産休明け復活整備!

こんにちは!店長の山口です。

2週連続の3連休、皆さんいかがお過ごしですか?
気温も下がって、バイクに乗っていても秋を感じる季節になりましたね~
連休中はたくさんのお客様にご来店を頂いていて、うれしい悲鳴を上げております。

ありがとうございます~

ただいま当店は、3連休の間に毎月1回の第三木曜日の定休日が入っていたこともあり、またまた業務圧縮状態に陥っていて、なかなかブログまで手が回らない状態になっております。
微妙に古新聞記事になってしまいますが、お許し下さい。


今日は、当店のお客様のバイク復活整備について!

DCIM0060.jpg
CB400SS スペシャルエデション!

オーナー様は女性のお客様で、働くお母さんライダーです。
約3年前にお二人目の妊娠のお話とバイクの相談を頂きました。

出産からお子さんがある程度成長するまで、バイクに乗ることが難しくなるのでどうすればベストか?と、いうものでした。

バイクを手放すつもりは無いということでしたので、まずはバイクの保管処置をしておくこととしました。
それから、保険や税金のこともありますので、一度ナンバーを返納して車検を切ってしまって税金と自賠責保険の節約。
任意保険も解約して、中断証明書を申請しておき、再開時に中断したときと同じ割引率の等級から契約できるようにしました。


そしていよいよ復活のご依頼を頂きましたので、ご自宅までバイクをお引取りに伺いました!

3年間全くバイクを見ていない・・・と、いうことでしたので、バイクカバーを外すときは少々ドキドキものでしたが、保管処置をしていましたので放置バイクによくある錆や腐食は少ないものでしたよ。


ただ・・・
DCIM0059.jpg
マフラーに、なにやら土のようなものが詰まっていますよ。

これは、「土蜂」という種類のハチが、巣作りをした痕です。
しばらく置いてあるバイクのマフラーに、よく作ります。
あまり大きい排気口のマフラーには作らず、原付のマフラーぐらいがちょうど好みのサイズのようです。

CB400SSは、ちょうどハチの好みのサイズだったようですね。
オーナーさんと同じく、こちらも出産子育てですか!

幸い、みんな巣立ちしたようで、巣の中はお留守でした。
(中にまだいらっしゃるときは、虫類が苦手な人にとっては悲鳴ものの状態になります・・・


DCIM0065.jpg
劣化している燃料タンクのガソリンを、新しいものに抜き変えます。
保管前にガソリンは満タンにしていましたので結構な量が出てきます。

これは、ガソリンタンクの中の錆防止の為で、タンク内に空間を作らないことで結露による水分の発生を抑えて防止する狙いです。
他に、タンク内のガソリンをすべて抜き、防錆剤を内壁にたっぷり塗布する方法もあります。

長期保管の際、ガソリンは結構厄介者で、キャブレター内に少しでも残っていると、それが原因で錆や腐食の元となってしまいます。
この車両のキャブレターは、保管前に清掃して保護剤を注入しておきましたので、バッテリーを新品に交換してあげれば、セルスタート一発で始動できました。

DCIM0067.jpg
外装を取り外し、各部の点検をしていきます。
保管整備の際に、しっかり保護剤で処置しておきましたので、スポークホイールによくある錆、アルミ製のエンジン本体の腐食もほぼ発生していませんでした。嬉しい~

DCIM0096.jpg
ナンバーを返納して車検も切っていますので、車検整備も実施します。

DCIM0097.jpg
通常の車検とは違って、保管状態のチェックの意味合いが強くなります。
主にグリス類、ゴムパーツの劣化や、錆、腐食がないかの確認になっていきます。

DCIM0098.jpg
フロントホイールのベアリングなど長期保管の場合、錆び付いていることがありますので、分解して確認、新しいグリスに変えて組み込みます。

DCIM0102.jpg
リヤ廻りも同様に分解整備。
ドラムブレーキの中が錆だらけってこともありますので、チェックしていきます。

状態が良いので保管処置成功ですね! ニヤニヤしながらやってます。


整備が終わったら、いつもの寝屋川陸運局検査場へ!
CB400SS1.jpg
CB400SS2.jpg
検査もな~んの問題も無く、ストレート通過!

新しいナンバーを申請して完了です!


オーナー様は復活にやる気満々
納車の翌日には、当社主催の 「ライディングスクール」 に参加されて、復活完了です

sc-011.gif

*年内のライディングスクール開催は、10月21日(月)、11月18日(月)の残り2回となります。
 初心者の方メインのスクールですので、安心してご参加下さい!



しばらくバイクに乗ることが出来ないぞ・・・という場合、そうなる前の処置と対策で復活するときの手間と費用が大きく変ってきますよ。

お悩みの方や、すでに放置状態になりかけている方は、是非、ご相談下さい。



関連記事

VT750Sの展示車

こんにちは!山口です。

今日は朝から良い天気!
これからは、昼夜の温度差が大きくなってきますので、皆さん体調管理に注意ですね。
PALS20130909.jpg


ここのところ、「VT750S」 & 「VT400S」 の展示車を探されているお客様が多いようです。
VT400S.jpg

最近は、この機種の店頭展示があるショップが減ってきていて、実車を確認してみたいお客様がよく当店にご来店されます。

実は、当社のドリーム店2店舗でも現在展示車の常備が無い状況で、VTを探して来店されたお客様に
「ニューホンダパルス高槻店にVT750Sがありますので、見に行って見ますか?」
と、ご案内しているからです。


そう、店長山口の愛車が「VT750S」で、毎日通勤でも使用中だから!

VT750S1.jpg
こんな感じで、いつでもすぐに見れるように店頭に置いてますよ。

VT750S2.jpg
雨の日でも毎日乗ってきてますので、よほどのことが無い限り常時展示中

当ブログの過去記事に、私のインプレッション記事もあります。
VT750S 店長山口号インプレ(その1)
VT750S 店長山口号インプレ(その2)

いいバイクなんですけどね~
多分、定番のバイクでは無いからなんでしょうけど・・・


で、先日当店へ本店から案内されてVT750Sを見に来て頂いたお客様に!

VT400Sご成約  を、頂きました!

ありがとうございます


じゃっ!早速メーカーに車両注文です!
(展示が無いので、当然店頭在庫も無しですから・・・)


「え~と、到着予定日が・・・」

「ありゃ~!10月の予定となってます

せっかく決めて頂いたのに、お待たせすることになってスミマセン~


人気定番機種では無いが故の、受注生産状態のようです。

この秋、VTでツーリングをお考えのお客様はお早めに!


関連記事

GROM即納車 入荷しました!

こんにちは!
今朝は、2020年オリンピック 東京開催が決定しましたね~
楽しみ楽しみ


なんだか今週末もスッキリしない天気です。

VTR250B.jpg
昨日は雨の合間に、ここのところ販売好調な「VTR250」をお届けに行ってきました。

お客様宅での納品説明が終わったところで雨がまた降り出し、オーナーさんの初乗りはお預けとなってしまいました
今日は午後から晴れてきましたので、初乗り完了とのこと。
ちょっとクラッチのつながるタイミングが好みではないということで、クラッチレバーの調整をさせて頂きました。

多くの機種は、クラッチ、ブレーキのレバー類、シフトやリヤブレーキなどペダル類の位置や高さの調整が出来るようになっています。(調整出来ない機種もあります。)
初めてのバイクの場合、バイクに慣れてきた頃合でこれらを自分に合わせて調整すると、各操作がスムーズに出来ますよ。

クラッチレバー

取扱説明書にはレバーの調整方法だけ記載があります。ペダル類はサービスマニュアルにしか記載が無いので、調整出来ないものだと思っている方が多いですね。

調整方法など遠慮なくご相談下さいね。




今日の本題!

メーカーの生産がなかなか追いつかず、ご迷惑をおかけしておりました 「グロム」 ですが、
DCIM0072.jpg
やっと、即納在庫 が出てきました~

今のところ「パールクイーンビーイエロー」の1台だけですが、じわじわと受注に追いついてきましたよ!


そのまま、ノーマルでも充分楽しいバイクなのですが、やっぱり皆さんの購入動機の中には「カスタマイズ」がありますよね~

当店では、すでにいろいろパーツ取付を試しています。

最近では、

DSCN9627.jpg
バックステップやアルミスイングアームの取付、やってみました~!

DSCN9463.jpg
DSCN9464.jpg

日本のカスタマイズパーツメーカーのアイテムも少しずつ発表されていますが、やっぱりタイなどアジアからのカスタマイズパーツの価格が非常に安いため、パーツ選びに悩むバイクでもあります。

今回のスイングアームとバックステップは、「X-SPEED」というメーカーの商品をそれぞれ違う仕入先から入手しました。

う~ん・・・

パーツ自体のクオリティーは、お値段を考えれば充分納得のいくレベルなんですが、詰めが甘いというかジャパンクオリティーを期待していると、カワイク裏切られます(笑)
(上のスイングアームの写真のチェーンスライダーなんか、笑っちゃいますよね

ボルトが足らなかったり、サイズが違ったり、流通過程で付いたものと思われるキズが多かったり・・・
また、同じ商品でも仕入先でとんでもなく値段が違ったり・・・
輸入品なので値段の違いは仕方ないですが、高いところから買ったら状態が良いかといえば逆だったり・・・


カスタマイズに慣れていないと、まだ、ちょっと不安な状況ですね~


当店でグロム購入のお客様には、こういったカスタマイズのフォローもさせて頂きますよ!
DSCN9467.jpg




関連記事

VTR-F 売れてます!

お久しぶりでございます!
店長の山口です。

お盆明から当店は、怒涛の販売&カスタマイズラッシュとなりまして・・・

そりゃもう、たくさんのお客様にご来店頂き、バイクのご注文やカスタマイズのご依頼、修理のご依頼を頂いております。


ありがとうございます~


と、そうなってくると、プレイングマネージャーな立場の私・・・ブログ更新が後回しに・・・

スミマセン!おかげさまでブログネタは山盛りなのですが、更新はもうちょっと落ち着いてからということで・・・
あんまり古新聞にならないうちに、ガンバリマス!



で、8月後半から、当店では 「VTR」 シリーズの販売が好調です!

VTR.jpg
この春、ハーフカウルを装備した「VTR-F」が追加、カラーリングも変更された伝統のVツインエンジン搭載のクォーターです。

お盆明けから、3台ご制約を頂き、その内お一人はカウルレスのVTRからのお乗換えのベテランさん。
あと、お二人はこの度当店にてバイクデビューの若手ヤングライダーさんです。

バイク選びの際にお二人ともに聞かれたのは、「CBR250R」 と 「VTR」 初めてのバイクで選ぶならどっち? でした。

う~ん・・・難しい

CBR250Rのスタイリングが好み、とか、シングルエンジンならではの軽快さとテイストが好き、とか、限定モデルの「レプソル」や「無限」や「モリワキ」のカラーリングに惚れた!というのでなければ、当店ではVTRがオススメですね。

理由は、なんと言ってもエンジンです。
1982年発売の 「VT250F」 より続く、熟成に熟成を重ねた、Honda伝統のVツインエンジンが搭載されていることですね。

このエンジン、永年バイク便のバイクにも選ばれ、昨今の厳しい排気ガス規制の中でも生き残り、昔から初心者からベテランライダーにまで選ばれ続けてきた逸品です。
初心者ライダーにも扱いやすく、耐久性にも優れています。
将来的にバイクを乗り換えるときにもエンジンのトラブルが少ない為、下取、買取価格が安定していることも理由ですね。

また、このエンジンにあわせて設計されたVTRの車体が素直で楽しいです。
将来的なライディングテクニックの上達にも、基本に忠実な特性が手助けになるはず!

微妙にCBRより足つきも良いかな?

あとは、V型エンジンが好きな私の個人的な好みも少々・・・



ということで、納車整備です。
DSCN9604.jpg
このVTR-Fは、盗難警報機アラームキットの取り付けと、スマートフォンホルダーを装着します。

DSCN9602.jpg
こんな感じで、ハンドルにスマートフォンホルダーを装着。
メインスイッチに連動したUSB電源も装着していますので、携帯電話の充電をしながら使用可能です。

DSCN9612.jpg
スマートフォンをつけるとこんな感じ。
これは、アイフォン5用のホルダーです。

防水機能が無いオーソドックスなホルダーですので、電源取り出しとあわせても部品代は4000円前後。
ひとまず、バイクでスマートフォンを使ってみたい方のお試しにはリーズナブルです。

当たり前ですが、走行中に画面を見ながらは危険です!
社会問題になっている、携帯見ながら運転の無法自転車と同じにはならないで下さいね!


ちなみに私の場合、タンクバッグに入れてますので、走行中に見るには視線を下にしないと見れません。
視界に入ると、どうしても見てしまいそうなので・・・


と、いうことで納車準備完了です!

DSCN9655.jpg

バイクライフのスタートに当店をお選び頂き、ありがとうございます



困ったこと、分からないことは当店へ!がんばりますよ~



関連記事