CB400SS チェーン、スプロケット交換

こんばんは。
店長の山口です


バイクのチェーンとスプロケットの交換記事です。
これ9月の作業・・・


cb400ss_12t_201809 (3)
患者様は、ホンダCB400SS。

12カ月の定期点検で入庫したのですが、この夏に大阪から青森まで、海沿いを時計回りにぐるりと一周走ってこられた学生さんがオーナー様です。

いいねいいね
学生のうちにしか出来ないこと、どんどんやろう!

おっちゃんは応援するよー



実質ノーメンテで走り続けたようで、点検にレギュラーで入れて頂いている車両ですが、さすがに各部が傷んでました。

cb400ss_12t_201809 (5)
ドライブチェーンはこの有様・・・


cb400ss_12t_201809 (6)
チェーンに油分が全く無くなり、リンク部分も固着が始まっています。

こうなってくると、走ってて「ガチャガチャ」とかなり賑やかになるんですが、ずっと乗っているとそれもスタンダードになってしまうんです。
意外と気が付かないお客様も多いですね。

雨の中での走行など、チェーンが傷みやすい走行シチュエーションなんかありますが、
ざっくりと1000km走ったら給油しないといけない、
と思って頂いてちょうど良いかも?


cb400ss_12t_201809 (12)
交換に使用するチェーンは、シルバーメッキが施された強化チェーンに。

点検の見積もり段階では純正のノーマルチェーンでしたが、うまい具合に仕入れ先がセールをやってたので、純正と同じ価格でご提供しました

cb400ss_12t_201809 (13)
もちろん給油は必要ですが、少しメンテをサボってもノーマルよりは長持ちしますからね。



cb400ss_12t_201809 (9)
多くの機種はカバーで隠れて見えない、本来ならチェーンのオイルでベトベトになっていることが多い、前側のドライブスプロケット周り。

完全にドライ状態でカピカピに。


cb400ss_12t_201809 (18)
ドライ状態で延々と回され続けたスプロケット。

歯の部分の偏摩耗が進んでいましたので、前後ともセットで交換します。

この時、スプロケットをエンジンのカウンターシャフト(出力軸)に留める役目をする「フィキシングプレート」も新品に交換しましょう。
「フィキシングプレート」の内側のギザギザも少しずつ摩耗していきます。

繰り返し再利用を続けると、エンジン側のカウンターシャフトの溝(スプライン)にダメージを与えてしまい、最悪の場合、カウンターシャフトの交換となってしまうケースがありますよ。

つまり、エンジン降ろしてミッション分解って事態ですね

バイク用品店などでチェーンとスプロケットを交換する場合、チェーンやスプロケットの在庫商品はあっても機種ごとのフィキシングプレートの在庫が無くて再利用してしまうことが普通になっているようです。



cb400ss_12t_201809 (19)
カバーに隠れて、普段は外から見えないドライブスプロケット周辺。

見えないからと、ここが汚れたまま新品部品を組み込む作業は大嫌いヽ(`ω´*)ノ彡☆
チェーンスライダーも含め、アライグマモードでキレイキレイ(笑)



cb400ss_12t_201809 (15)
後ろ側のドリブンスプロケットも新品になって、超リフレッシュ♪

走りも快適になるよーヽ(≧∀≦)ノ


確認だー


cb400ss_12t_201809 (29)
はい、テスト走行での夕焼け空です♪

秋の夕焼けはステキです。
ついつい、見入ってしまいますね~



2018_1008 (29)
秋ですねぇ















定休日前の今晩は、先週お客様から頂いたツーリングでのお土産をご紹介

いつもいつも、ありがとうございます!



2018_1008 (31)
淡路島、たまねぎせんべい

これ、お気に入りになりました♪
ごちそう様でーす


2018_1008 (33)
宝塚のきなこ餅

お餅にずっしり密度感?って言うのかな?
なんだか高級~♪

美味しゅうございました



2018_1008 (32)
琵琶いち(琵琶湖一周)ツーリングに行かれたお客様から、近江八幡の有名どころのを♪

土日祝日は、買うのも一苦労だったはず。
ありがとうございまーす



そして、、、

2018_1008 (8)
白馬からのお土産(笑)

ハリーポッターが世に出てから、この系列に世間は寛容になりましたね~
昔だったらお母さんに怒られます


2018_1008 (10)

鼻くそか~

おこじょの鼻って、こんなデカイ?



・・・あ、
どうでもいいっすね

頂きまーす!





では~




関連記事