中古車CBR600RRの納車!

こんにちは!
店長の山口です。

相変わらずブログ更新が滞っております・・・┐(´-`)┌

いや~なかなかパソコンの前で書く時間が取れなくって・・・
当店フェイスブックに画像メインの記事を書いたりして、ひとまずの情報発信をしておりますので、落ち着くまでそちらもご覧頂ければ幸いです!

Honda PAL'S WING Facebook



今日は中古車の納車までの記事です。

今回の中古車はこちら!
cbr600rred (26)
2008年式 CBR600RR逆輸入車!

このブログでご紹介した直後にご契約を頂きました!
ありがとうございます。
7月31日 CBR600RRの整備の記事

ご契約を頂いたお客様が遠方にお住いの為、今回は通信販売となります。

中古車の通信販売となりますと、ネット環境が進んだ現在であっても購入をお考えになるお客様にとっては不安要素が多いものですよね。

実車をご自身の目で確認できない。
整備状態や細かな傷などが確認できない。
購入後の保証やメンテナンスが購入したお店で受けれない。

等々・・・

保証に関しては当店の中古車は、原則として当店にて故障の診断、修理が条件となっていますので、遠方への通信販売のお客様の場合、実際には保証の対象外になってしまうことになります。
メンテナンスのご相談は当店でご提供した中古車ですから、いつでもウエルカム!ですけどね。


通信販売については購入されるお客様だけでは無く、ご提供させて頂くこちらも色々な心配事を持って販売をさせて頂いているのが本音なのです。

現物を見て頂けない状況で、お伝えしている中古車の品質がお客様に誤解なく伝わっているのか?・・・とか、
通常の販売であればバイクをお渡しした後も些細な調整や整備の見直しなどが可能ですが、遠方への販売の場合はそのチャンスはありません。
(注=当店の中古車はご購入後の初回無料点検を新車同様に実施させて頂いています。)
通常の販売であってもそうですが、通信販売の場合は、なおいっそうに納車前の整備に気を使い見逃しが無いか気になって仕方が無いのです。


・・・てな感じですので、今回も納車前の整備に若干のお時間を頂き、ご契約から約1か月のお時間を頂いてしまいました

2015cbr600rr (11)
事前に発見していたフロントフォークのオイル漏れの修理を実施します。

2015cbr600rr (4)
左側フロントフォークのオイルシールから劣化によるオイル漏れが確認できます。

2015cbr600rr (8)
車体から取り外して、左右ともフロントフォークを分解します。

2015cbr600rr (10)
フロントフォークのオイルシール交換はフォークを分解しないと出来ませんので、どうせなのでフルオーバーホールとします。
オイルシールだけではなく、ガイド、スライダーブッシュやOリングなどのゴムパーツを新品に交換し、各部品を徹底的に清掃。
フォークオイルを新品に交換して組み立てします。

2015cbr600rr (12)
リヤに装着されている「オーリンズ」もオーバーホールに出しました。
こちらは当店でオーバーホール作業が出来ないため、「カロッツェリア・ジャパン」に依頼。
お客様にご相談させて頂き、オーバーホールの実費のみご負担で着脱費用はサービスさせて頂きました。

せっかくフロントをオーバーホールしていますので、リヤも・・・と、なりますからね~


2015cbr600rr (20)
完成検査、テスト走行の時間も通常より多いめに頂いて、より完成度を高めます。

2015cbr600rr (22)
今回は埼玉県のお客様でしたので、所沢ナンバー!
常連のお客様から、「なぜに所沢ナンバーのバイクがここに?」とご質問多数でした。

2015cbr600rr (29)
バイク専門の配送業者に引き渡して完了!

いってらっしゃい!
可愛がってもらえよ~(^∇^)ノ




関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する