シートのカスタマイズ

こんばんは!

今日は変な天気ですね~
明日も、こんな感じみたいなんで、要注意ですね。


今日はバイクのシートカスタマイズについて。

DSCN9061.jpg
上の画像は、フォルツァのカスタマイズシートです。

DSCN9064.jpg
中古車でご購入頂いたフォルツァを、納車整備と同時にカスタマイズ!
少しシートの状態が良くなかったので、お客様と相談してオリジナルの表皮にしました。

DSCN9063.jpg
シート本体の形状はそのままで、表皮のみを変更しています。
座面のシルバー部分はメッシュ調で、タックロールという製法で作製。
サイド部分のブラックは、エネメル調で作製。それぞれの接合部分にはパイピング加工もしています。

シートが変ると、ガラリとイメージが変りますよ。
それから、ノーマルの表皮よりしっかりしていますので、耐久性も良さそうです。

このカスタマイズで、29,800円でした。
純正シートを丸ごと交換するよりリーズナブルで、楽しみもありますのでお勧め!



また、ノーマルシートだと、乗っていてお尻が痛くなると、いったお悩みも、シートカスタマイズで解消できるかもしれませんよ!

lineup02-3-01.jpg
「PLOT ゲルザブS/SS」

上の画像は、PLOTから販売されている「ゲルザブ」という商品で、座圧分散、振動軽減に効果のあるゲルを使用しています。
これを、シート表皮を剥がして内蔵させることで、ノーマルとほぼ変わらない外観で、お尻の痛さを改善できる可能性があります。


また、ノーマルシートのスポンジを根本的に変更して、低反発ウレタンとアルファゲルなどを使用して対策することも可能です。同時に形状の変更も出来ますので、足つき性改善の調整も可能。

当店では信頼のおけるシート加工業者2社と取引がありますので、ご予算、仕上がりや加工内容にあわせて、ご提案いたします。



(注)シートの形状変更は、ライディングポジションの変更にもなる場合がありますので、オートバイ全体のバランスを見て検討する必要があります。
カスタマイズは、変更パーツだけを見て実施すると思いがけない失敗があることもありますので、しっかりとした打ち合わせが必要ですよ!
相談だけでも、遠慮なくお問い合わせ下さい。




関連記事