スパークプラグの罠・・・?

こんばんは!

こうも寒いと、寒いのに慣れちゃいますね(笑)
今日も朝は路面凍結、日中は時折雪が降ってくるようなお天気でしたが、サクサクっと完成テストランを済ませて納車ラッシュとなりました

たくさんのご来店、ありがとうございました!






さてさて、ブログネタを消化していきますよ

これは先週のお話。

IMG_20180121_222233_151.jpg
患者様は、「スズキ アドレスV125」

当店はホンダ取扱店ですが、地味にこの機種のお客様も多く、もう大概の作業はさせて頂いてますので得意機種のひとつです。


オーナー様、オイル交換でご来店。
その際、「最近始動性が悪いんだよな・・・」と呟かれましたので、オイル交換後少しチェックさせて頂きました。

エンジンをかけてすぐに、私の故障診断センサーが反応。
なんだか妙な音がする気がする・・・

排気漏れのような、パスパスッ音がエンジンノイズに微妙に混じっているような?

エキゾーストパイプガスケットからの排気漏れ?
・・・いや違うな。

もしかしてシリンダーヘッドガスケットが抜けちゃった?
・・・その形跡無し。

ありゃ・・・?
プラグキャップの辺りに違和感が。
もしかして、スパークプラグが緩んでる?

増し締めしてみますが、変化なし・・・
プラグを外してみます。

ado_201801 (7)
取り外したスパークプラグ。

よ~く、見て下さいね
この写真であやしい個所が分かったら、なかなかのもんです







答えは、
「スパークプラグの座面のワッシャーが、まったく潰れていない」


ado_20180122.jpg
通常、矢印のワッシャーがスパークプラグを締め付けると潰れて、シリンダーヘッドとの密着を確保する役目をします。

が、これはぜんぜん潰れていません・・・
先ほど増し締めしたのに。


いや~な予感・・・



基本的にメンテナンスをすべてお任せ頂いているバイクなので、過去のスパークプラグを取り外す可能性のある整備履歴を当店の管理システムで調べます。

かなり前、約3年ほど前にまで遡りますね・・・
距離も走ってるし。


お客様に問診。

 「もしかして、最近スパークプラグ交換しました?」

 「うん、このあいだ自分で替えたよ~♪」


あちゃ~
・・・・・やっぱり?




ado_201801 (16)
スパークプラグがプラグホールに斜めにねじ込まれていました・・・

ado_201801 (18)
新品シリンダーとプラグの比較画像。


ado_201801 (6)
斜めにねじ込まれたプラグのせいで、ネジ山が破損したシリンダーヘッド。
プラグホールの周りにも、排気ガスが抜けてついたカーボンが付着しています。

圧縮圧力が下がってしまうので、始動性が悪くなるのも辻褄が合いますね。


スパークプラグの交換。
少しバイクを触った経験のある方だと、割と簡単に感じる作業なのですが、注意点があります。

まずプラグを外す際は、ゴミがプラグホールからシリンダー内に転がり込まないように、プラグの廻りに堆積しているゴミを圧縮エア等で吹き飛ばしましょう。

もうひとつは今回の故障の原因でもあるのですが、プラグを取り付ける際は最初から工具を使って締め付けていかないことです。
プラグのネジ山をせめて3回転だけでも手で締め込んで、まっすぐにねじ込まれているか確認しましょう。
手で締め込めない場合は、たぶん斜めってる可能性大。

基本、ネジ、ボルト類は座面が相手に当るまで、手で回っていくものですよ




さあ、どう修理しましょうか・・・?

プラグホールのネジ山を修正する手もありますが、今後ずっとそこがウイークポイントにもなってしまいます。
今回は走行距離も伸びていたこともあり、エンジン腰上のオーバーホールも兼ねてシリンダーヘッドの交換となりました。

オーナー様、
「来月メインバイクの車検なのに~

と、落ち込んでました・・・


車検、なるべくお安く通してきますよ




ado_201801 (13)
シリンダーヘッドを取り外します。

まっ黒クロスケ状態。


ado_201801 (3)
ピストンさんもこんにちは。

ado_201801 (33)
ピストン自体の消耗はマシでしたが、ピストンリングはかなり摩耗が進んでいました。
たぶん組み上がったら体感できるぐらいのパワー改善が出来そうかな?


ado_201801 (37)
新品のシリンダーヘッドに、古い方に付いていたバルブを修正して組付けます。
ここでも燃焼効率改善が出来るはず


ado_201801 (34)
新品のピストンを組み込んで。

IMG_20180121_222334_234.jpg
完成~♪


IMG_20180121_221833_880.jpg
慣らし運転でトルクアップを体感!

オーナー様にとっては余計な出費になってしまいましたが、掛けた費用に見合った効果も出てますから、
結果オーライでしたよ!



・・・と、慰めさせて頂きました





費用も安くて簡単な整備や部品交換。
意外と失敗すると大ごとになっちゃうケースもありますので、もしご自身でやってみたいって場合はお尋ね下さいね










関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する