リード125にSHOEI Z‐7は入るのか?!

こんばんは!店長の山口です。

今日はちょっとお役立ち記事を
といってもピンポイントなネタですが・・・


lead12520015 (1)
LEAD125

当店では人気でPCX125といい勝負をしている通勤快速スクーターです。
そんなリード125の魅力のひとつに、シート下の収納スペースがありますね!

LEAD125201510 (1)
こ~んな感じで、ヘルメットふたつ分の収納スペースを確保しています。

今回、リード125の新車ご購入にあたり、ヘルメットも新調したいとお客様からご要望がありました。

で、お客様がお選びになられたヘルメットが・・・

lead12520015 (31)
SHOEIヘルメット Z-7 ブリリアントイエロー

ブルーのリードに、イエローのフルフェイス・・・
もしや、モリワキレーシングファンですか?(^∇^)

安全性や快適性を重視されるのなら、しっかりしたメーカーの良いヘルメットをお選び頂きたい!


のですが・・・
先日、当店でヘルメットメーカーさんにご協力頂いて実施した、スクーターの収納スペースに入るヘルメットのデータづくりで、新型リード125が意外にも苦戦したのが気になりました。

当ブログ 7月31日 OGKカブトさん来店! の記事

OGKカブトの製品すべてでテストしたのですが、シートを閉めるとヘルメットの頭頂部が当たってしまうものが多く、データづくりはかなり辛口の判定でしたこともあり、

○=余裕で収納可
△=収納できるが少々難あり
×=絶対無理!

の、判定基準で採点しましたが、ほとんどが △ の判定になっていました。


なので、今回はひとまずヘルメット(Z-7)を取り寄せして、収納に難ありなら変更しましょって、ことでテストです。

lead12520015 (32)
まずは、収納スペース前方に置いてみました。(ヘルメットのサイズは、Mサイズです。)

なんだか、微妙な感じ・・・

lead12520015 (33)
一応シートは閉まりましたが、シート裏に装着される車載工具がちょっと邪魔・・・
また、シート裏にあるキズ付きを防止するスポンジに当たる強さもちょっと強めで、シートキャッチに常にテンションがかかるので、長い目で見るとお勧めできない感じです。


lead12520015 (35)
続いて後ろ側のスペースに置いてみました。
これは前側に比べて余裕がありそうですね♪

シートを閉めてみましたが、やはりキズ防止用のシート裏スポンジに当たりはしますが、許容範囲です。
lead12520015 (36)

判定結果
シート下収納スペース前方だと少々難ありですが、後方だと実用上収納可能と判断して良さそうです。



しかし、リードは収納スペースにフルフェイスが普通に入るイメージを持っていたのですがね・・・(-.-;)

先代モデル、リード110 の収納スペースがこちら。
LEAD125201510 (4)
底面がフラットで中敷きもあって現行モデルより上品に見えます。
良~く見るとシート前側の深さが若干ですが現行モデルより深いのです。

おそらく新型は125ccに排気量アップ、高効率ハイパワーの「e-SPエンジン」を搭載したことで、ちょうどエンジンの上にあたる部分の容量が少々減ってしまったようですね。

サイズが大きくなったエンジンをいろいろ工夫しながらこのサイズに納めているのですから、しょうがないのかな~


当店では車両購入にあたり、このような心配事をお持ちのお客様のご意見を非常に大事にしております。
当店で可能なことは、なるべくクリアにさせて頂いて商品をご提供させて頂きますよ




関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する