2013年式 CBR600RR逆輸入車 入荷!

こんにちは!店長の山口です。

先日もチラリとお知らせ致しましたが、このマシンが入荷してきました!

2013 CBR600RR
2013年式 CBR600RR 逆輸入欧州フルパワー仕様


DSCN9077e.jpg
特徴的なフロントマスクに賛否両論でしたが、なかなか他に無くてカッコイイ!

DSCN9107.jpg
フロントカウルを少し上から見るとライトが目立たなくなり、MOTO2マシンのような感じに見え斬新です。

DSCN9109.jpg
横から見るとこんな感じ!凝った造形ですね~

DSCN9085.jpg
マフラーエンドの口径は、国内仕様より大きくなっています。フルパワーの証!(119PS)
ノーマルマフラー派は、逆輸入車が良いかもですね・・・

DSCN9079.jpg
フロントフォークは、現在主流になりつつあるBPF(ビッグ・ピストン・フロントフォーク)をこのモデルより採用。
タンク上面のコーションマークも国内仕様とは違っています。

DSCN9083.jpg
スイングアーム左側のコーションマークも大きいのが、デデンッ!と貼ってあります。
思わず剥がしたくなる大きさですが、オーナー様はあえてこのままが良いとのこと。

注)この車両は売約済み車両となっています。ショールーム内展示をしておりますが、跨ったり触ったりはご遠慮下さいね。


現在、国内入荷済みの在庫が輸入車卸業者にまだ少しある状態ですので、夏休みまでに手に入れたいとお考えのお客様は間に合いますよ!

当店に入荷している「トリコロールカラー」と、ソリッドカラーの「ブラック」が、
車両本体価格 1,380,000円(税込)です。

国内では限定車としてリリースされた、「レプソルカラー」が、
車両本体価格 1,450,000円(税込)となっています。

輸入車検査や登録、自賠責や税金などの諸費用の合計が、約134,000円です。

トリコロールカラーで、合計 約150万円となります。


国内仕様のトリコロールカラーで、当店の場合、総額約112万円ですので、差額が約38万円ほどになります。

う~ん・・・マフラー変えたり、サブコン付けたりすると、あっという間に差が無くなっちゃいますね。
国内仕様をセミフルパワー化するより、逆輸入車のほうが初期費用はお得なのかも・・・


あっ!ツーリングや峠道で普通に楽しみたい、一般的なスーパースポーツバイクビギナーさんは、パワー特性がマイルドで乗りやすく、メーカー保証も2年間ついてくる国内仕様がお勧めですよ!
(逆輸入車にはメーカー保証はつきません。当店では1年間の保証を独自につけております。)

国内仕様を乗って、慣れてきてからフルパワー化していくという方法もあります。

当店では、国内仕様、輸出仕様、どちらもご提供可能です!
ご相談お待ちしております




【追加情報】
平成25年9月1日以降に生産された輸入車より、新基準の排気ガス試験が適用されることが決まりました。
このことにより、排気ガス試験費用が現在の価格から値上がりすることが確実な状況です。



関連記事