新製品 レブル250&500 発表!

おはようございます!

桜、高槻はそろそろ終盤ですかね?
この土日がお花見のラストチャンス!
お花見ツーリングに行きましょっ


さて今日は、店頭にご来店のお客様にはこっそりとご案内させて頂いたりしていました、今年発売予定のHonda新製品のなかで、ひょっとするとプチブレイクするのではないかな?と感じるモデルが昨日正式発表となりましたのでご案内です

rebel_01.png

Rebel(レブル)250&500デビュー

Honda広報発表
新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売


先月開催されました「大阪モーターサイクルショー」で、実車をご覧になられたお客様からも好評だったモデルです。

このバイクの魅力は変にガンバって無いってところでしょうか?

車体サイズは250と500、まったく共通です。
シート高も690mmと低く、車重も250ccで168kg(ABS170kg)、500ccで190kgと軽く仕上がっています。

rebel_0414 (3)
真上から見た画像です。
スリムでしょ!

私も実車に跨ってみたり取り廻したりしてみましたが、車重が軽い上に足着き性も良いので女性ライダーさんの初めてのバイクとしてもすごく取っつき易いのではないでしょうか

ライディングポジションもアメリカンスタイルのバイクに有りがちな、ステップが前方にあるようなタイプでは無く、自然に座ればそこにあるって位置ですので、ライダーの体格を選びませんね

rebel_0414.png



このライディングポジションや車体バランスの感じは・・・

私、店長山口が以前所有していて、かなり気に入ってた、
DSCN7867.jpg
VT750S

ほんとだったら手放さずに所有しておきたかったお気に入りのバイク!
良いですよ!
トコトコと季節や景色を感じながらのツーリングに、最高です♪
安心の足着きと、椅子に座っているのと変わらないライディングポジションは、どこまでも走っていけそうな感覚にさせてくれます。

強いて言えば、車重はそれなりにあった(230kg)ことと、チューブタイプのタイヤでしたのでパンクした時に厄介かな? ってこと。
それと、あんたアメリカンなの?スポーツなの?な中途半端にも見えるデザインでしょうか?(笑)


そのあたりの不満点?を、新型レブルは理想的な構成でまとめてきました!

rebel_0414 (5)
画像奥がレブル500、手前がレブル250です。
エンジン以外ほんとに一緒!

軽く仕上がった車重はもちろん、ホイールもキャストホイールになりチューブレスタイヤになってます。
パンク修理も容易になるので、遠出の心配事が減りますね。

それに前後16インチの小径ホイールに対してワイドサイズのタイヤを履きますので、軽量のバイクには見えない迫力もあってカッコいいです。
フロントフォークの装着キャスター角から読み取ると、すごく素直で安定したハンドリングなのではないでしょうか?

*当社では新型レブル試乗車をご用意する予定です

rebel_0414(13).jpg

あとはスタイリング!
今までのアメリカンでも無く、新しいスタイリングでは無いでしょうか?
カスタマイズをしていくと、色々なスタイルに化けそうで期待出来そうですね~

rebel_0414 (6)

シンプルな外観のメーターも、今の時代らしくデジタル表示の充分な情報量のメーターです。


rebel_0414 (1)
スイングアームも一般的な角パイプでは無く、円形の新型です。
さり気無いところにもデザインコストをかけてますよ!


「レブル250」のタイプ、カラー設定は、

rebel_0414 (8)
マットアーマードシルバーメタリック (艶消しシルバーですね)
500との共通カラーです。

rebel_0414 (11)
グラファイトブラック

rebel_0414 (9)
レモンアイスイエロー

以上の3色で、ABS装備の有無を選べます。

詳しくは下記のリンクで
メーカーサイト Rebel250のページ

搭載されるエンジンは、CBR250Rの水冷4ストロークDOHC4バルブエンジンを、レブル250のキャラクターに合わせて吸排気系、FIセッティングの最適化によって低回転からのパンチ良さと、高回転まで気持ち良く回るフィーリングを実現しています。

エンジンのメカニカル音にもこだわっていて、静かなCBR250Rから部品を変更してあえて音を出す演出までなされています。
マフラーサイレンサーは最近のHonda車には良く採用され好評の「内部2室構造」になっていて、音量を抑えながらも心地よい排気音となっています。




「レブル500」のカラー、タイプ設定です。


rebel_0414 (7)
マットアーマードシルバーメタリック (250と共通色)

rebel_0414 (10)
ヴィクトリーレッド

以上の2色設定で、ABS装備モデルのみとなります。

詳しくは下のリンクで
メーカーサイト Rebel500のページ


搭載されているエンジンは、海外モデルの「CBR500R」の水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒エンジンを、こちらもレブルのキャラクターに合わせ、吸排気系、FIのセッティングを最適化、カムシャフトを変更して造り込んできています。
2気筒エンジンならではのエンジンフィールが楽しそう。

何気に馬力も46馬力と、VT750Sより上だったり・・・

燃料タンク容量はどちらも11リットル。
燃費の良い250はもちろん、500も実用上は必要充分ですね。
欲を言えばもうチョイ欲しいところではありますが、VT750Sは10リットルでしたが普通のツーリングでは仲間と給油タイミングもさして変わらずでしたしね。


rebel_0414 (4)

うん
肩ひじ張らずに、自然体で乗れるバイク。

これ、きっといいですよ~







関連記事
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する