CBR250Rにスポーツグリップヒーター?

こんにちは!
店長の山口です。

なんだか暖かい日が続きますが、
本格的な冬になるまでに、バイクにも冬対策を・・・
と、お考えのお客様からの相談が多い時期です。


バイクへの冬対策というと、
もちろん、安全に運転できるように本体の基本メンテナンスが一番大切。

まず、気温が下がると性能に影響が出てきやすいのが、

① バッテリー
気温が下がってくると、充電、放電性能ともに元気が無くなってきます。
新品から2年以上経っている場合、使用状況によっては、この冬に症状が突然出てくる可能性が高くなりますので出先でトラブルが出てしまう前に、バッテリーの点検と補充電、バイク本体の発電系統の点検をお勧めします。
バッテリー画像
メンテナンスフリータイプのバッテリーは突然弱くなりやすいですね。


② タイヤ
タイヤはゴムで出来ています。
ですので、外気温、路面温度に影響される部品ですので、あまり古いタイヤはゴムが劣化してグリップ力が下がります。
すり減ったタイヤはもちろん、残量があっても古いタイヤは寒くなる前に交換しましょう。

タイヤヒビ
特に画像のようなひび割れのあるタイヤは、残量があっても温度が低い時に食い付きが悪くなります。


③ エンジンオイル
エンジンオイルも気温に影響されます。
オイルの性能自体が劣化していなくても、気温が低いことによっておこる「エンジン内部での結露現象」によって、水分を含みやすくなります。
こちらも早いめの交換をお勧めします。
また、夏向けの粘度指数が高めのオイルを使用している場合は、冬場は始動性、燃費の悪化の原因となる場合もありますので、スタンダードの粘度のオイルに交換がベストです。

オイル画像
冬場は軟らかめのオイルが適します。






といったように、まずバイク本体のメンテナンスが大事ですが、
寒い冬場もバイクに乗るぞって方は、ウェアの防寒対策の他、バイク本体にも冬装備を施したいですよね!

ウインドスクリーンやハンドルカバー、ナックルガードやグリップヒーター、膝カバーなど。

今日はハンドルグリップをグリップに内蔵される電熱線で温めて、手がかじかんでしまうのを緩和する装備、
「グリップヒーター」の取付です。

CBR250RHeater (8)
装着するバイクは、「CBR250R」

実は、この機種にはメーカーのオプション設定に「グリップヒーター」がありません。
車両本体の発電機の性能やバッテリーの容量などの問題で、純正アクセサリー設定をしない方が無難というメーカーの判断なのかもしれませんね。

メーカー設定外の機種への取付ですので、装着判断は自己責任で・・・ということになりますが、そもそもカスタマイズ自体がお客様の自己責任において施すということが前提ですからね。
ホンダ以外のメーカーのグリップヒーターを装着するぐらいなら、まだ信頼性が高いかなと思いますよ。


ホンダのグリップヒーターの中でも消費電力が少なく、グリップの太さがノーマルと同等の
「スポーツグリップヒーター」
を装着してみました。

CBR250RHeater (1)
ノーマルと変わらないグリップの太さと、スイッチ一体型で操作も簡単なパーツです。

CBR250RHeater (2)
右側はアクセルワイヤーを巻き取る部分と一体部品となっていますので、装着にはこの部分の構造と寸法の確認が必要ですが、現在のホンダ車では共通の構造と寸法の機種が多いようです。
意外とすんなり装着出来ちゃいます。

CBR250RHeater (3)
CBR250Rの場合、グリップのデザインもノーマルとそっくりですので、グリップヒーターが付いているのか分からない外観!

ヒーターの効果のほどは、ヒーター温度設定最強だと素手で握ると熱いくらいですよ。

また、アイドリング時など発電電圧が低い場合には自動的にヒーターへ流す電気をカットして、バッテリー上がりを防止する構造になっているのですが、CBR250Rではアイドリング時もしっかり通電してくれました。

CBR250RHeater (9)
オーナー様はCBRを毎日遠方までの通勤でお使いです。
これで運転中の手の冷たさから解放されますね



それから、アメリカンバイク等のインチハンドルバー用のグリップヒーター。
以前はホンダ純正でも用意されていたのですが、かなり前に成産終了して困っていましたが・・・

GH07_LEDgreenweb.jpg
パーツメーカー KIJIMA から、インチバー用グリップヒーターが発売されました。

ホンダの「スポーツグリップヒーター」と同様に、グリップ一体型スイッチ、低電圧時オートオフ機能、スリムなグリップをセールスポイントとしています。

304-8198web.jpg
GH07 インチハンドル用(内径25.4mm)
価格 17,280円 (税込)


スポーツグリップヒーターより安い!!

愛車のVT750Sに付けようかな~♪




関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する