お客様のもとへ出張カスタマイズ!

こんにちは!
店長の山口です。

まだまだ寒い日が続きますよね~


先日VTR250にお乗りのお客様から、「グリップヒーター」と「ナックルバイザー」の取り付けについてご相談を頂きました。

このお客様、VTR250を介護のお仕事での移動にお使いになられていて、ご相談に来店頂いた時も利用者さん宅への移動途中で、ほんとに忙しそう・・・

ひとまず、「ナックルバイザー」だけでも付けたいってことだったのですが、残念・・・移動の時間となってしまいました~

いつもこんな感じですので、お店近くの介護施設でのお仕事の日時をお伺いしておきました!

ええ!
ナックルバイザー程度なら、現地でチャチャッと付けちゃいます!

VTR_visor (2)
オーナー様、介護施設で勤務中にコソ~と任務遂行~(笑)
ナックルバイザーは、VTR250用は設定がありませんので、FORZA Si用を使用しました。

VTR_visor (3)
右側はポン付けでOK!

VTR_visor (4)
左側はクラッチ操作の兼ね合いで、ステーで少し位置調整出来るようにしてあげて装着しました。

VTR_visor (8)
は~い!完成!

あとはグリップヒーター取り付けが残ってますが、オーナー様の今の忙しさだと取り付け出来るころには春になってるかもですね・・・



ところで・・・

お客様のお仕事先まではバイクのほうが便利で早く行ける場所でしたので、

タクト試乗車 (2)
当店試乗車、新型タクト にて出撃

ついでに試乗インプレを少々・・・(笑)

今回はブレーキ。
メーカー商品解説やカタログでも、せいぜい「コンビブレーキシステム」について定番の解説ですので、実際に今までの他の50ccスクーターと比べてみた感触を!

ブレーキが良く利きます!
いや・・・利かせやすい、といった方が良いでしょうか?

そう感じる原因はおそらく、これ↓

タクトブレーキ
新型タクトのブレーキレバーです。

全長が長めで、しっかりした大型のものになっています。

トゥデイブレーキ
こちらは、Todayのブレーキレバー。
今まではこんな感じが普通でしたが、見比べると頼り無いですね・・・

新型タクト、実際に使ってみると分かる良くなっている部分が多いんですよね~♪

sizyousyatakt.jpg
ご来店お待ちしております
関連記事

新製品タクト 乗ってみました~♪

こんにちは!

今日も タクト ネタで!(笑)

当店のブログにカスタマイズネタをご希望のお客様も多いと思いますが、しばらくご辛抱を~
それほど、この新製品にはショップとしましては、期待大!なのです~

50ccスクーターをお考えのお知り合いがいらっしゃいましたら、ぜひともご紹介くださいませ!



タクト試乗車 (3) 

試乗車が用意できましたので、まずはスタッフで体感試乗してみましたよ!


まずは気になる、新型水冷e-SPエンジンの動力性能から!
これは発進スタートするときから、現行モデルのトゥディやジョルノに搭載される 「空冷エンジン」 に比べて、明らかな違いが分かりますよ~

タクトのエンジン最高出力は、4.5馬力。
トゥディなどの空冷エンジンでは、3.8馬力ですから、当然予想されることですが、それ以上の差を感じるぐらいです。

それも、ビュンッ!って唐突に力が出る怖い感じではなく、しっかり制御された出足で、走り出したらどんどんトルクで加速していくイメージです。
安心感があって、それでいて速度も出ている効率の良いエンジンです。

これは燃費も「クラス最高」を謳っているだけあって、期待できそう!


e-SPeng1

e-SPエンジン テクノロジー図鑑
ホンダHPの、Honda自慢の「e-SPエンジン」技術紹介ページです。
なるほどね~
そりゃ、燃費も馬力も耐久性、さらには環境性能も良くなるね~!
な、内容です。
少々専門的な内容もありますので、お好きな方はどうぞ~!






機械的なことや技術的なこと・・・そんなの良くわからな~い
って、お客様がほとんどだと思いますので、このタクトに搭載されているエンジンの良いところをまとめますと!

①発進から最高速度まで、現在主流の原付50ccスクーターの中では一番元気です!

②それでいて、パワーの出し方がスムーズで安心感としっかり感がある。

③乗って分かるほど効率が良さそうなので、燃費も良さそう!(これは今後実態調査します!)

④エンジン音が静か!振動も少ないですよ!

⑤エンジンをかける時の、スターターの「キュルキュル」って音もしないので、早朝深夜でも隣人を起こさずに済むかも~

ざっとこんな感じですが、試乗車でぜひとも体感して頂ければ、さらに納得かもですよ



そして、当店としてこのエンジンに期待している部分としましては、トゥディやディオ、ジョルノなどの「空冷エンジン」搭載の機種にお乗り頂いている一部のお客様に大変ご迷惑をお掛けしています、「カーボン噛み」現象によるエンストやエンジンがかからないといった故障も、このタクトに搭載されるe-SPエンジンだと発生しない可能性が高いことです。

この「カーボン噛み」現象なのですが、50ccという小さな排気量で昨今の排気ガス規制に対応させたエンジンですと、特定の使用条件でどのメーカーのバイクも発生しうる事象でして・・・
当店のお客様でも、「暖気運転をしないで、すぐにめいいっぱいで走る」「近距離の往復が多い」「坂道が多い」などの使用条件の方に発生する事があって、使用条件が変わらなければ再発する可能性があるやっかいなものです。

新型タクトは、メーカーでこのような事象の対策を考えて開発されたエンジンですので、開発担当者も「発生しません!」って自信満々でしたよ!

実際にユーザー様がお使いになられた時の、細かな部分まで考えられているバイクです!


是非是非、試乗にご来店下さ~い


関連記事

新型タクト 試乗車ご用意しました!

こんにちは!店長の山口です。

2月になって、また寒くなりましたね~


先日の記事でも話題にしておりました、新型タクト ですが!
当店では、試乗車 をご用意致しました~

タクト試乗車 (2)
試乗車は、アイドリングストップシステム装備の「パールジャスミンホワイト」です!

タクト試乗車 (5)
もちろん、ナンバープレートは高槻市のご当地ゆるキャラ 「はにたん」ナンバー で決まりです♪

「バイクが好きだ。」ステッカーも貼って完成で-す。

実はこの「はにたんナンバー」ですが、最初に高槻市役所にもらいに行った時は・・・

はにたんナンバー
「よんよんよんきゅう」・・・

気になる方は、とっても気になる、 と  です。
 が入っていないだけマシなのかもしれませんが、せっかく色々なお客様に乗って頂きたい試乗車ですから、ナンバーの変更をお願いしました。

市役所や陸運局で発行されるバイクのナンバープレートは、まだ「希望番号制度」などが無いため、基本的に順番での発行となります。
嫌いな番号が発行されても、一度受け取ってナンバー変更の手続きをしないといけません。

42 の番号なんて、ほとんど変更されて使わずに返されてるんじゃないでしょうか・・・

もったいないですね~


タクト試乗車 (18)
この試乗車には「アイドリングストップシステム」が搭載されていますので、是非是非試乗して頂いて体験して頂きたいと思います!



btn-mov02.jpg
今日もホンダHP タクトスペシャルコンテンツから動画をひとつ!
新型タクトベーシックの、足つき抜群のローシートについて動画で分かりやすく紹介しています。





関連記事