新型GROM カスタマイズ

こんばんは!

先月発売されました新型GROM、まだまだ、街を走っているのを見かけるのは少ないですね~

GROM1_20160602224156cd9.jpg

店頭では非常に好評で、欲しいな~というお客様が多く、GROM乗り予備軍の方が多そうです

そんなお客様に、購入のきっかけになれば・・・の、キャンペーン

先月末、6月30日をもって終了しました
DSC_0561.jpg

「原付2種 1.9%特別低金利キャンペーン」


当店では本日より、同様の内容でご利用可能となりました!!

対象機種は、「GROM」 「PCX125」 「リード125」 「ディオ110」 に、「クロスカブ」が追加となりましたよ。

車両本体にカスタマイズも追加してお得にお支払い頂けるチャンスです



ということで、今日は納車待ちになっている新型GROMのカスタマイズのご紹介。

2016_07_12grom (102)
まずは、カスタマイズカタログに載っている 「純正リヤキャリア」 08L70-K26-B21

こちら、当ブログに問い合わせを頂いていて、旧型GROMとの互換性を質問されていたのですが、あいにくタイミング良く旧型GROMが店頭に無く、新型だけでの検証・・・
ですので、はっきりとした判断はまだ出来ませんが、部品番号が新型と旧型と違いますので、メーカー的には互換性なしの判断です。

2016_07_12grom (96)
シートを外して、リヤ周りの変更点を観察。

フレームにあるステー類、ボルト位置などは旧型と変わらない印象ですが、大きな違いを発見!

旧型ではバッテリーケースの前の小物入れ周辺にあった「バンクアングルセンサー」が、新型ではテールランプの前方(シートレール最後端)に移動しています。

2016_07_12grom (97)
カッコ良くなったリヤフェンダーで外から見ても分かりませんが、「バンクアングルセンサー」が下に少し出っ張ることになるので、フェンダーレスキットなどは供用が難しいのでは・・・



2016_07_12grom (112)
定番のリヤトップケース。
リヤキャリアの前後の長さが短めですので、トランクベースをしっかり固定出来て、なおかつシートの着脱がスムーズに出来る取付位置を探って装着。
あまり後方にトランクベースを取り付けると、走行中にグラグラ揺れるので注意です。


2016_07_12grom (106)
カスタマイズカタログに掲載の「キタコ ヘルメットホルダー」 0SS-ZH-08618400

ミラーにヘルメットをかけて、ロックできます。


2016_07_12grom (118)
旭風防製 ミドルスクリーン
こちらは旧型用として販売されていたものを使用しています。
構造上、流用は容易かな? と思いましたが、バッチリ装着可能


2016_07_12grom (68)
OVERレーシング エンジンスライダー

こちらも旧型用として販売されていたパーツですが、エンジンとマウント周りが旧型と同じと判断して取付。
(先日メーカーからも互換性ありの情報でましたね♪)

2016_07_12grom (66)
他のメーカーからもスライダー、ガード系のパーツが出ていますが、この製品はエンジンだけではなくフレームにもボルトマウントされ、肉厚で頑丈そうなアルミ削り出しのマウントベースにスライダーが付きますので、立ちゴケはもちろん、転倒時にもダメージ軽減に効果がありそうです。

エンジンのボルトにだけで装着されるタイプだと、立ちゴケの時は大丈夫でしょうけど、転倒滑走時にガードを装着していたことが原因でエンジンに深刻なダメージを与える可能性も考えられますので、少々お値段はしますがこちらをお勧め!


2016_07_12grom (70)
ナビマウントと電源アウトレットを装着して、プチ旅仕様に
(サンヨー ミニゴリラ用)

ナビやスマホのバイクマウントも、ご相談頂ければベストをお探しいたします。


2016_07_12grom (119)

ひとまず、完成


慣らしが終わったら、マフラーを装着予定とのこと♪
yosimuragrom.jpg

楽しみ楽しみ



そして・・・・
当店2階展示場の片隅には、こんな状態のGROMが・・・

2016_07_12grom (1)

カスタマイズ待ちのGROM、多いんです・・・

そりゃ、街で走ってるの見かけないですよね(笑)


関連記事

カスタムペイントは打ち合わせが大事ですよ。

こんにちは!

先日ご紹介したCB1300スーパーボルドールのパニアケースカスタマイズ。
実はカスタムペイントのご依頼も頂いていまして、今日はそちらのご紹介!


お客様のペイントイメージは、スズキの隼(ハヤブサ)。

b88a7b2c.jpg

漢字で書かれたデザインを取り入れたいと・・・

いろいろお話をお伺いしたのですが、お客様の頭の中にあるイメージと、私の頭の中に出来てきているイメージが、はたして同じなのか疑問になることが良くあります。

お客様と私のイメージに違いがあると、ペインターさんに塗装を依頼する段階で大げさに言うと三者三様のイメージを持って施工することになり、出来あがってきたものがお客様の持っているイメージとかけ離れてしまうことになります。

イメージの伝言ゲームですね・・・


出来るだけお客様が 「こうなったらいいな~♡」 とお考えのイメージに近づけたいですので、イメージのすり合わせのために当店に出来る範囲でいろいろな打ち合わせをさせて頂いています。


今回は隼(ハヤブサ)のような漢字を入れたデザインということでしたので、どんな文字を入れるのかお客様に何通りかお伺いしておりました。

「黒飛馬(こくとば)」 「御旗楯無(みはたたてなし?)」 「御旗号(みはたごう?)」

・・・デザインの仕方によっては、なんだか怪しげなものになりそう


ひとまず、私もぜんぜんイメージに具体性が持てないので、ネットで毛筆漢字のイメージデーターを拾ってきて、パソコン上でいろいろいじってみます。

パソコンでのデザイン加工を特別勉強したことなんか無いのですが、イメージの共有、具体化、完成したものをお客様のイメージ通りのものにしたいですので、画像加工のフリーソフトなんかを使って悪戦苦闘・・・(笑)


kokutobasisaku.jpg

三つの候補候補のうち、いちばん暴○族ちっくでは無さそうな 「黒飛馬」 に決定。
これを加工ソフトで変形させたりして何パターンか作ります。


アルファベットフォント試作

アルファベットの表記の「KOKUTOBA」も作ってみました。
エクセルでやってるところが初心者?


パソコン上試作

バイクの写真を撮って、パソコン上で文字とラインを入れた画像を作ってお客様にみて頂く参考資料とします。


イメージ考察

パソコンの中だけでのイメージだと、実際に塗装が可能なのかアナログ的な事が確認できないので、いろいろなパターン、大きさで適当に紙に印刷したものを実車に貼りつけて撮影。
その画像にラインを入れたものを印刷し、これもお客さまとの打ち合わせ資料に入れました。


お客様とのイメージ共有の打ち合わせで判明したことが、もっとなんて書いてあるか分からないくらいに文字を崩しても良いな・・・ということ。
自分のバイクを見る人が、書いてある漢字を読もうとして、もっと見てくれるのが理想とのこと (笑)


概ねのお客様がお持ちのイメージの確認出来ましたので、塗装作業にトスします。


で、出来あがってきたのが!

CB1300SBCP.jpg
かなり書体を崩してみましたが、その方が正解な良い感じです


さっそく仕上がったカウルを取付したいところですが、その前にもうひとつお客様からのご要望作業を実施します。

カウルステー修正1

以前、軽く転倒されたときの影響だと思われる、カウルステー(メーターステー)の曲がり。
ハンドルのセンターと、メーターのセンターがずれてしまっています。

写真は分かりやすいように写していて、実際はほんとに微妙なずれなのですが、こういうの一度気になってしまうと乗る度に目に入って来て憂鬱になりますよね~

ちょうど良い機会ですので、ついでに修正してしまいましょう。

カウルステー修正2

はい!
ばっちり、ど真ん中~


CB1300SBCP1.jpg


CB1300SBCP2.jpg


CB1300SBCP3.jpg


CB1300SBCP4.jpg

完成~

納車の際、次のカスタマイズの打ち合わせが始まったのは言うまでもありません・・・(笑)




関連記事