アライ プロシェード・システム 使ってみました!

おはこんばんちは~!

店長の山口です。
7月ブログ更新が滞っていた分、反則技のさかのぼり更新です!(笑)


オートバイ用ヘルメットメーカー、今では海外製品も含めてたくさんのメーカーから選べる時代ですね。

当店では、そんなヘルメットメーカーの中でも日本メーカーにこだわってお勧めしております。
やっぱり頭を守るものですから、やっぱりメイドインジャパン?

日本の有力ヘルメットメーカーと言えば、

shoeilogo.jpg
SHOEI (ショウエイ)
マルク・マルケスなど、GPライダーも使用しているメーカー。
インナーサンバイザーや、開閉式フェイスガードなどの機能をいち早く取り入れてくるメーカーですね!

インナーバイザー
上の画像のように、ヘルメットに格納式のサンバイザーが装備されているヘルメットが増えてきました。




日本の有力メーカーでは、こちらのメーカーも。

ogk_logo.jpg

OGKカブト
当店と同じ、大阪にあるメーカーです。
トップメーカーのヘルメットと同様の装備をリーズナブルな価格で提供しています。
(製品の製造は中国で行っているようです。)

こちらも、インナーバイザーや開閉式ファイスガードなどの装備を持った製品を積極的に展開しています。



そして、一番の老舗の日本のヘルメットメーカーと言えば!

arailogo.jpg
アライヘルメット

店長、お気に入りのメーカーです♪

色々なメーカーのヘルメットを被って来ましたが、ここが一番しっくりきます。
まあ、被り心地は個人差がありますので、絶対に良いですよ~!とは言えませんが・・・

てんちょ~レースんとき
昔、こんなことしている時、さんざん私の頭を守ってくれましたもので・・・
もう何回ころんでヘルメットつぶしたか覚えて無いくらいですからね~(笑)

(注)頭打ちすぎで覚えて無いんじゃないですよ



で、

お気に入りのアライヘルメットには・・・

インナーバイザータイプのヘルメットがありません!


残念・・・と思う反面、

さすがは アライヘルメット

とも、思っています。



このメーカーは、昔からヘルメットの安全性を第一に追求しているメーカーで、快適性や利便性はその次!ってポリシーを感じるのです。

ですので、流行などにとらわれず、長年培ったヘルメットの帽体形状や構造を簡単に変えてきません。



ですが・・・

私も若い時はあまり気にもならなかったのですが、スモークシールドで日中バイクで走行していて、途中トンネルなどに入った時、目が暗さに慣れるまで少々時間が必要に

トンネルの間だけシールドを開けて視力を確保!というのも、高速道路だとそう言う訳にもいかなかったり。

逆にクリアシールドで通すのも、逆光の峠道などでは、な~んも見えませんしね。


てなことで、他のメーカーのサンバイザーをうらやましく思っているところに!

pss_banner.jpg
アライヘルメット プロシェードシステム

さすがアライヘルメット!
帽体形状をいっさい変えず、さらに既存のモデルにも装着可能な装備を出してくれました!


さっそく、試してみましたよ

araiproshade (12)
こちらは、サンシェードの上下幅が視線領域あたりだけの「スタンダード」

araiproshade (13)
サンシェードを閉めると、こんな感じ。


araiproshade (5)
私は、サンシェードの重下幅が少し長めの「ロングサンバイザー」を選択しました。

araiproshade (7)
閉めるとこんな感じで、ほぼスモークシールドを装着している時と変わらないイメージです。

毎日の通勤と、2回のツーリングでのインプレッション。

まず、シールドとサンシェードの開閉動作ですが、最初はやっぱりややこしく感じましたが、慣れます!

閉める時はサンシェードを少し引き出して動かすので、走行中などはやり難いですが、閉める動作をする時ってそんなに慌ててする場面がありませんからね。

逆にサンシェードを開ける時は、いたってスムーズです。
これで、ツーリング中、予想外に暗いトンネルに突入しても安心安心!

araiproshade (6)
それから、上の写真のように途中で止めて使うことも出来ますので、夕方のクリアシールドで走りたいけど日差しが眩しくって・・・なんて時にサンバイザーとしても役に立ちます。


難点といえば、高速走行中にサンシェードを全開にしていると、若干走行風による抵抗があるかな~って感じるくらいでしょうか?
あと、シールドが原因の風切り音もちょっと増えますかね。




araiproshade (10)
それから、プロシェード・システムに交換すると、自動的に付いてくる「ピンロックシールド」

以前からあるシールドの曇り防止のシステムですが、何気に初体験でした。
シールドを2重構造にすることで、曇りを防止しているのですが、雨の日も寒い日も関係なくバイクに乗る私にとって、もっと早く使ってれば良かったと思えるものでした。

まあ、まったく曇りません!
雨の日なんかは、完全にシールドを閉めていても曇りませんので、シールド内側に付いてしまう水滴に悩まされることも無く、超快適な視界!

晴れているときは2重ガラスのような構造によるものからなのか、夜などは若干対向車のライトや街灯などが乱反射して見えるのですが(慣れるレベルです)、雨の日はなぜかその乱反射も無くなります。

う~ん!
なかなか、使える商品ですよ!


アライヘルメット愛好者さまは、是非!

関連記事

Comment

コメントの投稿

Comment
管理者にだけ表示を許可する