本日は年内最後の営業日です!

皆さん、おはようございます!店長の山口です。

本日は当店、年内最後の営業日となっております!

PALSWING.jpg

本日の営業は、午後5時 (ぐらい)まで、とさせて頂きます!

大変ご迷惑をお掛け致しますが、宜しくお願いいたします。
本日は、大掃除です!

もちろん例年同様、まだ仕上げ作業や納車の業務が残ってたりはしますが・・・


先日のCB1100エンジンペイントの仕上がりはこんな感じに!
20131227 (3)
20131227 (7)
ん~!ちょっとツヤが出すぎかな?
他と比べて、エンジンヘッド周りだけキレイすぎで浮いて見えますね~

気温が低いので少々乾燥させるのに苦労しましたが、ひとまず完成。
ツヤは経年とエンジン熱で落ち着いてくると思うので、大丈夫かな?

あとは、耐久性ですね。また剥がれてきたらショックです・・・


この年末は、ほんとにいろいろな作業をご依頼頂き、ありがとうございます!

パイロットロード3F
ミシュランタイヤ パイロットロード3 へのタイヤ交換もご依頼頂きました。

パイロットロード3R
リヤタイヤはこんな感じ!

タイヤのトレッドパターンのデザインに好き嫌いが出るタイヤですが、お勧めですよ!
ツーリングスポーツ用タイヤとしては、最近ではなかなかの良いタイヤです。

当店のお客様のインプレッションで多いのが、
「乗り心地が良くなった!」
「サスペンションを性能の良いものに交換したような感じ!」
「ハンドリング、取まわしが軽くなった!」
「雨の日のグリップはもちろん、走り始めの初期グリップも良い!」

等など、好評です!

X4LDPR3.jpg
今回は、ホンダX4-LDに装着しました。
当店ではタイヤ交換の際、基本的に作業完了後にテスト試乗をさせて頂いています。
作業の確認と、タイヤの初期の皮むきも兼ねています。

タイヤ交換直後、お店から出発する際に新品タイヤが滑って転倒されるお客様がまれにありますので、保険的意味合いです。(交換直後のタイヤは、ほんとに滑ります。)

その際、パイロットロード3のフィーリングも確認させて頂きましたが、操縦性が重たいイメージのX4がすごく軽快に感じました。
また、軽快な感じの中にまったりとした安定感もあるという、ツーリングスポーツタイヤとしてはかなり優秀なタイヤですね。

今回で私がフィーリングテスト出来たのは3機種目ですので、どれも良い印象でしたからハズレは無いのでは!


あと、こんなことになってしまった燃料タンク・・・
cb400sstank1.jpg

満タン時のガソリンの量も減ってしまいそうな大きさの凹みです。
タンクの交換で見積りすると・・・
約8万円

高すぎです・・・

幸い塗装の剥がれが無いので、何とか修正出来ないかな~?と、調べてみると・・・

デントリペア・ナカノ ひっぱり君
なんてものを発見!

内容を見ると、「うそ~こんなんで直るん?」な内容ですが・・・

まあ、ものは試しにやってみました!

cb400sstank.jpg
はいっ!どうだ!

ほんとに直ってしまいました!
良く見ると若干の波打ちは見えますが、交換や板金塗装に比べれば費用は安く済みますよ!

作業には、少々のコツと時間、それに絶対に直ると信じる心が必要ですが(笑)


なんか、板金塗装屋さんのブログのようになってますが、当店は普通のバイクショップです!


あと、CB1000SFのフロントホイールとステアリングステムのベアリング交換もご依頼頂きました!
CB1000SF1.jpg
分解されたベアリングたち。

バイクの車体のセッティングはリヤからといいますが、フロントフォークも含めたフロント周りの整備は、直接ライダーの腕で感じられる部分なので、効果を体感しやすいですよ。
もちろんリヤ周りの整備も、クッションユニットのオーバーホールも含めてお任せ下さい!

CB1000SF3.jpg
このCB1000SFオーナー様、ホンダの「バイクが好きだ。」ステッカー貼りまくり!ステキです。

このステッカー、当店にてお好きな方にお配りしていましたが、残念ながら在庫がなくなりました。

お次は!
SL230.jpg
SL230のエキゾーストパイプに、「マフラーバンテージ」の巻き付けをしました!
ノーマル状態でもマフラープロテクターが付いていますが、それでもかなり高温になり薄手のパンツやレインスーツなどが当たってしまうと溶けてしまうことがあります。

見た目より実用とのオーナー様のご希望で、エキゾーストパイプの足が当たりそうな所に、耐熱断熱素材を巻き付けて対策!


その他、まだまだご紹介できる作業や情報があるのですが、ページが長~くなってしまいますので、また来年!

今年もたくさんのお客様にご来店頂き、たくさんのお仕事を頂きました!
ありがとうございます!



新年は、1月5日(日) より、通常通り営業させて頂きます!
営業時間は、AM10時~PM7時30分までとなります。

皆さん、良いお年をお迎えくださいね!


関連記事

今日はクリスマスイブ!

こんばんは!店長の山口です。

今日はクリスマスイブ!
あいかわらず寒いですが、お天気も良く、街もクリスマスムードですね~!


今日の納車は・・・
CB400SB.jpg
CB400スーパーボルドール

クリスマスの夜に納車なんて、なんだかクリスマスプレゼントみたいで羨ましい!

ずっと400ccクラスのベストセラーを続ける人気機種ですが、大型バイクが買えてしまう本体価格でちょっと考えてしまう機種なのですが・・・

今年デビューした、CBR400R CB400F 400X の価格を抑えた3兄弟が発売されても、今なおホンダ400ccクラスのトップに君臨する名車ですね!

確かにスタイリングは、同じルックスの兄貴分、CB1300スーパーボルドール と比べても、個人的にはデザインバランスが良いように思います!
先日、ツーリングでたまたま並走したCB400スーパーボルドールを見ながら、「やっぱりこのバイクかっこいいなぁ~」なんて思ってました!

事故で乗り換えることになった2台目のバイクですから、今度はながく乗って頂きたいですね!




で、今日もまたまた特殊な作業をやっておりました。


CB1100 (5)
ガムテープや新聞チラシに囲まれて、なんだか良く分からない状態ですが・・・

CB1100のエンジンなのですが、こんな感じで・・・
CB1100 (3)
シリンダーヘッドやシリンダーの塗装が剥がれてきたんですね~

せっかくの美しい空冷エンジンの造形も台無しです・・・
デビュー初期のロットの一部に塗装の下地が悪く、こうなってしまうものがあります。
多少の剥がれは、経年劣化である程度仕方がないものではありますが、今回タッチアップでの補修ではどうにもならないほど剥がれてきましたので、吹き付け塗装を実施することとしました。

写真は、塗装直前のマスキング、下地処理中のものです。

CB1100 (7)
エアスプレーガンで、メーカーより取り寄せた同色の耐熱塗料を吹き付けていきます。

このあと、簡易焼き付けをして仕上げるわけですが・・・

私、こういった作業が大好きでして、最初はマスクをしてシンナーをなるべく吸わないようにしていたのですが、だんだん夢中になってくるとマスクがずれてきても気にせず作業続行・・・
空冷フィンの裏や柱、エンジン積載状態で塗装が出来るところをなるべくリペアしてあげたい!
どんどん、キレイになっていくエンジンを見ていると楽しいのもあり・・・


ちょっと、シンナー吸いすぎ・・・

あぁ・・・なんだか気持悪い・・・
らりってしまいそう~(笑)


皆さんも、DIYで塗装したりするときは気をつけましょう・・・



でも、仕上がりが楽しみ楽しみ





当店の年内の営業は、
12月28日(土)PM5時まで

と、させて頂きますので、年内に修理しておきたいな~というお客様はお早めにお願いいたします!


関連記事

オーリンズのフロントフォーク

こんにちは!店長の山口です。

この三連休、クリスマスムードで皆さんお出かけですか~?
いつもより道路の渋滞がひどいですね
なにかと忙しく気持ちに余裕の無くなる師走の時期ですので、バイクでお出かけの方は気をつけましょうね!


当店も連休中はたくさんのお客様から、修理のご依頼を頂いておりましてピットがオーバーフローしかけております

年内の営業は、
12月28日(土)PM5時まで

と、させて頂きますので、年内に修理しておきたいな~というお客様はお早めにお願いいたします!


今日、整備完了したバイクは・・・
RSV4F.jpg
アプリリア RSV4ファクトリー

V4エンジンを搭載したスーパースポーツバイクです。
いつまでたっても出てこない、「ホンダV4スーパースポーツMotoGPレプリカ」を待つ身としましては、非常にうらやましいバイクです。

今回は、このバイクの自慢の装備のひとつ、OHLINS(オーリンズ)製フロントフォーク(オーナー様曰く「金の延棒」)の修理です。

RSV4 (6)
フロントフォークのオイルシールから、フォークオイルが漏れてきました

フロントブレーキにフォークオイルが付着して大変危険な状態

通常のフロントフォークだと、修理用の部品をバイク本体メーカーの補修パーツとして入手できて、当店でも修理可能なのですが、オーリンズ製フォークはサスペンションメーカーであるオーリンズ、またはオーリンズ製サスペンションをオーバーホールする為の部品を入手できる専門業者に依頼することとなります。

このRSV4のパーツリストにも、フロントフォークはアッセンブリー(フォーク丸ごと)しか記載は無く、リペアパーツはバイクメーカーから通常入手できません。

ですので、
RSV4 (3)
車体から取り外してサスペンションサービスに送ります。(まさに金の延棒!

RSV4a.jpg
漏れたフォークオイルやブレーキダストで、コテコテのブレーキキャリパー・・・

RSV4b.jpg
クリーニングして点検整備します。 (オーナー様風にいうと、金塊?)

RSV4c.jpg
金の延棒(オーリンズフォーク)と金塊(ブレンボ モノブロックキャリパー)の合体!(笑)

いや~!かっこいい!
Moto-GPでは、この組み合わせで無いと勝てないといわれるコンビですね!


そういえば・・・
先日の「東京モーターショー」で出展されていた、あのバイクも!

CBR1000RR-SP.jpg
CBR1000RR-SP

前後サスペンションがオーリンズ製。フロントブレーキキャリパーもブレンボ製の組み合わせ!
一人乗り専用のシートフレームで、スポーツライディングに特化したCBR!
その他、いろいろ現行モデルから変更点あり!

来年発売となる予定ですが、当店ではメーカーより発売前の情報が来ていますので、ご来店のお客様のみお知らせ致しますよ!
当然限定車ですので、早い目のアクションがお勧めです!


久しぶりに、これはいいわっ (店長の独り言・・・)

関連記事

VTR-F パールサンビームホワイト納車しました!

こんにちは!

昨日はこのバイクを納車しました!

VTR-F (5)
VTR-F
ここのところ、当店では販売好調の機種ですが、パールサンビームホワイトはお初になります。

VTR-F (4)
無限リムステッカー (品番0SK-ZX-YK07 3,990円)
リムの赤いストライプが入るだけで、かなりスポーティーなイメージになりますよ!

DSCN0040.jpg
ノーマル状態はこんな感じ。


そうそう!白いバイクといえば、先日久しぶりに・・・

DCIM0158.jpg
FAZE Type-S  も、納車させて頂きました!

新製品のFORZA Si に価格的にも近い存在なので、最近は商談が減り加減でしたが特徴的なスタイリングに魅力を感じられるお客様も多い機種です。




雪のイメージの白いバイクが続いていますが、只今当店の展示はHOTですよ~!

DCIM0164.jpg
2階ロフト展示場は、CRFシリーズの「エクストリームレッド」!

DCIM0161.jpg
1階ショールーム入口では、グロムの「パールバレンテインレッド」、リトルカブ55周年限定車の「ファイティングレッド」がお出迎え!

DCIM0155.jpg
展示場正面では、クロスカブの「ファイテンングレッド」がカスタマイズ割引プランのPOPをぶら下げてお待ちしております。誰か僕をカスタマイズして~(笑)

ZOOMER-X.jpg
しばらく展示在庫を切らせていた、ZOOMER-Xの「ゲイエティーレッド」も入荷!

DCIM0105.jpg
今年の新製品 FORZA Si の「グローイングレッド」も入荷してきました!
ブレーキキャリパーまで赤いです。


てな感じで、熱い ホンダレッド な展示でご来店をお待ちしておりますよ!




関連記事

リモーションHID

こんにちは!店長の山口です。

早くも12月。今年も大詰めですね~
今日はグッと気温も下がって、山沿いでは雪が降るかもしれないとか・・・

前回の記事を書いてから、寒さのせいかお客様のご来店数も減ってしまって
ブログ更新する時間はいくらでもありそうなもんですが、そこは当店の冬の風物詩!

カスタマイズ、重整備のご依頼のラッシュ

ありがとうございます。



はい、ブログ放置の言い訳終了~


ということで、今日は日の短い冬には安全のためにも効果の大きい
「HIDヘッドライトバルブ」の取付です。

HID (4)
上の写真はデビュー以来、当店では販売好調の VTR-F と FORZA Si です。

実は、2台とも「HID」の取り付けで整備リフトに載っています。

オートバイ用HIDは、いろいろなメーカーから販売されています。
代表的なものは、ホンダの製品カスタマイズカタログにも紹介されている PIAA でしょうか。
ホンダの機種ごとに取付ステーや配線などがセットになっていて、取付もやりやすくなっています。
ただ、お値段が少々高めかな~

インターネットのオークションや通販サイトだと、かなり安いものもありますね。(3000円とか!)
ほとんどが、中国などのアジアで製造されたものだと思いますので、信頼性がちょっと疑問・・・
このあたりの商品は、壊れてもご自身で取付&取外しが出来る場合OKかと思いますが、手間ですよね。

当店では、製品の信頼性、故障時の対応、価格など総合的に判断して、「リモーション」 というメーカーの商品をお勧めしています。
*上記リンクのホームページは、「MSインターネットエクスプローラー」で開くとなんだか変な表示になります。他のブラウザだと問題ないんですが・・・

kit_h4_hi-lo1.jpg
一番取付可能機種の多い、「H4」タイプのハイビーム/ロービーム切替式の場合

どのタイプも   29,800円  均一!

色温度 は、4300k、6000k、8000k の3種類が用意されていて、どのタイプでも価格は同じです。

2年間のメーカー保証がついていて、実際に故障が起こった時の対応も非常に親切!
また、ここはショップもされているので、実際に装着事例のある機種の相談もスムーズです。

もう何年も、このメーカーのHIDを使っていますが、製品のバージョンアップも随時しているようで、製造は海外で行ってコストを下げているようですが、サービスを含めた品質は下げないポリシーを感じます。


PIAAやソーラムなど有名どころのメーカーのHIDは価格が高くて二の足を踏むけど、あんまり安いのも品質、保証とその対応に不安・・・と、いったお客様にはお勧めですよ~


HID (3)
これは、VTR-FのライトユニットとHIDバーナー装着部分。
ここの処理がファジーなHIDはダメです。
この製品はしっかりしていて、誤組みも発生しにくい構造です。

HID (2)
バラストは、VTR-Fの場合、工具置き場の隣に設置しました。
設置場所は他も考えられますが、防水や振動、熱やHIDから発生する電磁波の影響等を考えて決定。
どうせ他の配線も同じ場所にあるので、収納性は期待できませんしね。

バラストもバージョンアップごとに小型化してますが、すごく小さいというほどではないですね。
耐振動性能、防水性、耐熱性などを落とさず、軽量小型化するのは難しいですからね。
やたら小さいバラストの製品は、このあたりが不安。

HID (6)
FORZA Si にHIDを装着する場合、だいたいこんな状況になります。
ライト周りの外装部品に加え、バッテリーまで配線を通しますので、取り外す外装部品が多くなります。
工賃的にも、他の機種に比べ高くなる傾向です。

今回は、新車購入時の同時装着ということで、工賃割引にて装着決定

HID (7)
作業中の点灯確認! 眩しいっ!
この FORZA Si には、6000kの「デュアルキット for スクーター」をチョイス。

45493e08095c52939cebd696b60d60331-300x200.jpg
ビッグスクーター用にキット内容を最適化した製品です。


先ほどのVTR-Fは、4300kの色温度を選択しました。
色温度は、高くなれば明るくなるというものではなく、高くなれば段々青くなっていく感じです。
500px-Color_temperature_svg.png

実際のライディングの際、いろいろな状況での見やすさ優先であれば、4300k
HID付いてるぜ!の満足感と、実用性のバランスでは、6000k

というのが、当店の選択基準です。
スミマセン 8000kはまだ、付けたこと無いですね。


FORZAsiHID (1)
はい!完成!

夜間はもちろん、夕方や日中も明るいヘッドライトは他の車に自分の存在をアピールできて、安全にも役に立ちますよ!
もちろん、カスタマイズ感もアップですね


関連記事