NM4のツーリング装備

こんばんは~

今日もバタバタの酉年店長、山口です!

台風18号接近中・・・

2017_0915 (23)

近畿地方への台風上陸は日曜日の午後のようですが、土曜日も雨。
月曜日は・・・?
な状況ですね。


3連休、残念ですけど雨模様なら、逆に預かり整備作業は進むかな?
ということで、今日は整備仕事はスタッフに任せて、台風前に済ませておくと良さげなお仕事を優先


2017_0915 (5)
朝イチは、タクトの12カ月点検のお引き取りへ。

坂道の多いエリアのお客様で、普段の足として毎日お使いなのですが、連休が雨ならバイクをお使いになられないってことで、ちょうど良いのでお預かりでじっくり作業しましょう!
と行ってまいりました


続いてお昼前には、

2017_0915 (6)
先週末、登録が間に合わなかった「ヤマハ セロー250」の納品へ。

今日はお客様お休みで、納車後プラッと日吉方面まで100kmほどルンルン♪で走って来られました♪
喜んでもらえて、私もうれしい


お次は、

2017_0915 (9)
会議があってバタバタしていた昨日、ご自宅まで出張査定をさせて頂いた「VTR-F

買取成立となりましたので、台風が来る前に引き取ってきましたよ。

2017_0915 (10)
走行距離は、なんと2188km!
1年ほど乗っていなくて蜘蛛の巣だらけでしたが、お勧め程度良好中古車になりそうです
品質評価点検を済ませたら、このブログでもお知らせしまーす!


さらに、

2017_0915 (7)
先月のブログ記事でご紹介した、
バイク陸送利用で北海道ツーリング!

そちらのサービスをご利用頂いて、北海道に渡っていたNM4ライドマッハー号が大阪に戻ってきましたので、デポ(中継ポイント)まで引き取りに


2017_0915 (8)
約2カ月近くぶりに再会!
ツーリングの最終日に雨になっちゃったみたいで、けっこう汚れていました。

NM4 オーナー様のブログ
ぼちぼちいこか

2017_0915 (12)
お疲れさん!

軽く洗車をしてあげて、次の出撃に向けてプチ点検をしておきました


さて、他に無いスタイリングで人気のNM4ですが、いざツーリングに使うとなるとノーマル状態では荷物の積載性など意外によろしくなく・・・
何かしら積載の為の装備を用意しないといけませんね。

このNM4にも北海道ツーリングに向けて、オーナー様と吟味して装備をさせています。


まずは、トップケースでしょうか?

2017_0915 (25)
このNM4には、純正で用意されているトップケースや、GIVIなどの一般的な形のトップケースは利用していません。
形状にこだわるある理由がございまして・・・

インテグラ用で用意されていた純正トップケースが、形状が理想的!
って、ことで流用しています。

2017_0915 (26)
デイトナ製の「マルチウイングキャリア」を装着してトップケースを載せるステーを用意し、PCX用の純正トップケースベースに加工を施して、インテグラ用のトップケースの装着を可能にしました

形状にこだわった分、少し収納容量が少なめですが、オーナー様の感想によると割と真ん中の盛り上がった部分の使い勝手も良いようです。


それから、ツーリング収納アイテムとして、「タンクバッグ」も候補にあがりますが・・・

2017_0915 (42)
NM4のハンドル廻り。
ハンドルを切った時のタンクシェルターとの位置関係が、どうも微妙

2017_0915 (41)
試しにタンクバッグを置いみると。
ハンドルがタンクバッグに当たります

なるべく後方に小さめのタンクバッグを付けるという手もありますが、オーナー様は大柄な方では無いので、ハンドル操作に支障が出そうです。

バイクの乗車姿勢とハンドル操作の基本は、左右にいっぱいにハンドルを切ることが出来る位置に座れることと、ハンドルを操作を妨げるものが一切ないこと
ですので、タンクバッグはイマイチかな・・・


2017_0915 (33)
で、まず、ハンドル周りにはこちらのバッグを選択。
ハンドルに装着するタイプで、バッグというよりは大きめのポーチくらいのサイズです。

前面が透明になっていますので、地図やスマートフォンなどが見えるように収納できます。
また、バッグは簡単にハンドルから着脱できますので、バイクから降りている時に必要なものをひとまとめにしておけば便利ですよ。

2017_0915 (24)
ハンドルを切った時。
ハンドルと一緒に動きます。

タンクトップシェルター(タンクキャップの周りの黒いカバー)に少し接触しますので、傷防止で透明のプロテクトシートをシェルター上部に貼りつけています。


この装備だけではタンクバッグの収納容量は稼げませんので、

2017_0915 (38)
オーナー様が持っていた、KTMの純正シートバッグ。

NM4のリヤシートは、跳ね上げてバックレストにもなる仕様ですので、シートバッグを取り付ける為の下準備もやり易いです。
リヤシートに変わって、シートバッグがバックレスト的にもなってくれます


2017_0915 (39)
タンクバッグの利点の、装着状態で地図などが見れて、簡単に取り外して持ち運べるっていう点と、収納容量とをなんとか解決しようと考えた仕様です。

いかがでしょうか~

参考になれば幸いです♪


ツーリング装備品などのご相談も遠慮なくどうぞ
一緒に考えましょ~



2017_0915 (15)
洗車の後の、プチ点検&乾かしテスト走行にて。
写真映えしますね、このバイク


関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する