後、

lead110_24t (40)
油圧ブレーキのブレーキオイルの交換です。
茶色に変色したブレーキオイル・・・

ブレーキオイルは2年毎に交換が理想です。
車検のある車、バイクは、車検ごとの定期交換部品に指定されているぐらいです。

車検の無い原付バイクや軽二輪クラスなど、ずっと交換せずに乗ってしまっていませんか?
ブレーキの部品です。安全のため、定期交換を強くお勧めします!


lead110_24t (41)
古いブレーキオイルを抜き取っているところ。


lead110_24t (43)
新品のブレーキオイル(透明)が出てくるまで、新品を補充しながら抜き変えます。


lead110_24t (44)
ブレーキオイルのリフレッシュ完了!


続きまして、

lead110_24t (48)
コンビブレーキ「前後連動ブレーキ」の作動部分の点検調整。

ホンダのスクーターの多くに装備されるコンビブレーキ、機種により制御部分の構造が違いますが、リード110はここにあります。
安心なブレーキシステムですが、しっかり点検調整がされていてこその安全装備です。



lead110_24t (50)
フロントカバーを取り外し、バッテリーさん、こんにちは!久しぶり

なんと、新車から一度も弱ったりせずにガンバってくれています。
ゆうに5年以上経過。

lead110_24t (51)
まー この中もきちゃない

バッテリー電圧の点検をします。

12.5ボルト・・・
正常なバッテリーは、理想では12.8ボルト辺りが欲しいところです。

取り外して、補充電をします。

lead110_24t (55)
補充電後は一時的に12.8ボルト以上になりましたが、1日放置して電圧の低下を診てみます。
平均寿命を超えたバッテリーなので、たぶん電圧が落ちてしまうでしょう。

毎日乗ってバッテリーが活性化されていたバイクが、たまにしか乗らなくなります。
交換をお勧めするためにテストですね。

lead110_24t (56)
オプションで装着されている「グリップヒーター」
こちらも電気を消費するパーツになりますので、使用時の電圧の動きもチェック。

やっぱりバッテリーさん、新品さんに交代かな。



lead110_24t (52)
水冷式エンジンを搭載するリード110には、ラジエター水のタンクがあります。

写真ではタンクのロアレベルより減ってしまっています。
ラジエター水は4年ごとの交換がお勧めになっています。


lead110_24t (54)
ラジエター、エンジンなどからラジエター水の漏れが無いか点検して、新品に交換。




え~・・・と
まだまだあるんですが・・・

エンジンオイルや灯火装置などなど、
書き出したらキリが無いくらいの項目の点検です(笑)


作業が完了したら、

lead110_24t (1)
点検テストラン

これ、点検では非常に大事な作業のひとつです



このように、当店の定期点検は、作業内容の割にかなりリーズナブルな料金設定になっています。
当店のお客様には、安全で快適なバイクを永く乗って頂きたいと思っています。

ホンダパルスウイング 整備料金表


定期的な点検、大事です。
忙しくて点検に出せないといった場合等、代車のご用意やご自宅までのお引き取りも行っていますよ。

ご相談、お待ちしております。












関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する