VFR750R(RC30)30周年記念ヘルメット!

こんにちは~!

4月です!

もう!(笑)

3月は怒涛の車検、メンテナンス、カスタマイズのラッシュ。
そして後半は販売の方もラッシュとなり、いよいよバイクシーズン到来の忙しさとなりました

ありがとうございます


さてさて今日は店頭でもPOPでお知らせ中のプレミアムなヘルメットのお知らせ!





Rrc30_rx7_1.jpg

Arai RX7‐X RC30

Hondaより限定ヘルメットの発売です。
以下、商品説明

「この度、往年の名車 RC30の発売から30周年を記念し、RC30カラーのヘルメットを発売いたします。
根強いファンの皆さまや、名車への憧れをお持ちだった方々にも、きっとご満足いただける商品としました。
ベースとなるヘルメットは、アライヘルメットの最上級モデルRX7‐Xを採用。
受注期間限定のシリアルナンバー付き限定ヘルメットとなります。
サイズは、S、M、L、XLの4サイズ。
希望小売価格 72,360円(税込)
商品のお渡しは8月下旬ごろとなります。」

Rrc30_rx7_2.jpg

Rrc30_rx7_3.jpg

Rrc30_rx7_4.jpg

Rrc30_rx7_5.jpg

Rrc30_rx7_6.jpg

Rrc30_rx7_7.jpg


受注期間は、4月23日(日)まで


お早めにご検討下さいね
当店での販売価格等もお尋ね下さい。


ところで、、、
RC30(VFR750R)って、なに???
という方、

こんなバイクです。

Honda RC30 5

[ウィキペディアより抜粋]
1987年7月24日発表、同年8月31日発売。型式名RC30。
プロダクションレースのベース車両として発売されたホモロゲーションモデル。日本では販売価格が148万円と量産車としては当時最高のものだったにもかかわらず、内容的には破格なもので1,000台限定の販売枠に購入希望者が殺到し抽選により販売された。
ワークスレーサーRVF750を強く意識したデザインならびに軽量化が実施され、チタン合金製コネクティングロッド・マグネシウム合金製シリンダーヘッドカバー・FRP製・フェアリング・航空機廃材をリサイクルしたジュラルミン材によるハンドル・ステップ・各種ステーなどストック状態でレース出場が可能な装備と性能を保持する。
エンジン型式はRC07E型のままであるものの圧縮比を11.0にまでアップさせるなど各種チューニングが施され、スペックは最高出力77ps/9,500rpm・最大トルク7.1kgm/7,000rpmとなる。




今でいうところの

rc213v_s0407.jpg
RC213V‐S
2000万円を超える価格や抽選での販売など、なかなか手に入れたりなんかはもちろん、実車を見ることすらも難しいモデルですね

cbr1000rrsp20407.jpg
新製品 2017 CBR1000RR SP2
新型CBR1000RRの実質はレースホモロゲーションモデル。
こちらも国内での販売は抽選になりそうな気配。
直4エンジンなので、ちょっと違うかもですが、限定でレースの為にって事では近いかな?

当時ホンダのV型4気筒モデルはレースで常勝を誇っていました。
あの独特のサウンドは好き嫌いの分かれるものではありましたが、好きな人にとってはもうV型じゃないと絶対ダメってくらい脳裏に焼き付いていますよね~

そんな憧れのバイクをイメージしたプレミアムなヘルメット、この機会にぜひ手に入れて下さいね



関連記事