スズキ イナズマ400 タンク修理

こんばんは!
店長山口です!

今日は「個人売買」で買われたバイクの修理の記事です。

inazuma201712 (33)
スズキ INAZUMA(イナズマ)400


ネイキッド400のブームのかなり後半で発売されたバイクで、あまり街で見かけない車両です。
400ccにしては大柄なルックスで、ビッグネイキッドの雰囲気もあって良いバイクですね。


このイナズマのオーナー様、ガソリンが漏れてくる・・・
ということで、当店にご来店されました。

かなりの量のガソリンが漏れていて危険な状態。

漏れてくる個所を探していると、、、
なんと!

inazuma201712 (30)
ガソリンタンクの左前側に何やら補修したような跡が。
この付近から漏れています。


inazuma201712 (4)
タンクを車体から取り外してみると・・・

パテのようなもので補修されていました
錆びも浮いていますので、穴があいてしまったものを補修してあるのでしょうね・・・

でも、この修理方法はいただけませんね・・・
危険極まりない!
液体、それもガソリンを入れるタンクをこういった補修方法で修理するのは、プロの仕事では無いですね

また、ガソリンタンクがガタガタ動く状態でバイクに取付されていました。
バイクのフレームに本来付いているマウントラバーが無いというのはすぐに分かりましたが・・・


オーナー様はこの状態でずっと乗っておられたようで、

「なんだかタンクがグラグラ動くな~
「バイクがガソリン臭いな~

と思われていたようなのですが、初めてのバイクということと、
「個人売買」で買ったバイクなので、こんなもんなのかな~?

そんな感じでおられたようで・・・


危ないですよ・・・!

初めてのバイクを個人売買で買われるのは、アドバイスをしてくれるバイクに詳しい知人などが居るとかいった場合以外、お勧めできません。

たぶん個人売買なので、
「ノンクレーム、ノンリターン」
の常套句が前提でしょうけど、本来の中古個人売買で使われるこの言葉の意味と、確信犯的な使われ方と・・・

初めてのバイク、ネット個人売買で買うのはリスクが大きいと思います。

個人売買で買う際のご相談にのることは出来ませんが、、、
もし買ってしまって困っている方が近隣でいらっしゃるなら、遠慮なくご来店下さい。

ちゃんとしたバイクで、バイクライフを永く楽しんでもらいたい!
そう思っています。



さて、修理に際してどうしたものか・・・
本来ならガソリンタンクを新品に交換するところなのですが、残念ながらメーカー生産終了で在庫も無し。

ならば中古は?
と、色々と探してはみたものの、人気車なら出回っているものなんですが、イナズマ400は少ない
あっても錆びサビのんとか・・・

初めてのバイクなので、もう少し乗りたいというお客様の希望もあり、まともな中古が出てくるまでのリペアとして、コーティングでガソリン漏れを止めてみることにしました。


inazuma201712 (6)
主に錆びたガソリンタンクの錆びを落とした後、また錆びが発生しないように施工する手法がガソリンタンク内部コーティングです。

キレイに洗浄したガソリンタンク内に、ガソリンなどで溶けださない特殊なコーティング剤を流し込んで硬化させ、タンクの主材である鉄を酸化(錆びる)させなくします。
このコーティング剤は小さな穴を埋める効果もあります。
パテ?で修復してある部分の今後の強度に不安はありますが、上手く行けば漏れは止めれるかもしれません。


inazuma201712 (3)
洗浄しているときに気付いていましたが、パテで修復してある側の反対側も小さな穴が開いていました。

赤○の部分。
コーティング剤が入り込み、うまく埋めてくれました。

この穴はおそらくタンクがグラグラだったことで、バイクに乗る度にタンク本体がエンジン上部に、「ゴッチンゴッチン」ぶつかって出来たものです。

知らないってのは恐ろしい・・・ 
燃えますよ

通常、バイクのタンクはグラつかず、しっかり車体に固定されているものです。


inazuma201712 (15)
上の画像の黄○の部分に、本来ならマウントラバーが付いています。


inazuma201712 (25)
こんな部品。

タンク前部の位置決めと、材質をゴムとすることで振動の吸収も担っています。
とっても大切な部品。
これ無しで組んでしまうこと自体、あり得ないんですがね~


inazuma201712 (42)
ガソリンを入れて、コーティングしたタンクの漏れのテスト。
ガソリンメーターのセンサーや、ガソリンコックのパッキンも新品にして、ひとまずタンク周りからのガソリン漏れは止まりました。

キャブレターのパッキンからもガソリン漏れはありますが、まだ危険なレベルでは無いので今後の要修理ポイントとしてご案内します。


inazuma201712 (36)
フロントフォークも両側からオイル漏れ・・・
ひどい場合すぐ下にあるブレーキにオイルが付き、ブレーキも効かなくなります。
要修理個所ですね。


inazuma201712 (32)
ドライブチェーン。
錆びて伸びています。
シールリングも所々劣化して脱落している状態でしたが、ひとまず外れたりしないように調整、清掃潤滑して一時は使えるようにします。
要交換です。


inazuma201712 (27)
車検、今年の5月に受けたところって事ですよね・・・
それでこの状態?

検査を受けるときは大丈夫だったんでしょうかね・・・
それか、うまく検査の時だけ誤魔化して通したか
今の車検を取るためだけの車検制度って、必要なんですかね?
昔に比べユーザー責任だけが高まった、行政無責任制度?

車検が付いてるから安全!
・・・は、今はあり得ませんね。
しっかり点検整備をしましょう。


inazuma201712 (46)
テスト走行も行います。
走らせないと見えない不具合もありますからね。

それとタンクからのガソリン漏れも、走行による振動が加わっても大丈夫か確認する必要がありますから。

ただ・・・
今回はあえて夜間に。

マフラーの音量とか、そういった法規制の部分をクリアしているバイクなのですが・・・
見た目、がね・・・

ちょっと、あっち系のスタイリングなので。
メーカー正規バイクディーラーとしては、色々と配慮も必要で・・・


ただ、こういったスタイルのカスタマイズのバイクが好きなライダーが、みんなあっち系なのかというと、違うと思うんですよ。
このバイクのオーナー様もそう。

初めてのバイク
安全なものにして、楽しく乗ってもらいたい。
そして、もっとバイクの本来の楽しみを知ってもらいたいってね。
そう思います。







さてさて~
今日はグッと冷え込んで来ましたね~{{(>_<;)}}

明日は雪が降るかもって天気予報も言ってますやん・・・

ブログ書いてる今も、外は冬の嵐が来るかのように、
ヒューヒュー鳴ってます。。。

明日の定休日、バイクに乗れるのか???



秋の紅葉も季節外れの感が出てきましたので、
12月らしく、近所のイルミネーション探し(笑)


2017_12_irumi (3)
通勤途中にある不動産屋さん?のショールームらしき建物。

青のイルミネーションで統一されてていい感じ♪


2017_12_irumi (2)
通りにある、な~んでも無い普通のイルミネーションなのですが、(キレイですけどね)























2017_12_irumi (1)

2017_12_irumi (4)

2017_12_irumi (5)

カッコいいでしょ♪

こういう楽しみ方も、ありですよね~


では!





関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する