CBR400RRにETC装着

こんにちは!


今日は以前にバイク業者専用オークションで入手させて頂いた、

DSC_0605.jpg
1990年式 CBR400RR

こちらに、
アンテナ別体式ETC車載器
を取付させて頂いた時の記事です。


このCBR400RRはお客様のご希望もあって、
バイク業者専用オークション
で仕入れしてきたものです。


当店の中古車は前オーナーの使用状況が分かる、下取車、直接買取車を商品とさせて頂いていますので、古い車両や希少な機種など、お客様が欲しいと思うバイクが揃わない場合も多いです。

そういった場合、ご希望の機種やご予算などをじっくり打ち合わせさせて頂いて、オークションで入手させて頂くことも可能です。


292820160330_f.jpg
292820160330_l.jpg
292820160330_r.jpg
292820160330_b.jpg

バイク業者オークションでは、上の画像のように画像で出品されるバイクをチェックできます。
もっと細かな、部分的な拡大画像もチェックでき、適切な品質評価されていますので、どういう程度の中古車なのかをある程度実車を直接見ない状態で確認できるようになっています。

その分、最終的にお客様にお渡しするときの価格は相場より少し高くなってしまう場合もありますが、なかなか中古が見つからない機種の場合は、こういった方法もご利用頂けます。

お悩みの方は、一度ご相談下さい



もちろん、オークションで仕入れたままの状態でお渡しは致しません。

DSC_0702.jpg
通常の当店中古車仕上げ基準で整備を行い、お渡し致します。

このCBR400RR、基本の程度は良かったのですが古いバイク故、何かと手を入れてあげる必要がありましたね~


DSCN1413.jpg
シリンダーヘッドパッキンが劣化してオイル漏れがあったり。
ついでにヘッド周りも点検
今となってはあまり見ない、「カムギアトレーン」のカムシャフト。


DSCN1435.jpg
付いていたマフラーも、サイレンサーのグラスウールがカスカスになってて、排気音が大きい上に音も割れていました。
ウール交換と共に、エキゾーストパイプも含めてリペアしたり。

今では快調に乗って頂いています




そんなCBR400RRへのETC車載器取り付けはこのように。

DSC_1131.jpg
アンテナユニットはメーターの前に設置。
スクリーン越しに通信をさせます。
(注)メタルコートされたスクリーンを装着している場合は電波を通しません。

アンテナユニットから出る配線は急な折り曲げや外傷に弱いので、設置の取り廻しに注意が必要です。
各配線の取り廻しは、外装取り外しやメンテナンスのときにジャマにならず、ETC自体の点検もしやすいように考えます。
なかなかベストな取り廻しも難しいんですけどね・・・

DSC_1133.jpg
インジケーターは見やすさ優先でメーター上に。

DSC_1143.jpg



DSC_1136.jpg
ETC車載機本体は、跳ね上げ式になっているリヤシートの裏に設置しました。


DSC_1139.jpg
これなら荷物が入っているときでも、ETCカードの出し入れが楽ですよ。

古い機種へのETC車載器取付も
お任せ下さい!















本日のイルミネーション♪






IMG_20171216_014309_846.jpg
京都 ローム本社のメタセコイヤ並木のイルミネーション

先週、仕事終わりにプラっと寄ってきました。
ここだけ別世界になってましたよ♪

ここは午後10時キッカリで一斉にイルミネーションが切れます。
それこそ、バスンッと突然真っ暗に
一気にさみしーくなります(笑)

行かれる方は早めの時間からが良さそう。


IMG_20171216_014907_921.jpg

IMG_20171216_015354_034.jpg

IMG_20171216_013715_629.jpg
どうもスマホのカメラの設定がずれてたみたいで・・・なんだかみんな赤い
撮り直しした~い・・・





関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する