新型CBR250RR発表!

こんにちは!
店長の山口です。

Honda新製品の中で今年一番注目を浴びていると思われる、CBR250RR
いよいよ発表されましたね。

image-01cbr250rr.png

ホンダ広報発表資料より

Hondaは、新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を5月12日(金)に発売します。

 CBR250RRは250ccクラスのスーパースポーツモデルとして、CBR“RR”シリーズの思想「トータルコントロール~操る楽しみの最大化」を共通の背景としながら、「直感、体感、新世代“RR”」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計しました。

 エンジンは、低中回転域での力強さとスーパースポーツならではの高回転までシャープに吹けあがる特性を高次元で両立するとともに、高出力化を実現。スロットルグリップの開度を機械式ではなく電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて採用しています。

 車体は、剛性としなやかさを両立した鋼管トラス構造フレームを新設計。フロントに倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと路面追従性に優れたプロリンクサスペンションを採用するなど、卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現しています。

 スタイリングは、低く構えたフロント周りから後方に向けて高く跳ね上がる先鋭的なデザインで、力強さと速さを直感させる独自の存在感を表現。また、フューエルタンク後端部からシートへ繋がる部位の幅を大きく絞ることで足つき性の良さと取り回しやすさにも配慮しています。

 灯火器類は、独特な存在感のあるデュアルヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプなどすべてに高輝度のLEDを採用し、先進性を演出しています。



正式なカラーラインナップは!

cbr250rr_0420 (3)
ヴィクトリーレッド

cbr250rr_0420 (1)
マットガンパウダーブラックメタリック


cbr250rr_0420 (2)
ソードシルバーメタリック


以上の3色で、それぞれABS装備の有無が選べます。

気になる価格は、

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み)
CBR250RR (マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
756,000円(消費税抜き本体価格 700,000円)

CBR250RR (ヴィクトリーレッド)
777,600円(消費税抜き本体価格 720,000円)

CBR250RR<ABS> (マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
806,760円(消費税抜き本体価格 747,000円)

CBR250RR<ABS> (ヴィクトリーレッド)
828,360円(消費税抜き本体価格 767,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。



ヴィクトリーレッドのみ他の2色より2万円高の設定です。

結構良いお値段です・・・
でも、なんとなく価格帯の縛りがあった今までの250ccクラスの平均的な装備、性能を大幅に上回る内容ですので、ある意味では納得でしょうか。

そして、あんまり良いニュースでは無いのですが、正式発表より前の、販売店向けの先行予約の段階で・・・

年間販売計画台数の3500台をオーバー!

年内の生産が追いつくかどうか・・・微妙
と、アナウンスされています。


購入を検討されているお客様には、なんだか残念な感じのニュースですが、3500台がもう完売って意味では無いですよ~

あくまでも、全国の販売店が事前に既に成約を頂いているものも含め、在庫としてオーダーしているものを含んでの台数です。
メーカーでのフリーの在庫は年内確保が難しいという状況です。
つまり年内の生産分はすべて行き先の販売店が決まってしまっているということです。

と、言うことは・・・

お客様がCBR250RRを購入したいと思っている販売店が決まっているようでしたら、お早めにお声かけを!!!
ということになります。

当店でも先行予約でそれぞれのカラー、タイプで予約を入れていますが、そちらがご成約で埋まると・・・

来年!?
なんてことになる可能性があります。



現在、カラー別の人気は、上のカラー紹介で掲載した順番になっています。
1位 ヴィクトリーレッド
2位 マットガンパウダーブラックメタリック
3位 ソードシルバーメタリック


人気のあるカラーは納期に時間がかかるとも考えられますが、人気のあるカラーは生産数も多く設定していくはずですし、何とも言えない状況です。

ひとまず、ご検討のお客様は
お早めにお声かけをお願致します~



関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する