当ブログの人気記事

こんにちは!

2018年も今日で最終日となりました。
カウントダウンですね~


当店のブログも書き始めて6年半。
ちまちま書いて来ましたが、意外と長く続いてますね。

我ながらすごーい

先日600件目の記事となりましたから、年に90件ほどの記事を書いてるのかな?
月に7件ほどの計算なので、もうちょっとペースを上げたいところですがね・・・

ネタはあるんですよ。なんぼでも(笑)



さて、そんな当店のブログの最近の人気記事、第1位は!


201812311.png
新型PCX メットインスペース検証!

やっぱり、皆さんが気になる内容を記事にしたものが多くのアクセスを頂いている結果になりました。

この記事、OGKカブトさんの協力があって可能になった記事なのですが、贅沢を言えば他の主要ヘルメットメーカーの物も検証したいところですね。
参考にして頂ける記事だとは思いますが、自分的には消化不良だったりして。

こういうの、大手のバイク用品店さんがやってくれると良いのになって思います。

ヘルメットの収納で悩まれているお客様、店頭ではもっと納得して購入頂けるようにご相談に応じていますので、遠慮なくお問い合わせ下さいね。





第2位は!

201812312.png
PCX ブレーキフルード交換

個人的にうれしい結果です。

原付クラスのバイクは車検が無いので、ブレーキフルード定期的交換の意識が皆さん無いに等しい現状をお知らせしたくて記事にしました。
これから原付クラスもABS装備車が増えてくる様相ですので、ますますこのメンテナンスが重要になります。

ブレーキフルードの定期交換だけでなく、車検の無い排気量クラスはユーザー様ご自身の定期点検への意識が大切ですよ




第3位は、

201812313.png
海外製 格安カウルセット

これも注意喚起で書いた記事ですね。

この外装キットがかなり一般的になって人気のカスタマイズパーツなっていましたので、当店で実際に起きた事件を元に記事にしました。
カスタマイズパーツの中には、コストを抑えてリーズナブルな価格で販売されているものも多くあります。

お手軽に着手しやすい半面、この記事のように材質にノーマルと同様の耐久性を有しないものもあります。
カスタマイズパーツは、他の商品より価格と性能が割と比例しているものが多いものですよ。

まあ、高額のカスタマイズパーツだからといって、ノーマルと同等の扱いが可能というものでも無いのですがね。

カスタマイズは、メリットとデメリットをしっかりオーナー様ご自身に理解して頂きたいと考えて、日々作業にあたっております





さて、当ブログの記事をご覧頂いて、今年いちばん実際に作業依頼を頂いた記事が、

201812314.png
’05 CBR600RR セミフルパワー化


お問い合わせも多く、作業も数台させて頂くことになった記事です。

私自身もこのCBR600RRを過去に所有していて、ノーマルからセミフルパワーを体験していますので、作業後の変化についてもお話がしやすかったですね。

実際のセミフルパワー化作業の際に、他にも故障や不具合を発見したりで、今年印象にも残る作業が多かったです。

ブログの記事にしようと思っていたのですが、あっという間に年末最終日
来年、過去記事として紹介できるようにガンバリマース





では、今年もあと少し。
2018年は大変お世話になりました♪

良いお年を~

関連記事

CB1000R ETC車載器取付

こんにちは!
店長の山口です。


お休みの間に過去記事消化


今年発売された、「CB1000R」

IMG08877_20181030225644c7c.jpg
新型CB1000R 2台ピットインの図。

今回の記事は、この新型のお話では無く、
(そもそも新型はETC車載器とスポーツグリップヒーターが標準装備になった贅沢仕様ですしね。)


IMG00301.jpg
イタリアホンダで生産されていた、前モデルです。

地球連邦の新型的なカラーリングが私好み♪



IMG00264.jpg
さて、作業開始!


IMG00266.jpg
日本無線製 ETC2.0車載器 JRM-21 を装着しましょう。


IMG00285.jpg
アンテナユニットはヘッドライト上のメーターカバーの中に隠しました。

ETCの電波は樹脂パーツを通して受信可能ですが、塗装されているパーツの場合は念のため受信できるか確認


IMG00292.jpg
車載器本体はタンデムシート下に少しだけある収納スペースに格納します。

外装を取り外しての作業になりますが、イタリアホンダ製のバイクは、外装の取り付け方法が日本国内生産モデルより単純な気がします。
取り外しに頭を捻らなくても良い分、ちょいと楽♪

製造工程でもミスが出にくいでしょうね。


IMG00295.jpg
車載器本体はこのように。

この装着位置で車載器の蓋の開閉とカードの出し入れが可能ですが、好みで微妙な取り付け位置調整が可能なようにマジックテープを利用して着脱可能にしています。


IMG00298.jpg
ETCの動作状態を知らせるインジケーター。

ショートスクリーンやそのステー、他のメーター周りの機器などの関係で装着位置を悩みましたが、純正装着ETCで多いオーソドックスな位置に。
運転中に自然と目に入り、それでいて目障りにならない場所。

スクリーンが装着されるバイクの場合、夜間スクリーンに反射して超目障り・・・
なんてこともありますからね~


カスタマイズパーツの装着、個別にいろいろ想像して装着していってるんですよ~!



では。





関連記事

新型スーパーカブ グリップヒーター2種紹介

こんばんは!

年末寒波で寒くなってきましたね~

ここ高槻は、まだ雪が降ったり、路面が凍結したりなんてところまでは至っていませんが、丹波より北側はもう雪が積もっているようですよ。

さすがにツーリングに出掛けようなんて方は少ないでしょうが・・・
行っちゃうぞって方は、どうかお気をつけてー!




さて、今年人気の新型スーパーカブ。

IMG00569_HDR.jpg
先日の年内最終営業日に入荷したスーパーカブ110。
入荷直後の画像。

入荷後、速攻でオプション取り付け作業開始

IMG00574.jpg
レッグシールド等を取り外し、

IMG00572_HDR.jpg
ハンドルカバーを、
ぱかっと開きます。

グリップヒーターの取付風景です。

IMG00582.jpg
この車両には、「エンデュランス」製のグリップヒーターを装着しました。

このグリップヒーターの特徴は、ヒータースイッチにバッテリー電圧計を装備していることです。
ヒーターに用事が無い夏場でも、バッテリーメーターとして活躍

また、グリップ内部の温かくなるヒーター熱線がグリップの全周に巻かれていますので、どの角度から握っても温かいのも売りですね。

IMG00597_201812291938208eb.jpg
グリップ全周が温かくなりますので、左右グリップの配線の取り出し角度に制約が無い為、ヒーター配線類をスッキリした見た目で装着しやすいといったメリットもあります。

デメリットとしては、ホンダ純正ではありませんのでメーカー保証の対象外となることと、製品自体の保証も6カ月間と少々短めな事でしょうか。



対して、ホンダ純正のグリップヒーターは、

IMG00234.jpg
装着時の画像♪


IMG00238.jpg
スイッチはグリップヒーターの操作のみのシンプルなもの。

グリップのヒーター熱線は、グリップ内の約半分の領域に巻かれています。
グリップを握った際に指の当る前側半分の部分に、ヒーター熱線が内蔵される仕様です。


IMG00239.jpg
カブの場合、左側はクラッチ操作が無いので問題ないですが、右側は常にブレーキレバーに指を掛けて運転されるという方には、グリップヒーターの恩恵が受けにくいといったお声もありますね。

また、グリップの温まる部分が決まっているため、車両に装着する際にグリップの装着角度に制約があります。
ヒーターグリップにつながる配線が機種によっては収まりが良くなく、カブの場合はハンドルカバーに穴開け加工を3か所要します。


IMG00424.jpg
このアニバーサリーモデルには、同時にスマートフォンホルダーなどを取付するためのバーマウントUSB電源アウトレットを設置しました。


純正グリップヒーターの良いところは、ホンダの純正品ということでメーカーでヒーター装着時の様々な検証とテストを行っていて安心ということと、保証も1年間となることでしょう。


「ヒーターの温かさ」という肝心な部分では、個人的な感想ではエンデュランス製に軍配が上がります。
対して、「メーカー指定の安心感」の面では、やはりホンダ純正ですね。


当店ではどちらのグリップヒーターの装着作業も可能です。
お客様のお好みでお選びください。

一度グリップヒーターの付いたバイクを体験すると、冬は付いて無いバイクに乗れなくなっちゃうほどの効果があるカスタマイズパーツですよ












さて、先日からの年末最後の作業は、

IMG00631.jpg
バルブクリアランスをシックネスゲージで測定し、

IMG00627.jpg
測定で求められた値のシムを発注して入荷を待つという猶予が無いので、目的の厚さまでシャコシャコ削り出し

IMG00629.jpg
16個のバルブクリアランスを既定の範囲に修正していきました。(笑)

IMG00633.jpg
どうにも元々のクリアランスが腑に落ちない数値なので、念のためカムシャフトを取り外して再チェック。

あーだ、こーだして、なんとか・・・


IMG00635.jpg
今年最後の、完成テストラン♪


今日は気温は低かったですが、フルカウルのバイクならツーリング行けますね



今日が仕事納めで、お帰りが早かったオーナー様の元へ無事にお届け。

IMG00640.jpg
その帰りの枚方大橋北詰。

とうとう高槻にも雪雲らしきものがやってきましたよ・・・


IMG00642.jpg
淀川堤防から高槻北側の山を望む。

ありゃりゃ。
明日はきっと山の頭は真っ白かな?





さてと!

IMG00644.jpg

やっと、お前の順番がまわって来たね!

2019年は、とことん僕に付き合ってもらうよ~♪



ではでは~








関連記事

4気筒16バルブ~(||| ̄▽)/

こんばんは!

今日は、昨日特急で仕上げさせて頂いた、

IMG00595.jpg

スーパーカブ110
プチカスタマイズ車

納車させて頂きました

喜んで頂いて良かった♪


IMG00597.jpg

エンデュランス製グリップヒーター


IMG00603.jpg

キタコ ファッションキャリア(センター)
のホワイト。

品番 0SS-ZH-10967800


IMG00605.jpg

キジマ ダブルシート
品番 0SS-ZB-207395

ノーマルだと黒一色のシート表皮を、お客様と楽しく打ち合わせの上♪、車体カラーとお客様のお好みに合わせてオーダーメイドで作成して張り替えしました


スーパーカブ女子、またお一人仲間入りです。






さてさて、今日はお店はクローズとなっておりますので・・・

IMG00609.jpg

シャッターの閉まった整備ピットの奥で始まったこの作業。


IMG00612.jpg

エンジンヘッドカバーを取り外して、カムシャフトさんこんにちは
お店閉めてると捗りますね


IMG00623.jpg

バルブクリアランス調整のため、タペットシムの交換です。


IMG00622.jpg

並列4気筒、16バルブ。

ただいま、8バルブ目!




あと半分か~

飽きてきたので、気分転換のブログ更新でしたー(笑)



ではっ!




関連記事

年内最終営業日!

こんばんは!

店長の山口です。


本日、当店の年内の営業最終日となりました。

nennmatunennsikyuugyoupop.png



今年もお客様には大変お世話になりました。
ありがとうございます!

休業日期間中はご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願致します。





さて、今日は営業を夕方5時に終了させて頂き、当社本店ドリーム高槻にスタッフ全員が集合して今年の反省や来年の目標など各々が皆に話しをして、2018年の仕事納めとなりました。

2019年、良い年にしたいですね




そんな仕事納めのホンダパルスウイングは、


IMG00567_HDR.jpg

朝一に年末の洗車をしてあげてピカピカになった当店軽トラ、
「パルスウイング号」で昼過ぎに熊本から大阪にやって来る、

新型スーパーカブ110

を、ホンダ運送さんから強奪させて頂き、

IMG00575.jpg

新型スーパーカブ110のカスタマイズ!

アクセル全開で作業!(笑)


一般的には仕事納めの日って、大掃除やらするんでしょうけどねー!

もちろん、掃除もやりながらの同時進行です。



バッタバタ~
いつものことですけどね(笑)



IMG00583.jpg

ふう・・・

完成





まー!
今年は、少し早いめのお休みスタートとなりますのでね・・・
多少は世間のリズムと合わないこともあったりで

明日、納車するよ!
お正月、このカブちゃんと楽しく過ごしてね♪




明日からお店はクローズしておりますので、今月は放置状態になってしまったこのブログ、少しはネタの放出が出来るかな?

お店開けてるとブログネタはどんどん入ってくるけど忙しくて更新できず、古新聞になって出し難くなるというジレンマ・・・


ガンバリマース(笑)




関連記事

メリークリスマス♪

こんばんは!
店長、山口です


ここのところ、ブログ更新滞っております・・・

= イコール?




超!忙しー!(笑)


先日お知らせさせて頂いたリコールと改善対策の作業、お客様からのご依頼を多数頂いています。

すでに60台ほどの作業をさせて頂きましたので、作業も手慣れたものになってきましたよ(笑)

rc4388.jpg

タクト、ジョルノのリコール


LEAD125改善対策 (23)

リード125 改善対策のお知らせ。


ご依頼頂いたリコール、改善対策作業は優先して実施させて頂いています。

特にリード125の改善対策は、これから気温がどんどん下がってくると症状として現れる可能性がありますので、ご依頼頂ければ即日作業をさせて頂きます。
お早めに作業予約のご連絡を下さい。

今週から寒波でグッと気温が下がるらしいので心配です・・・

他店で購入されたバイクでも受け入れ可能です。
遠慮なくお問い合わせ下さい。





さて、今日はクリスマスイブ♪

ショールームにもサンタが!

IMG00545.jpg
スーパーカブ50/110・60周年アニバーサリー

・・・似合うね! サンタコス(笑)


展示のアニバーサリーは売約済みの車両ですが、来年1月から2月にかけて当店で確保している在庫車両が入荷してくる予定です。

限定モデルですので、お早めに!
ですよー





おっと・・・

忙しさに感けて、うっかりとお知らせが遅れてしまいました。
店頭とホームページのカレンダーではお知らせ済みですが、こちらでも。

クリスマスが終わると、アッというまにお正月。
当店の年末年始休業日のお知らせです。

nennmatunennsikyuugyoupop.png

誠に勝手ながら12月27日(木)~1月4日(金)は冬期休業とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
尚、12月26日は水曜日ですが臨時営業日とさせていただき、閉店時間は17:00となります。



うわっ!
あと2日しか無いじゃーん


がんばりまーす



ひとまず今夜は、

image1_2.jpeg

メリークリスマース!






関連記事

中古車 2018年式! Dio110入荷しましたー!

こんにちは

中古車入荷情報です。


Dio110_used20181221 (13)

2018年式 Honda

Dio110 (ディオ110)

売約済みとなりました。
ありがとうございます!


人気の「マットギャラクシーブラックメタリック」です。
2018年6月に新規登録された、ワンオーナー車

メーカー保証もたっぷり2020年6月まで残っています。


Dio110_used20181221 (1)

Dio110_used20181221 (11)

オーソドックスなカラーラインナップのディオ110の中で、艶消しブラックとメタリックレッドのカラーリングがカッコいいモデルですね



Dio110_used20181221 (17)

走行距離は、なんと 1062km

ちょうど慣らし完了の走行距離です。


Dio110_used20181221 (9)

カスタマイズパーツはバックレストの装着が1点あります。



Dio110_used20181221 (3)

外観の程度も新車と見間違うくらいに良好!


Dio110_used20181221 (14)

車両本体販売価格
¥162,000‐ (税込み)


登録手続き費、中古車保証整備費用、自賠責保険料などの諸費用を合わせた参考乗り出し価格は、198,100円となります。

売約済みとなりました。
ありがとうございます!



Dio110_used20181221 (5)

Dio110_used20181221 (15)

Dio110_used20181221 (2)


この物件の情報は下記サイトでもご紹介しています。↓
バイクブロス中古車情報サイト ホンダ Dio110





関連記事

ETCの取付位置変更?

こんにちは!


当店ではETC車載器の取り付けなども行っています。
最近の少し変わった取付事例の記事を。

IMG16042.jpg

CB1300 SUPER BOL D’OR

前後サスペンションユニットを、「オーリンズ」製のものに換装されたり、他にも色々手の入ったカスタマイズ車です。

オプションのアンテナ分離型のETC車載器も装着されています。

このタイプのETC車載器は、シートの下にETCカードを入れる車載器があります。
カードを入れっぱなしにしていても盗られてしまう心配が少ないので、最近は主にこのタイプの車載器が主流ですね。


しかし、オーナー様は大型スポーツバイクを3台所有!
諸事情によりETCカードは1枚だけにされているので、乗るバイクが変わる度にシートを外してカードを取り出して・・・ってのが面倒!

という理由により、車載器本体をハンドル周辺のカードが取り出しやすい位置に設置し直すという、初めてのご依頼を頂きました(笑)


IMG15934.jpg

ハンドルにはすでに純正ナビのステーが装着されています。
・・・取り付ける場所が無い

では、両サイドのポケットの中かな・・・
と、悩んでいると、なんとナビはもう使っていないんだとか。


では、そちらに設置で


IMG16035.jpg

純正ナビのステーを利用して、ハンドルのど真ん中に車載器を取り付けしました(笑)
こんな場所に初めて取付しましたよ。

まあ、カードの出し入れは超簡単ですね
盗難にはお気を付け下さい。



このバイク、別の整備のご相談で試乗をさせて頂きましたが、
前後サスペンションのオーリンズ
良いですね

IMG16040.jpg

IMG16041.jpg

試乗コースに工事中の道路があったのですが、見事に路面の凸凹をしなやかに吸収してくれます。
普通の街乗りのんびりペースでも明確に違いが分かりますよ~♪




CB1300SP.jpg
CB1300SP
新車ノーマル状態で、
オーリンズ製の前後サスペンションユニットが装着されるSP

ラジアルマウント式のブレンボ製モノブロック4ポッドキャリパーも装備されています。


なんてお得な

今なら、
支店のホンダドリーム高槻ホンダドリーム大阪茨木で実車を展示中ですよ!





続いて、同じお客様のもう一台のバイクもETC車載器の位置変更を。

IMG00253.jpg
CRF1000L アフリカツイン

このバイクの場合、先ほどのCB1300と違って新車状態からETC車載器が装着済みとなっています。
あとから取り付けるオプション扱いでは無いので、どうかな?


IMG00051.jpg

シート下にある車載器。
こちらを前の方に持って行くには、車載器に繋がる配線も取り外して前に持って行くのですが・・・


IMG00062.jpg

うっ・・・
やっぱりね。。。

純正で車載器が装着済みですので、ETC関連の配線が車体のメインハーネスに組み込まれています。

IMG00063.jpg

切開して摘出
ETCの配線だけを前に持って行きます(笑)


IMG00067.jpg

こんな感じかな?


IMG00076.jpg

車載器本体は、キジマのテックマウントを使用してハンドルセンターに設置しました。


IMG00075.jpg

カードの出し入れ、手間いらず
超簡単♪



・・・まあ、また同じようなご依頼があるとは思えない作業ですね!



*今回の作業はお客様のご要望により行っています。
常に左右に動かされるハンドルに車載器を設置すると、車載器に繋がるアンテナ線なども常に動かされますので、耐久性などで元の設置場所より劣ります。
積極的にはお勧めできる作業ではありませんのでご注意下さい。




関連記事

PayPay(ペイペイ)フィーバー (・_ ・。)?

こんばんは!
店長の山口です。


当店で11月から取り扱いしているスマートフォン決済、



paypay (4)
PayPay (ペイペイ)



今月4日からスタートした、この↓キャンペーンの影響で、
lp10b_mv.jpg


当店でも、お問い合わせが急激に増えています!W(≧O≦)W



IMG00339.jpg

元々は、クレジットカードが店頭でお使い頂けない・・・
という当店の不便な問題を解消すべく導入したのですが、びっくりですね~♪(笑)


今日だけでも3件、車両の購入についてのお問い合わせを頂きました。
もちろん、新車、中古車問わず、車両代金のお支払いにもPayPayをお使い頂けます。


ただし、お問い合わせの中にはかなり遠方からの新車購入のご相談もありましたが、これはあまりお勧めできません・・・

バイクは購入した後のアフターメンテナンスが大切な商品です。

メンテナンスの為に当店に立ち寄って頂くことが距離的に無理なお客様や、お近くに馴染みのバイク屋さんがあって日頃のメンテナンスは頼れる、または自分でメンテナンスはするよ、といった方以外は、アフターメンテナンスについてもお考え下さいね。



さて、このPayPayのキャンペーンをご利用頂いて、お高ーいヘルメットをご注文頂きました

paypay20181206 (3)
デデーン!
箱、デカッ


paypay20181206 (5)

SHOEIヘルメット
X-Fourteen MARQUEZ5
(エックス - フォーティーン マルケス5)

税込み定価 82,080円!

まあ、多少のお値引きは当然させて頂いてますが、それでも高くてなかなか手が出ませんよね~


PayPAyキャンペーン20%還元分でシールド等のオプションも揃えれるじゃん♪
ってことで、購入をご決断

あわよくば全額還元!・・・
は、残念ながら外れちゃいましたがね


paypay20181206 (7)

paypay20181206 (9)

paypay20181206 (6)

良く見るとこのヘルメット、ペイントが全部つや消しのマットカラーなんですね。

普通のツヤ有りだと塗装面に光が反射してグラフィックが良く見えない感じになりますが、マットカラーだと光の反射が抑えられて複雑なグラフィックもクッキリ見えます。

なるほど~
流行りそうかも?



そういえば私のヘルメットも、使いだして5年目になりそう・・・
ヘルメットメーカーでは3年を目安に新しいものにって案内になってますから、毎日の通勤からツーリング、サーキットでも使い倒しているので、そろそろ新調しないとですね

PayPayか~
背中押されますねぇ(笑)






46561490_2164254800263420_4673617512894325861_n.jpg

先日の定休日、ちょろっと神峯山寺まで、遅ればせながらの紅葉探しに。

なんせ先月は全くバイクで遊べませんでしたので・・・



45514400_365352724270817_6268533526584363959_n.jpg

少し遅かったかな・・・

あ、
神峯山寺までの新しい道路が出来て、バイクで入って行けなくなったのかな?
と思っていましたが、今まで通りポンポン山の登山口手前の駐車場まで登って行けますよ


44898237_331132144385876_7938854287558180640_n.jpg

47117760_358419144907056_7004839613304824483_n.jpg

落ち葉がいっぱいで、なかなかスリリングでしたがね


45600264_338197546767963_5167323433461758882_n.jpg

むむむ・・・
今年の紅葉は、雨続きで赤色に成りきれなかったのかな?


45826188_499677783873297_5317305991889977693_n.jpg

彩度アゲアゲ↑で、赤い絨毯だ~い(笑)


では~











続きを読む

関連記事

タクト、ジョルノのリコール

こんにちは!

12月、今年も残り少なくなりました。
ラストスパートですね

そんな年末の皆さん忙しい時期に、
取り扱い販売店としては申し訳ない届出が・・・


タクト、ジョルノのリコール
rc4388.jpg


【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
ブレーキレバーブラケットのストップスイッチ位置決め溝の寸法が不適切なため、ストップスイッチが雨水等の被水による膨潤と収縮を繰り返して変形すると、当該ブラケットの位置決め溝端部まで押し込まれるものがあります。そのため、ブレーキレバーを放した状態でも、制動灯が点灯したままになるおそれがあります。

【改善措置の内容】
ブレーキレバーブラケットを対策品に交換させて頂きます。

当店でご購入頂きましたタクトジョルノで、リコール対象の車両にお乗りのお客様へは、メーカーよりダイレクトメールでお知らせしております。

また、他のお店でご購入された対象車も作業させて頂きますので、ご相談下さい。


リコール対象機種は、
product-05.jpg
タクト


20171222giorno (5)
ジョルノ


かなりの人数のお客様に現在お使い頂いている機種となります。
師走の忙しい時期ですが、ご協力をお願い致します。


タクトのリコール対策作業の様子を。

tact_ (1)
左右のブレーキレバーのブラケットを対策品に交換する為、ハンドル周りのカバーを取り外します。

タクトは割と簡単に外せますが、ジョルノは少しコツと慣れが必要ですね・・・


tact_ (2)

tact_ (4)
写真の左右のレバーブラケットに組み込まれている「ブレーキスイッチ」が、使用過程で取付位置がずれてしまってブレーキランプが付きっぱなしになってしまう・・・というのが今回の不具合。

そういえば、定期点検で作業させて頂いたこのタイプのブレーキランプを採用する機種で、何台か同様の不具合があって個別に対策したこともありましたね。


tact_ (9)
赤○の部品がブレーキスイッチ。
ブレーキレバーを放すと、スイッチのロッドが押されてスイッチ回路がOFFになりブレーキランプが消えます。
ブレーキを握るとロッドが飛び出てONになる仕組み。

このブレーキスイッチが奥にずれてしまって、レバーを放してもブレーキランプの回路がON状態のままになりランプが消えなくなります。


tact_ (6)
対策された左右のブレーキレバーブラケットに交換します。

ブレーキスイッチが収まる部分の形状が変更され対策されていますので、同様の不具合が発生しにくくなります。


tact_ (10)
完成

作業時間はおよそ30~40分ほど。
すでに10台近くの作業をさせて頂きましたが、リコールの不具合の兆候があった車両は今のところありませんでした。

それより、上の写真の隣のリフトに載っている「リード125」
こちらにも先日「改善対策」が届出されています。

当店ブログ記事 リード125 改善対策のお知らせ



スロットルワイヤーに水が入り、冬に凍りついてアクセルが戻らなくなるというものでしたが・・・
先日作業させて頂いた1台に、水が浸入していたものがありました

この冬は暖冬のようですが、ほんとに水が凍るほどの寒さになる前に対策させて頂きたいと思います

タクト、ジョルノのリコール作業と合わせ、お早めの作業の申し込みをお待ちしております!









関連記事