GROMにスポーツグリップヒーター装着

こんにちは!

今日もグリップヒーターネタです(笑)

grom2_1 (8)
こんな感じにすんなり・・・
ノーマルのグリップデザインがスポーツグリップヒーターとそっくりですので、ぱっと見た感じでは気が付かないですね。

grom2_1 (5)
スポーツグリップヒーター装着の際に気になる、右側グリップ。
こちらはも問題なく装着出来ました。

grom2_1 (7)
今回はホンダ純正ナビゲーションも装着しました。

grom2_1 (3)
ナビマウントステーは、他機種純正ナビステーを流用加工しています。

grom2_1 (1)
運転している時の視界はこんな感じになります。
ナビがメーターを隠さずない位置に微調整。
割と自由に位置を変えれますので、ライダーさんの好みに合わすことも可能です。

小排気量のバイクの場合、グリップヒーターとナビゲーション、同時に使用している時の電気量が足りるのか・・・?
と、いう心配もあります。

GROMの場合、メインスイッチON、エンジン停止状態のバッテリーだけの動作をテストしてみましたが、意外にもグリップヒーターはかろうじて作動。
ナビゲーションがバッテリー充電を促すメッセージ表示となりました。

共にエンジン始動状態だと問題なく動作しました。
(注)車両のバッテリー、発電充電系のコンディションによって異なると思われます。

grom2_1 (6)
ナックルガード、リヤトップケースも装着して、あとはメーカー欠品中のメーターバイザーが届いたらお渡し!
・・・と、いうところで、オーナー様から新たなご要望が・・・

それはそれは、希望と期待とでキラキラした夢見る瞳で私を見つめながら・・・

「着脱式パニアケース付かないかな~♪」



私「・・・・・

スミマセン・・・このバイク、2本出しのアップマフラー付いてるのですけど・・・
そもそも、GROM用にパニアケースなんて、どこからも出てませんよね・・・


えっ・・・ワンオフで造れと・・・(笑)




お時間下さい!


もしも、、、
もしもですが、作製出来たら、、、ご紹介します~


関連記事

Comment

No:70|Re: 教えください。
お返事遅くなりましてスミマセン。
ブログの記事のアタッチメントは、このGROMのオーナ様が直前に所有していたシャドウのものを加工流用しています。
GROM専用といったものはありませんので、キジマの「テックマウント」を使用したりしています。
今日ブログの記事にしますので、良かったら見てみて下さい。

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する