点検のご案内DM

こんばんは~(^-^)/
店長の山口です。

今朝は雨が降ってくる前に、ちょろっと遠回りで出勤してきました。

愛車CBR1000RRのサスペンションいじりの確認です。


2017_0907 (1)
リヤサスペンションのダンパーです。
圧側(COM)と伸側(TEN)と、それぞれ調整可能です。

2017_0907 (2)
リヤサスペンションのスプリングプリロードの調整部分です。
下廻りのやりにくい場所にあって、なおかつ砂利などで汚れてしまっている事が多いので、調整するときは軽く洗浄してからの方がスムーズです。

2017_0907 (3)
フロントフォークのダンパー調整部分です。
リヤと同様に圧側、伸側が調整可能です。

おっと、開店30分前ですが、雨がぱらついてきましたね

2017_0907 (4)
フロントフォークのスプリングプリロード調整部分です。


だんだんと好みの動き具合になってきました♪

意外とノーマル吊るし状態で乗っている方が多いようですが、触ってみるとけっこう変化を体感できます。
セッテイングの目標は難しいことは考えず、自分の好みでいいと思います。
自分が乗り易いか、だけでOK!
基本さえ分かっていれば誰にでも出来る調整ですので、調整機構が装備されているバイクにお乗りの方は、ぜひ触ってみて

また詳しく記事にしますね。




今日は営業時間の間ずっと雨模様でしたので、お客様のご来店は少なく、メンテナンス作業、カスタマイズ作業もサクサクと進みました。

2017_0907 (7)
今年の新色PCX125 イエロー

週末の納車に向けて、カスタマイズ完了
お天気は良さそうですね

オーナー様はバスフィッシングを趣味とされていて、PCXに釣り竿を装着したいとのご要望でした。

アフターマーケットパーツで存在する「ロッドホルダー」の使用を考えましたが、お客様の希望する用途では不都合がありましたので、スタッフ岩本が一品作製

2017_0907 (5)
画像はロッドの下部を保持する部分です。
素材はスチールですが、仕上がったものにカーボン調シートを貼って、それっぽく

2017_0907 (6)
ロッドの上部はこの専用のホルダーで保持。
バスロッドはお高いのをお使いの方が多いですから、装着で傷などが付きにくい仕様としています。

一品カスタマイズですから、納車後も使用頂いてからインプレッションを頂き、多少の手直しなどが必要になるかもしれません。
こういったカスタマイズは、お近くにお住まいのお客様限定ですね。





さてさて、表題の点検のDMなんですが、


2017_0907_01.jpg
お盆明けからDMリニューアルに向けて印刷会社と、ごちゃごちゃやり取りしておりまして、

2017_0907_02.jpg
本日やっと印刷からあがってきました

ニューバージョンDMは、基本的なイメージは今まで通りで、少しすっきりとしたデザインとしました。

今までは、通信欄の各項目を手書きで記入してお送りしておりましたが、それだと点検のタイミングで別にお知らせしたい事などがあっても、他の業務が忙しい時など、なかなかタイムリーにお知らせが出来ないことがありました。

ニューバージョンはすべての項目をプリンターで印字してお送りすることが出来ますので、情報をすばやくお知らせすることが出来そうです。
ご期待下さい



手書きのアナログ感が無くなるのも寂しいので、たまにメッセージ書いたりしますので、捨てずに読んで下さいね~


ではでは、雨が止みそうなので退散(笑)


関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する