PCXのシートダンパー

こんにちは!

今日の高槻、山沿いは朝から雪がちらついてましたね~

今日は、PCXのシートダンパーのプチカスタムをご紹介します。

PCX125&PCX150をお使いのお客様から、よくお話を伺うのが、シートを開いた状態からハンドルを動かすと、ハンドルに開いたシートが押されて「バターン!」と閉まってしまう・・・不便なんだけどなぁ・・・と、いうお話。
中には、シートを開けてメットインスペースを覗き込んでいるときに、シートが閉まってきて後頭部をシートに強打されてしまったイタイお話も・・・

あるお客様から、「ネットでシートダンパーをつけた人がいるよ!」と、教えて頂き、私もいろいろ調べてみました。

割と簡単に出来そうでしたので、即実行!

まずは、シートヒンジを取り外して検証。
適当なスプリングを入手して、ヒンジに組み込んでみました。
DSCN7672.jpg
こんな感じ!

DSCN7673.jpg
反対側。

スプリングを内蔵するために、一部削ったり、曲げたりの加工が必要ですが、DIY感覚でも出来そうなレベルですね。

DSCN7677.jpg
本体に装着するとこんな感じ。ほとんど目立ちません。

スプリングの反力調整は曲げ具合で調整しますが、シートオープンスイッチで全開に開くぐらいまで強くすると、使用過程で弱ってきそうですので、ほどほどにします。
毎回シートを開けるたびに、ハンドルにシートが激突していると、シート表皮が痛みそうですし・・・

DSCN7711.jpg
シートオープンスイッチを押すと、このぐらいまで開いてくれます。

DSCN7714.jpg
ハンドルロック状態でも、シートは開いたままでキープ。
これで、シートに手や頭を挟まれることもありませんね

スプリングは使用していると少しずつ弱ってきますので、その都度微調整は必要になるかもしれませんが、これでお悩みひとつ解消です。

費用は、部品代、工賃込みで、約7千円で可能ですよ。

自分で加工するのは面倒!という方は、遠慮なくご依頼下さい!

*この作業は、当店へご来店頂けるお客様限定で実施させて頂きます。



関連記事