KTM 660ラリー ファクトリーレプリカ

こんにちは!店長の山口です。

今日も若干の過去記事ですが、あんまり古新聞にならないうちに・・・


今日は、外車です!

それも、ちょっと普通ではありません(笑)

KTM660RALLY (5)
2006年式 KTM660RALLY FACTORY REPLICA

オーストリアのメーカー KTM がパリダカールラリー等のラリー用に開発した競技専用車両です。

当店と長~いお付き合いをさせて頂いているお客様が数年前に手に入れて、年に数回ですが北海道などのツーリングに使用されているバイクです。

あれ・・・?
競技専用車両なのに、なんで公道走れるの?

って、私も最初は思ったのですが・・・

これですね!↓
「売りたし KTM 660 RALLLY」

お客様は購入価格など詳しいことは意地悪して教えてくれませんが(笑)、
パーツリスト、サービスマニュアル(日本語じゃありません・・・)、
車検に対応させた時の雑誌の記事?・・・など、資料をすべて私に預けて、

よろしくねっ 

・・・なんて言って頂いて、現在も当店にてお世話させて頂いているバイクです。

当店のお客様でしたら、当店ピットにいつまでも置いてあるのをご覧になられた方も多いのでは?
よく前を通る近所のチビッ子の一人は660ラリーのファンで、

「あれ~!今日はオレンジのバイク無いの~?」

なんて言うぐらい、なんか目立つバイクです。
何回も過酷なラリーを完走している車両なので、何かしらのオーラが出ているのでしょうか~?


なんせ、当店は一応ホンダのディーラーショップですから、外車、それも普通ではない競技専用車両を公道仕様にしたバイクを整備するとなると、何をするにも下調べ、検証、実物確認って感じで作業しますので、毎回時間は掛かってしまいます。
年の三分の一は、ピットに居座ってたんじゃないかな・・・

最近は慣れてきて、そうでもないですが。


今回は車検を機に、各部を徹底的に整備することになりましたので、ちょっと入院期間長めでしたが完成しました!

660rally tank
全部で4個あるガソリンタンクを外して・・・

DCIM0104.jpg
丸裸になってもらい整備開始!
競技モデルなので、外装の取外しは非常に効率的に出来てます!

ひとまず、ゴムホース、パッキン類、樹脂パーツなど経年劣化のありそうな部品をチェックして、交換していきます。

660rallycab.jpg
キャブも分解して、徹底的に整備!

660rallyrs.jpg
リヤサスペンションユニットも、取り外してオーバーホール。
フロントフォークもオーバーホールしちゃいました~

そして今回の作業でいっしょにやっておきたかったのが、ヘッドライトです。

660rallyhl.jpg
写真は660ラリーに元々装着されていたヘッドライトユニットです。
このヘッドライト、毎回車検の時に苦労させられます。

もともと競技用のライトですので、厳密には日本のライトの基準には適合していません。
この車両を公道仕様にした当時は、それでも検査合格していたのですが、年々検査場でのヘッドライトテストの精度が上がってきていて、もうそろそろ厳しいな~という感じでした。

ヘッドライトの調整も、左右一体で上下にしか出来ない構造というのも難点でしたので・・・

もう!造っちゃお!

660rallyhl2.jpg
んで、こんな感じに!

ライトユニットは、馴染み深いホンダのCBR400RR用を流用。
日本の公道仕様のバイクのライトですので、基準を満たしたレンズカットになっています。

ライトステーも同様に加工して流用することで、左右のライトをそれぞれ微調整出来る構造にしました。

KTM660RALLY (7)
いつも車検のたび、苦労していたライト検査も一発合格!
うれし~

KTM660RALLY (8)
ラリー車両ならではの装備!
実は私も、これいつ使うの・・・?と思う装備がありますが、雰囲気は大事!
動作確認はしておきました!

KTM660RALLY (2)
大柄に見えますが、めっちゃ軽いですよ。このバイク!
実は毎回、作業後のテスト走行が楽しみなのです。

フル加速させると、どっかに飛んで行きそう(笑)!

KTM660RALLY (1)
オーナー様、今年は去年お休みしてしまった毎年恒例の北海道ツーリングを再開されるそうです!
いいね~

整備、バッチリ完了しましたよ!


関連記事