PCX150入荷!

こんにちは!店長の山口です。

やっと、PCX150が入荷してきました!
DSCN7082.jpg

この車両は、発表日直後の5月にご契約頂いたもので、私の納期の読み違えと、その後の全国的品不足の影響で、お客様に2ヶ月以上もお待ち頂いた車両です・・・

本当にスミマセン!
それから、入荷までお待ち頂いてありがとうございます!
大急ぎ、かつ慎重に納車整備&オプション取付をさせて頂きますので、今しばらくお待ちくださいね!

DSCN7083.jpg
外観はPCX125とほぼ変わらないので、このエンブレムが無いと見分けが付きません。

PCX150は、当社の場合、今現在でも約2ヶ月~3ヶ月待ちになっています。
8月にご契約頂いても、10月になってしまう状況です。

メーカーが当初出してきていた納期より、少しずつ前倒しで早まってきているのですが、これからお盆休みを挟んだり、昨年のような生産国(タイ)の自然災害等での納期遅れが無いとも限りません。
PCX150をお考えのお客様は、なるべく早い目にご注文をお願い致します。

また、最近は日本仕様の品薄の影響で、タイ仕様やその他地域向けの輸入車が出回ってきています。
価格的には、あまり変らないようですが、メーカーからの情報だと部品の素材、仕様、エンジンコントロールの設定が各国向けで設計されています。

PCX125にも海外仕様があり、日本国内にも入ってきていますが、この時もメーカーから各国向けで仕様が違うというアナウンスがありました。

過去にあった、台湾ヤマハ マジェ〇スティー125などの冬場でのエンストや始動不良といったトラブルは、PCX125の海外仕様では今現在あまり起きていないようですが、当店では、仕様の違いの内容を見る限り、将来的にはあまりお勧めできるものではないと考えています。(メーカーの保証もありませんし。)

メーカーのアフターフォローも考えると、日本仕様がベストですよ!



で、お待ち頂いていたPCX150のオプション取付の作業を、早速開始しました!
DSCN7085.jpg
PCX150ならではのオプション、ETCの取り付けです。
アンテナ別体式のETC車載器ですので、配線を取り回す関係で、外装をほとんど取り外します。

DSCN7088.jpg
新開発 「eSP」 エンジンです。

DSCN7094.jpg
ETC配線を、取付説明書に従い車体に取り回していきます。
配線を通す場所、固定する箇所など、細かく解説されています。

配線損傷などでETC作動不良が起きないよう、メーカーで熟慮された取り回しです。
メンテナンス時の、各部品の取り外しの際にも影響が出ないように考えられています。

あっ!そういえば、バイクメーカーで各機種ごと専用のETC取付キットが設定されているのは「ホンダ」だけですね。
このあたりも、Hondaの安全性、信頼性へのこだわりが見えます。

DSCN7100.jpg
ETCのアンテナ、インジケーターはメーター廻りに取り付け。

今回、グリップヒーターやアラームキット、ナビなどに使用する電源取り出しを取り付けする為、同時進行していきます。

今日のところは、ETC取付まで完了!
明日、仕上げ予定ですので、続きはまた次回に・・・

関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する