2017 CBR1000RR SP

こんばんは!
山口です。

昨日の更新は、なんだかなにかとやること増えちゃって、更新日偽造のお時間になったのでスルー

定休日の今日は、少し残っちゃったお仕事と、ぜひとも行きたい九州阿蘇ツーリングのために、愛車CBR1000RR(SC59)の荷物積載カスタムをしたくてお店に来ちゃいました~ヽ(´∀`)ノ

良いお天気でしたので、まっすぐお店には来ませんから(笑)
ま~た夜に更新じゃん。
あれ~?



今日は先日納車させて頂いた、

2017_0930 (109)
CBR1000RR SP

の紹介


「トータルコントロール」
このキーワードをもとに開発されたホンダフラッグシップスーパースポーツモデルです。

Moto-GPワークスマシンから、市販レプリカ「RC213V-S」にフィードバックされた電子制御システムを、このCBR1000RR SPも受け継いで発売となりました。

他メーカーに比べて、電子制御システムの市販車への採用が少なかったHondaですが、ここにきて一気に搭載。
制御項目を少しずつでは無く、全部一気にというところが「トータルコントロール」を謳う理由でしょうか?

まあ・・・
細かな説明はメーカーさんのホームページにお任せしま~す



納車整備の様子を少し。

2017_0930 (35)

CBR1000RR SPは、リチウムイオンバッテリーを搭載しています。
画像は専用充電器で充電しているところ。

軽くて、大電流を取り出せるっていうメリットもあるのですが、少々取扱いが厄介ですかね・・・
充電には専用の充電器が必要です。
また、バッテリーあがりの際も、バッテリージャンピングは出来ません。(壊れます)
充電された代わりのバッテリーでエンジン始動するしかないという・・・

アシストスリッパークラッチを装備していますので、押し掛けも出来ません・・・

ツーリングユースでお使いの場合、通常のタイプのバッテリーに変更しておく方が便利かもしれませんね。
スポーツ走行をメインの遊び方としている「SP」ならではの装備ということですね。
(CBR1000RRは普通のバッテリー)



2017_0930 (37)

外装を取り外してのオプション取付風景。
チタン製のフューエルタンクは塗装されていません。
通常の鉄製タンクのように錆びることが無いからでしょうね。
軽くするためにチタン製になったのですから、塗装も省いて軽量化かな?


2017_0930 (46)

リヤシート下(SPはリヤシートカウル)の収納スペースはさらに小さくなりました
ETC車載器が入ると、もう隙間になにか入れるぐらいしかスペース無いです。

まあ、それでもヤマハのYZF-R1よりは広いですね。
R1はETC車載器すら普通に付ける場所無いですから。


2017_0930 (6)

ブレーキキャリパーはブレンボ製モノブロックキャリパーを装備します。
ABSシステムはコーナリング時のブレーキや車体姿勢も制御します。

オーリンズ製倒立フロントフォーク、こちらも減衰力などを走行中に電子制御でコントロールしています。


2017_0930 (72)

フロントフォークの上端部のフォークトップ、減衰を電子制御でコントロールするパーツと配線が繋がってますので、ここは見た目で違いが分かります。


2017_0930 (47)

リヤのオーリンズ製リヤショックユニット(TTX36EC)
フロント同様、減衰力を電子制御でコントロールします。
リヤはコントロール部分が外から見にくいので、見た目は普通。


2017_0930 (68)

タンクカバーとシートの間、ちょうど車体の真ん中あたりに、「トータルコントロール」を実現するため無いと成立しないIMU(車体姿勢推定システム)というセンサーが入ってます。
専用のカバーで保護されていて、カバーには「精密機器が入っています。注意!」なんて書いてあります。

2017_0930 (99)

なんだか、たいそうなセンサーさんが鎮座しているのかと思いきや、ちっちゃな樹脂のケースのセンサー。
配管が何本も入るABSユニットの前に、ちょこんと居ます。
まあ、身近なものといえば、スマートフォンなんかにこれと同じ理屈のセンサーが入ってますね。
なので小さいですが、制御の要になるパーツのひとつですので、取扱いは注意です。


2017_0930 (53)

今回のお客様からのご依頼のオプションに、バイクを車に積む際のフックの取付がありました。
SPにはタンデムステップが装備されていませんが、シートレールがスタンダードと共通の為、穴だけは開いています。
ネジ山を作って簡単に取付可能です。
今回は、ベビーフェイス製レーシングフックを取付。

2017_0930 (56)

こんな感じで、ロープやタイダウンベルトなどで車両を固定するためのフックを付けました。
オーナー様、納車のときは車に積んで帰られました~

実際、僕たちもこれが付いてると助かります。
引き取りをさせて頂くときや、整備中に安定させる場合に使わせてもらえますから


2017_0930 (62)

それと、でっかいラジエター。
スーパースポーツモデルの多くのラジエターは、フロントタイヤ後方の全面に広がるくらいの大きなコアを持たせたラジエターを装備しています。

このラジエターコアがフロントタイヤが巻き上げる砂利などで、けっこうダメージ喰うんですよ・・・
私、山口のCBR1000RR、どんな道でもとりあえず入って行っちゃうオーナーの性格のせいで、ラジエターコアがあちこち砂利やら泥やら石やらで、もうボコボコ・・・ですもん

なので、

2017_0930 (61)

R&Gの「ラジエターコアガード」
ラジエターの前面に設置して、コアの破損を抑えます。
このメーカーは少し価格お安めです。

2017_0930 (65)

少し細かめの網を車種別の形状の枠で囲ったようなもの。
見た目を気にしなければ、ホームセンターで金網買ってきて作っても良いですよ(笑)


2017_0930 (88)

SPに標準装備の、リヤシートカウル。
カッコいいですね
ETCを搭載しましたので、中にはあと車載工具がなんとか入ったかな・・・


2017_0930 (87)

TFT液晶メーター。
採用されるモデルが増えてきましたので慣れてきましたが、CBR1000RRはここで「トータルコントロール」の制御部分を項目ごとに好みに調整できます。
かなり出来ることが多いので、覚えるの大変です

メーターの左上部分に外部の明るさを感知するセンサーが居ますので、ステッカーなど貼らないで下さいね。


2017_0930 (84)

LEDヘッドライト。
このお陰か、フロントカウルを取り外すのも簡単になりましたね。
他のカウル類も取り外し、取り付けともに分かりやすくなってて、トラップも少なめでした


納車の翌日、早朝からオーナー様は近くの峠道でシェイクダウン

2017_10041.jpg

ヨノコンかな?

まだ下ろしたての初走行なので、これからもっとインプレッションをお聞かせ頂けると思うのですが、とりあえず最初のインプレッションとして、オーリンズのサスが素晴らしいとのこと。

スーパースポーツとは思えないしなやかさで、峠道などの凸凹を見事に吸収してくれるので、安心してコーナリング出来るそうです。
ホンダのトータールコントロール、楽しませてもらいます

だって!


いや~~~
うらやましいー




待望の新製品 CBR250RR入荷!

こんばんは!

バイクで遊ぶには天候にもそこそこ恵まれた楽しいゴールデンウイークも終わり、明日は最初の定休日となります。
ゴールデンウイークの臨時休業日期間中は大変ご不便をお掛けしました~
ただいま、大変ありがたいことに、販売、メンテナンスともに多くのご依頼を頂いております

期待にお応えするべく、全力でご奉仕させて頂きます!


さて、当店の連休期間中の5月3日、奈良、和歌山方面にツーリングに行ってきました。

2017_5_3_7.jpg
奈良県の国道169号線、168号線で時計回りにぐるりと周って、新緑と絶景を楽しみながら走るルートで予定しましたが・・・

2017_5_3_3.jpg
途中で立ち寄った「針テラス」
もうバイクを止める場所がありません(笑)


2017_5_3_6.jpg
少々、ルート的には出発時間が遅かったことと、途中通行止め迂回路などもあり、この時点で時間がかなり押し気味・・・

2017_5_3_a.jpg

2017_5_3_b.jpg
予定していた釜めしは諦めて、途中の温泉のレストランで昼食。

2017_5_3_9.jpg

2017_5_3_4.jpg

2017_5_3_5.jpg

2017_5_3_2.jpg

「瀞峡」の絶景。
この時点で午後3時でしたので、このあと考えていた、世界遺産『果無(はてなし)集落』への立ち寄りは微妙~でしたので、諦めて168号線を北上

このルート、5月連休でも大渋滞するようなことは無く車は流れているのですが、ペースはまったりと遅め。
11台の隊列ですので、追い越しやすり抜けなどは極力控えますので、想像以上に時間がかかりますね

2017_5_3_d.jpg
2017_5_3_c.jpg
あとは、380kmほどと、それなりに距離はありますので、途中でガソリン給油をすることになるのですが、
(今回は169号線、168号線で2回給油)
ガソリンスタンドのスタッフさんがどちらも一人でしたので、給油時間もかなりかかっちゃいました。。。

2017_5_3_e.jpg
「足湯」と、立ち寄った道の駅でほぼ毎回食べた「こんにゃく」で、まったり


大阪に帰る頃には日もどっぷりと暮れ、
久しぶりに12時間以上バイクに乗ってたわ~(笑)
なんて皆さんに言われてしまいました

皆さん、ご参加ありがとうございました。
今回はちょっと計画が甘かったですね・・・
スミマセーン

でも、楽しかったです
ある意味で「思い出」にして頂ければヽ(≧∀≦)ノ

次回は夏に、しっかりと計画をしてお誘い致します!!(^-^)/






さて、今日は夕方遅くに、待望のニューモデルの入荷です

cbr250rr_5_9 (4)
いつもお世話になっている「ホンダ運送」さん。
本日最終便で到着です。

cbr250rr_5_9 (8)

cbr250rr_5_9 (13)

cbr250rr_5_9 (9)

cbr250rr_5_9 (20)

cbr250rr_5_9 (26)

cbr250rr_5_9 (22)

cbr250rr_5_9 (24)

CBR250RR

第一便、入荷致しました!

こちらは既にお客様からご予約を頂いている車両です。
次の便に、今日現在でごく少数ですが空きが有りますよ

ご検討されているお客様は、ぜひお早めに~


新型CBR250RR発表!

こんにちは!
店長の山口です。

Honda新製品の中で今年一番注目を浴びていると思われる、CBR250RR
いよいよ発表されましたね。

image-01cbr250rr.png

ホンダ広報発表資料より

Hondaは、新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を5月12日(金)に発売します。

 CBR250RRは250ccクラスのスーパースポーツモデルとして、CBR“RR”シリーズの思想「トータルコントロール~操る楽しみの最大化」を共通の背景としながら、「直感、体感、新世代“RR”」を開発コンセプトに、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計しました。

 エンジンは、低中回転域での力強さとスーパースポーツならではの高回転までシャープに吹けあがる特性を高次元で両立するとともに、高出力化を実現。スロットルグリップの開度を機械式ではなく電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初めて採用しています。

 車体は、剛性としなやかさを両立した鋼管トラス構造フレームを新設計。フロントに倒立タイプのサスペンションを、リアには左右非対称形状のアルミ製スイングアームと路面追従性に優れたプロリンクサスペンションを採用するなど、卓越した動力性能を余すことなく引き出せる操縦性を実現しています。

 スタイリングは、低く構えたフロント周りから後方に向けて高く跳ね上がる先鋭的なデザインで、力強さと速さを直感させる独自の存在感を表現。また、フューエルタンク後端部からシートへ繋がる部位の幅を大きく絞ることで足つき性の良さと取り回しやすさにも配慮しています。

 灯火器類は、独特な存在感のあるデュアルヘッドライトをはじめ、ウインカー、テールランプなどすべてに高輝度のLEDを採用し、先進性を演出しています。



正式なカラーラインナップは!

cbr250rr_0420 (3)
ヴィクトリーレッド

cbr250rr_0420 (1)
マットガンパウダーブラックメタリック


cbr250rr_0420 (2)
ソードシルバーメタリック


以上の3色で、それぞれABS装備の有無が選べます。

気になる価格は、

●メーカー希望小売価格 (消費税8%込み)
CBR250RR (マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
756,000円(消費税抜き本体価格 700,000円)

CBR250RR (ヴィクトリーレッド)
777,600円(消費税抜き本体価格 720,000円)

CBR250RR<ABS> (マットガンパウダーブラックメタリック、ソードシルバーメタリック)
806,760円(消費税抜き本体価格 747,000円)

CBR250RR<ABS> (ヴィクトリーレッド)
828,360円(消費税抜き本体価格 767,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません。



ヴィクトリーレッドのみ他の2色より2万円高の設定です。

結構良いお値段です・・・
でも、なんとなく価格帯の縛りがあった今までの250ccクラスの平均的な装備、性能を大幅に上回る内容ですので、ある意味では納得でしょうか。

そして、あんまり良いニュースでは無いのですが、正式発表より前の、販売店向けの先行予約の段階で・・・

年間販売計画台数の3500台をオーバー!

年内の生産が追いつくかどうか・・・微妙
と、アナウンスされています。


購入を検討されているお客様には、なんだか残念な感じのニュースですが、3500台がもう完売って意味では無いですよ~

あくまでも、全国の販売店が事前に既に成約を頂いているものも含め、在庫としてオーダーしているものを含んでの台数です。
メーカーでのフリーの在庫は年内確保が難しいという状況です。
つまり年内の生産分はすべて行き先の販売店が決まってしまっているということです。

と、言うことは・・・

お客様がCBR250RRを購入したいと思っている販売店が決まっているようでしたら、お早めにお声かけを!!!
ということになります。

当店でも先行予約でそれぞれのカラー、タイプで予約を入れていますが、そちらがご成約で埋まると・・・

来年!?
なんてことになる可能性があります。



現在、カラー別の人気は、上のカラー紹介で掲載した順番になっています。
1位 ヴィクトリーレッド
2位 マットガンパウダーブラックメタリック
3位 ソードシルバーメタリック


人気のあるカラーは納期に時間がかかるとも考えられますが、人気のあるカラーは生産数も多く設定していくはずですし、何とも言えない状況です。

ひとまず、ご検討のお客様は
お早めにお声かけをお願致します~



CRF250RALLY 納車しました!

こんにちは!

新製品 CRF250 RALLY を納車させて頂きました。

crf_rally_1704 (86)
例によってオプションパーツ取付の為、外装パーツを取り外しています。

今回のオプションご依頼は、

別体式ETC車載器の取付
リヤトップケースの取付
フェンダーレスキットの装着
ナビホルダー、電源の設置

と、CRF250ラリーで、いろんなとこへ遠出するぞ~ 
というお客様のご意向が見えてきますね

ぜひぜひ、いっぱい走って楽しんでもらいたい♪


今回のオプションの中で、事前に新製品のCRF250RALLYに装着確認が取れていたパーツはリヤトップケースぐらい・・・
そのあたりもメーカーやパーツサプライヤー、現物を確認しながらの作業となりました。


まずは、フェンダーレスキットです。
今年CRF250RALLYデビューと同時に、ベースモデルであるCRF250L、CRF250Mともに、リヤフェンダーの形状が変更されています。

crf250rally_fender2.jpg
2017年モデルのCRF250シリーズのリヤフェンダー
フェンダーデザインと共に、テールランプ、ウインカーも形状変更されました。
シャープになってカッコ良くなりましたね。

crf250l_fender1.jpg
こちらは以前のモデルのフェンダー周り。
テールランプ、ウインカーはNC700系のものと同じで、新型と比べるとちょっと重たいイメージ。

crf250l_fender2.jpg
新旧CRF250のリヤフェンダー周りの構造を調べると、画像のようなノーマルのテールランプを残したタイプのフェンダーレスキットは、流用できないことが判明・・・

しかし、テールランプ取付部分より前の部分、リヤフェンダーの根元部分より前側は新旧構造が同じです。

crf_rally_1704 (7)

ということで、本機発売間もない現状では、テールランプごと交換するタイプとなりました。
そのうちノーマルテールランプを使用できるタイプも出てくるかもですね。

crf_rally_1704 (9)
DRC モトレッド エッジホルダーキット を選択。

付属で付いてくるテールランプユニットはLEDになっています。
新型CRFになって変更されたウインカーのデザインとのマッチングは良好ですね。
テールランプユニットの防水対策に少々難ありのようですので、装着時に対策が必要ですよ。



crf_rally_1704 (35)
トップケースはカタログに載っている「ヘプコ&ベッカー」製のものに。

フェンダーレスキット装着の際に確認が取れたように、リヤフェンダーより前の部分は新旧同じようですので、既存の旧型用リヤキャリア等も取付が可能と思われます。


crf_rally_1704 (39)
装着時はこんな感じです。

バイクに跨る時、足をトップケースに引っかけてしまいそうですね・・・
シート高895mmとなかなか本気な高さですので、右足があたって立ちゴケになりそうな予感・・・

サイドスタンドの接地面が安定したところでサイドスタンドを立てて、左ステップに足をかけて跨れば楽ですかね。


ETC車載器はアンテナ別体式を装着。

crf_rally_1704 (47)
ETC車載器本体はこのような位置に。
ラリーはETC付けて遠出をしたくなるスタイリングですよね~


crf_rally_1704 (24)
ナビホルダーは所定の位置?に

ここに市販のハンドルクランプタイプのホルダーなどを装着しやすいように、メーター上のパイプ径がハンドルパイプ径と同じ22.2mmになっています。


crf_rally_1704 (25)

スクリーンとのクリアランスにあまり余裕がありませんので、ホルダー類がスクリーンに干渉しない位置を探して取付しましょう。


crf_rally_1704 (28)
crf_rally_1704 (54)

完成です。

独特のスタイリングが魅力
ご納車後、毎週のようにラリーちゃんに乗って頂いているようです♪

新製品 レブル250&500 発表!

おはようございます!

桜、高槻はそろそろ終盤ですかね?
この土日がお花見のラストチャンス!
お花見ツーリングに行きましょっ


さて今日は、店頭にご来店のお客様にはこっそりとご案内させて頂いたりしていました、今年発売予定のHonda新製品のなかで、ひょっとするとプチブレイクするのではないかな?と感じるモデルが昨日正式発表となりましたのでご案内です

rebel_01.png

Rebel(レブル)250&500デビュー

Honda広報発表
新型クルーザーモデル「レブル250」「レブル500」を発売


先月開催されました「大阪モーターサイクルショー」で、実車をご覧になられたお客様からも好評だったモデルです。

このバイクの魅力は変にガンバって無いってところでしょうか?

車体サイズは250と500、まったく共通です。
シート高も690mmと低く、車重も250ccで168kg(ABS170kg)、500ccで190kgと軽く仕上がっています。

rebel_0414 (3)
真上から見た画像です。
スリムでしょ!

私も実車に跨ってみたり取り廻したりしてみましたが、車重が軽い上に足着き性も良いので女性ライダーさんの初めてのバイクとしてもすごく取っつき易いのではないでしょうか

ライディングポジションもアメリカンスタイルのバイクに有りがちな、ステップが前方にあるようなタイプでは無く、自然に座ればそこにあるって位置ですので、ライダーの体格を選びませんね

rebel_0414.png



このライディングポジションや車体バランスの感じは・・・

私、店長山口が以前所有していて、かなり気に入ってた、
DSCN7867.jpg
VT750S

ほんとだったら手放さずに所有しておきたかったお気に入りのバイク!
良いですよ!
トコトコと季節や景色を感じながらのツーリングに、最高です♪
安心の足着きと、椅子に座っているのと変わらないライディングポジションは、どこまでも走っていけそうな感覚にさせてくれます。

強いて言えば、車重はそれなりにあった(230kg)ことと、チューブタイプのタイヤでしたのでパンクした時に厄介かな? ってこと。
それと、あんたアメリカンなの?スポーツなの?な中途半端にも見えるデザインでしょうか?(笑)


そのあたりの不満点?を、新型レブルは理想的な構成でまとめてきました!

rebel_0414 (5)
画像奥がレブル500、手前がレブル250です。
エンジン以外ほんとに一緒!

軽く仕上がった車重はもちろん、ホイールもキャストホイールになりチューブレスタイヤになってます。
パンク修理も容易になるので、遠出の心配事が減りますね。

それに前後16インチの小径ホイールに対してワイドサイズのタイヤを履きますので、軽量のバイクには見えない迫力もあってカッコいいです。
フロントフォークの装着キャスター角から読み取ると、すごく素直で安定したハンドリングなのではないでしょうか?

*当社では新型レブル試乗車をご用意する予定です

rebel_0414(13).jpg

あとはスタイリング!
今までのアメリカンでも無く、新しいスタイリングでは無いでしょうか?
カスタマイズをしていくと、色々なスタイルに化けそうで期待出来そうですね~

rebel_0414 (6)

シンプルな外観のメーターも、今の時代らしくデジタル表示の充分な情報量のメーターです。


rebel_0414 (1)
スイングアームも一般的な角パイプでは無く、円形の新型です。
さり気無いところにもデザインコストをかけてますよ!


「レブル250」のタイプ、カラー設定は、

rebel_0414 (8)
マットアーマードシルバーメタリック (艶消しシルバーですね)
500との共通カラーです。

rebel_0414 (11)
グラファイトブラック

rebel_0414 (9)
レモンアイスイエロー

以上の3色で、ABS装備の有無を選べます。

詳しくは下記のリンクで
メーカーサイト Rebel250のページ

搭載されるエンジンは、CBR250Rの水冷4ストロークDOHC4バルブエンジンを、レブル250のキャラクターに合わせて吸排気系、FIセッティングの最適化によって低回転からのパンチ良さと、高回転まで気持ち良く回るフィーリングを実現しています。

エンジンのメカニカル音にもこだわっていて、静かなCBR250Rから部品を変更してあえて音を出す演出までなされています。
マフラーサイレンサーは最近のHonda車には良く採用され好評の「内部2室構造」になっていて、音量を抑えながらも心地よい排気音となっています。




「レブル500」のカラー、タイプ設定です。


rebel_0414 (7)
マットアーマードシルバーメタリック (250と共通色)

rebel_0414 (10)
ヴィクトリーレッド

以上の2色設定で、ABS装備モデルのみとなります。

詳しくは下のリンクで
メーカーサイト Rebel500のページ


搭載されているエンジンは、海外モデルの「CBR500R」の水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒エンジンを、こちらもレブルのキャラクターに合わせ、吸排気系、FIのセッティングを最適化、カムシャフトを変更して造り込んできています。
2気筒エンジンならではのエンジンフィールが楽しそう。

何気に馬力も46馬力と、VT750Sより上だったり・・・

燃料タンク容量はどちらも11リットル。
燃費の良い250はもちろん、500も実用上は必要充分ですね。
欲を言えばもうチョイ欲しいところではありますが、VT750Sは10リットルでしたが普通のツーリングでは仲間と給油タイミングもさして変わらずでしたしね。


rebel_0414 (4)

うん
肩ひじ張らずに、自然体で乗れるバイク。

これ、きっといいですよ~