6月最終日!サクサクと解決?

こんばんは!店長の山口です。

今日で6月も最終日!
私、昔から6月ってあんまり好きじゃないんですよね~
だって、カレンダーに祝日が無いじゃないですか・・・
カレンダーにキレイに並んだ日曜日の赤と、その他平日の黒。
あれって憂鬱になりません?

まあ・・・祝日がお店の定休日と関係の無い今となっては、どうでもいいんでしょうけど・・・

やっぱり、ねぇ~
雰囲気は大事です!


さてさて、その6月もなんとか乗り切れそうな最終日。
なぜかサクサクと仕事が進みました~


hatudennki (1)
ホンダの発電機の修理です。

ホンダ汎用製品の修理、販売もやってますよ!

この発電機、なぜか交流100Vだけ出力されない症状で、修理お預かりとなったのですが・・・
エンジンは快調だし、直流12Vは正常に出力されてるし、もしかしてめっちゃ厄介・・・?

てなことで、バタバタと忙しい週末は作業を保留して今日改めて診断してみたのですが・・・

・・・な~んや

難しく考えすぎでした・・・
原因は恥ずかしくて言えません!

完了!!




それから、こちらは約3週間お預かりしている車両・・・

SV400 (2)
2003年式 スズキ SV400

って言っても、外装、外してますから分かんないですよね

この車両は12カ月点検でお預かりしたのですが、点検の完成検査の際、エンジンがヒートしてくると微妙にエンジンの燃焼がバラついてくるのを確認。
お客様に確認すると、「そう言えば、だんだんとそんな症状が出てきてました~!」とのことでしたので、原因を探しました。

V型2気筒エンジンのフロント側の燃焼が悪くなっているのを確認。
まずはキャブレターかな~?と、いうことで診断していくと、アクセル低開度時の燃料を調整する「パイロットスクリュー」がフロント側だけ調整値が1回転多く開けられているのを発見!

お前か~!

犯人見つけたり~で症状確認してみますが・・・あれ?直って無い・・・
残念!外れです

他店で中古車で購入されたバイクですので、なんかトラップ無いかな?って感じですね・・・
怪しいところを消していきたいので、念のためキャブレターの分解清掃をして同調調整してみました。

エンジンがヒートするまでは、すこぶる快調になってうれしいのですが、症状は消えず・・・


こうなってくると電気か~?
幸い2気筒で、片側が調子悪くなるってことですので、2対ある電装部品をそれぞれ測定して、得られた値の差を確認してみましたが・・・う~ん、ほぼ同じ・・・

スズキのサービスへ連絡して、マニュアルの基準値などデータをもらって確認。
どれも、なんとな~く基準値内っていう中途半端な結果。

なんか、あれもこれも怪しく思えてきます。
かといって、あれもこれも交換~!なんて診断はね・・・最低です。


はい!
一から確認作業のやり直しです!

1回目より、もっと細分化して確認。
測定値だけでは当てにならない部分もありますので、2対あるものも細分化して犯人探しです。

これは無いやろ~!・・・なんて部品も確認作業に入れていきます。





出ました!
これは無いやろ~な奴が犯人・・・

測定値もなんとなく基準値、片方の同一部品との差もほぼ無し・・・
でも車体の中で使用環境が微妙に違うことによって豹変する意地悪なヤツ!

SV400 (4)
念のため、テスト走行!

直りました 犯人確保~

やれやれ・・・


SV400 (5)
オーナー様、お待たせしました!
週末にやっと納車が出来そうです~


こんな感じで、今日はなぜか、サクサクッ と悩んでた作業が完了しました。

ヘビーなカスタマイズや、ちょっと手の込んだ作業を一時お待ち頂いていたお客様!
明日・・・いやっ 

今週の定休日明けより、順次進めてまいりますので、今しばらくお待ち下さいませ!

関連記事