ワルキューレ を ワルキューレツアラーに

こんばんは!店長の山口です。

5月の更新が出来なかった分、今月はがんばりますよ~(笑)

・・・って、5月のお仕事の記事なんですけどね



4月に、GL1500ワルキューレを他店にて手に入れたお客様がパーツのご相談で来店されました。

ワルキューレパニア (5)

ワルキューレの純正パニアケースが手に入らないかな? 、と・・・

んっ・・・?
純正アクセサリーパーツ?ですか??

・・・スミマセン
GL1500ワルキューレは、アメリカホンダにて製造されていた輸入車で、当店で扱う機会が少なかったもので最初はなかなか的を得たお答えが出来ず・・・

ほんの一時期、国内仕様としてアメリカホンダから輸入してきて日本仕様として販売していましたが、当店ではGL1500ゴールドウイングが主流でしたから、経験値低いです。


お客様に情報を頂きながら調べてみると、標準でパニアケースを装備した、ワルキューレツアラーというモデルがあり、この純正パーツを利用してパニアケース装着が出来ないのか調べてみることに。


う~ん・・・
パーツ展開図からは、ワルキューレツアラーのパニアケースやそのステー類はボルトオン装着が出来そうに読み取れるのですが、いかんせんパーツがメーカー欠品だらけ。

在庫があっても、あり得ない金額だったり・・・
製造がアメリカホンダですので、部品価格も高くなります。

金額や日本国内の在庫状況をお知らせして、ご検討いただくことになったのですが、しばらくしてお客様から、

「店長!ヤフオクにパニアが出てるんですけど、これ使えます??」

なんて、ご連絡が!


ヤフーオークションに出品されている写真や説明を確認してみると、一部細かなパーツは不足しているようでしたが、メーカー欠品の部品や高額な部品の多くは揃っているようです。

落札予想価格と必要になりそうなパーツ、作業をシュミレーションしてみてお客様にお伝えしました。


ワルキューレパニア (4)
無事、オークションにて落札~

パニアステーは中古品、パニアケース本体は開封した新品?
他、3点ほど未開封の新品部品といった、不思議な組み合わせの商品ではありましたが、無事に使えそうです。

ワルキューレパニア (9)
ボルト類、パニアケースのヒンジ、ロック部分、ラバー部品など、不足部品は新たに注文しました。
一部バックオーダー部品はありましたが、5月の連休明けにはすべて入荷!

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、車体色と手に入れたパニアケースの色が違います・・・

はい!
塗装に出しちゃいます!

Inoue-Factory (井上製作所)

ワルキューレパニア (14)
塗装から仕上がって来たパニアケース。
ピンストライプ部分もペイントで仕上げています。

純正の塗装の場合、ピンストライプ部分はステッカーになっているのですが、パーツで手配すると片側だけで5000円以上の部品代になります。
仕上がりのクオリティーと費用を考えると、そりゃペイント仕上げでしょ~!

こういった仕事を快く引き受けてくれる、頼りになるペイント職人さんです!

CB400SB_tank.jpg
ちなみに、上の画像は「CB400スーパーボルドール」の燃料タンク。
こちらの赤のストライプも純正だとステッカーになっているのですが、これもすべてペイントのみで仕上げてあります。
ストライプの中の「CB」の文字もクッキリで、腕前サイコーです。


ワルキューレパニア (17)
車体に装着してみました。

純正以上のクオリティー!

ワルキューレパニア (18)
完成~

オーナー様は、毎日お昼にお弁当を買いに昨日の記事でもご紹介している、当店お隣のお弁当屋さん、「おべんとプラザ」さんに立ち寄られるのですが、パニアケース装着でバイクをお預かりしている間、ほぼ毎日ワルキューレに会いに来られました。

パニアケース以外にも、ちょっとしたカスタマイズと修理をご依頼頂いてましたので、少しずつカタチになっていくカスタマイズを見ては、

そりゃもう・・・うれしそうな顔!


作業をさせて頂いている、こちらも・・・

も~!にやけちゃいますやん!(笑)



バイク屋で良かった~!
と、思う瞬間であります。

ありがとうございました
関連記事