CB250F ABS装備車 セール価格です!

こんにちは!

ホンダパルスウイングです。

今日はセール情報です


20171118 (1)
店頭在庫商品の
CB250F

ABS付きの車両です。
メーカー生産終了につき在庫限りのこの商品、



メーカー希望小売本体価格 515,160円(税込み) のところ、

455,000円(税込み)


6万円のお値引きで販売させて頂きます


20171118 (2)

*登録諸費用が別途必要となります。

在庫のボディーカラーは以下の2色。

2017_0811_12.jpg
ミレニアムレッド

2017_0811_04.jpg
ブラック

在庫限りとなりますので、お早めにどうぞ









土曜日の今日は残念な雨模様・・・
お昼からは雨は止んできそうですが、すっきりしない週末となりそうです(T_T)

明日も日本海側や南部でも山沿いは雨のようですので、バイクで走りに行くとしても近場でしょうかね~

20171118w.jpg

ほんと、今年の秋は週末ごとに雨のような、、、(-_-|||)

秋の楽しみの紅葉も、先日の台風の影響や雨の影響で、今年はイマイチのようです・・・
日照時間が少ないのも原因のひとつのようですね。
意外と近場の街の中の方がキレイに紅葉してたりします。



先日紅葉スポットで見た紅葉は、まだまだ緑色の葉が多い感じで、このまま赤くならずに枯れちゃいそう雰囲気でした。


201711183 (2)
お店の展示場にある、「なんでもお花畑」は、まだまだ頑張ってくれています♪


201711183 (3)
新しい住人も・・・


ではでは、ご来店お待ちしております。。。




関連記事

PCX125 売れてます!

こんばんは~

ホンダパルスウイングです。


月に一度の連休明けの今日は、
開店前の時間からお客様が次々とご来店

なかには、

「昨日来たのに閉まっとったや~ん! プンヾ(`・3・´)ノプン」

なんて、ありがたくもあり、申し訳なくもあるお言葉も




当店の定休日は、毎週水曜日と
毎月 第3木曜日

に頂いております。

カレンダーを見ないと少々分かりにくいのですが、宜しくお願い致します~。




てなことで、朝から休みボケ感ありありで店長から説教されてた(笑)
当店期待の若手「山下」も、ボケてる場合じゃないくらいのお客様のご来店

お陰様で早々にボケてた頭は通常モードに戻り、いつものようにチャキチャキ動いておりました




さてさて、

20171117 (5)
今日も、PCX125の納車です。

今日は人気のブラックです。
この車体色のブラックは、「ポセイドンブラックメタリック」という名前で、

20171117 (2)
光に当てると、ブルーやシルバーのキラキラが浮かびあがります。

PCXのボディーカラーは、全色なにかしら凝った塗装になっていますよ♪





当店のPCX125の在庫状況ですが、
現在開催中のこのキャンペーンが大変好評を頂いている影響もあり、

2017110219kyan.jpg

始めよう!原二生活
 1.9%クレジット!



本日もキャンペーンのクレジットをご利用頂いて、ツートーンカラーを1台ご成約頂きました
ありがとうございます!


ボディーカラーによっては、少し納車までお待ち頂くカラーも出てきました・・・

とは言っても、随時入荷してくる予定になっているので、一週間もお待たせするようなことも無い状況ですが、ちょ~と品薄な感じになってます。


展示商品が少ないまま週末を向かえちゃいますが、ボディーカラーの確認をしたいという場合は、なんとか実車をご用意致しますので遠慮なくご用命くださいね!!





関連記事

KTM660ラリーの車検

ども!

ホンダパルスウイングです!

先日、日中たっぷり時間を取って、このバイクの車検に行ってきました!

660rally2017 (1)

あえて、午前の車検枠の終盤に持ち込み。

毎回車検ラインで時間を費やすことになるバイクですので、空いているこの時間に一回ラインを通し、手直しなどが必要になったら車検ラインが昼休みになる時間に対策し、午後から一番で入場して通す算段。


660rally2017 (3)
同じ時間帯に車検ラインに居る人たちに、「なにそれ・・・?」的な眼差しで見られます
もう慣れましたが・・・(*´~`*)

このバイクの詳細は以前のブログ記事で↓
KTM 660ラリー ファクトリーレプリカ



なんせ、言うなれば世界に一台だけの仕様のバイクになりますので、毎回検査のたびに対策を求められます。
何回も通してきましたが、ストレート合格したことはありません・・・

法規の解釈や陸運局のテスターの精度の向上などの検査ラインでのその時々の事情や、660ラリー自体の車両仕様による問題など、まあ毎回勉強させてもらえます。(笑)

しかし今までの数々の対策で車両本体については自信がありましたので、今回は文句言わせないぞ~
とも思ってましたけどね


今回、唯一言われたことが、まあ毎回ですが・・・

このマフラー、ノーマル?
でした。


日本公道仕様の660ラリーはこのバイクだけなので、当然これがノーマル
このマフラーに触媒付けて、公認を得てるんですからね。

でもね、、、
手持ちの資料では車検証しかそれを証明するものも無い状況。

もしマフラーを変えてしまっていても、分からないんじゃないですかね・・・
グレーゾーン・・・ですな。
今後、何かしら必要になるかもと思いながら、なんと!


初のストレート合格!


いや~!
助かりました。


660rally2017 (7)
予想外のストレート合格に時間に余裕出来まくりでしたので、お店までの経路で銀杏の木を発見!

お天気も良いのでしばし観賞♪

660rally2017 (10)
すると偶然、はらはらと銀杏の葉っぱがシートの上に。

秋ですな~♪


このバイク、実はここ最近はあまりオーナー様に乗ってもらえていません。
なので、今回の車検を機会に、少し実走行を多いめに交えた整備をさせて頂きました。


660rally2017 (4)
お店に戻ってテスト走行
お天気も最高ですし


660rally2017 (13)
そして整備リフトに入れて、各部のチェックと追加整備を実施。


660rally2017 (19)
またまたテスト走行

走らせないと出てこない症状を探す意味合いもあるのですが、走らる度に調子良くなっていく感が・・・
機械って、そういう面もあるんですよね。
動かしてあげている方がコンディションを維持できる。

しばらくバイク動かして無いな・・・って方がおられましたら、冬になってますます乗らなくなってしまう前に、お天気の良い日中に軽く乗ってあげて下さいね


660rally2017 (21)
夜間のライト類の効果確認も兼ねて、夜もテストラン。

660ラリーを止めていると通り過ぎる車から、見られる見られる・・・(//>ω<)


660rally2017 (16)
新しい車検期限のステッカーをナンバーに貼って、

完成~!


もうちょっと乗ってあげて欲しいな~
めちゃめちゃ楽しいですやん、このバイク!


ではでは~



関連記事

CBR1000RR-SP オイル漏れ修理

こんばんは!

ホンダパルスウイングです。


先日納めさせて頂いたばかりの、


2017_0930 (109)
CBR1000RR SP


日曜日にご来店頂いて、カウルのいつも同じ場所がオイルで少し汚れるんだけど、大丈夫かな・・・?
と、ご相談を頂きました。


IMG02757.jpg
なるほど・・・
せっかくガラスコーティングもしてるのに、これはイヤですね


IMG02759_HDR.jpg
下から覗き込んでみます。

オイル溜まりがありますね・・・


IMG02766.jpg
カウルを取り外して、さらに検索。

オイルが漏れる
というほどの量では無いですが、オイルが滲む部分があり、それが少しずつ溜まっていって流れてくるようです。


IMG02773_HDR.jpg
オイルが出てきている個所は、どうもエンジンクランクケースとクラッチカバーの合わせ面と診断。


IMG02774.jpg
クラッチカバーを取り外してみます。


IMG02775.jpg

IMG02776.jpg
エンジンケースとクラッチカバーの合わせ面は、液体パッキンでオイルの流出を防ぐタイプ。
今はこのタイプが一般的になっています。
昔はここにガスケットが挟み込まれるタイプが普通でしたが、製造精度の向上により無くなっていく傾向です。

制度が上がった分、部品の個体差や組み立て時の相性などでの、微妙な誤差の誤魔化しが効かない傾向でもありますね・・・

今回の症状もそんなことが原因のひとつだと思われます。


IMG02785.jpg
合わせ面に残っている液体パッキンを取り除きながら、それぞれの接合部分のチェックをしていきます。

この作業、地味に時間喰いますが、ここが大切なパートですのでしっかりと


IMG02786.jpg
合わせ面のチェックと修正をしていて思うのが、ここの部分の最終仕上げも機械作業で完了しているのかな・・・?
ということ。
この車両に限らず、最近の機種の多くは合わせ面が大げさに言うと凸凹してます・・・
凸凹といっても、ミクロン単位でのことですけどね。

一昔の車両にはあんまり無かった凸凹。
部品の最終仕上げに、人の手が入っていたような印象の仕上げだったのですが、ここ最近は機械でフィニッシュ?

レーシングマシンなどは、こういった部分の最終仕上げを手作業で行い、極端な話、液体パッキンを塗布しなくても漏れてこないぐらいの精度で仕上げるつもりで作業にあたるそうですよ。


IMG02789.jpg
私もレーシングマシンのつもりで作業
合わせ面のそれぞれを手作業で修正してあげて、液体パッキンを極力薄く均等に載せていきます。


IMG02788.jpg
ふう
よし、準備OK

過去にこの作業をさせて頂いて、また漏れてきたってことは無いのですが、毎回再発は絶対にさせたくない気持ちが働くので緊張しますね


残念な新車初期トラブルですが、こういった場合でもメーカーに相談の上、当店にて最善の方法で対処させて頂きます。

今回は初回点検を受けて頂く前の事例ですが、初回点検ではこういった初期トラブルの予兆もチェックしていますので、ご購入後の初回点検は必ず受検して頂きますよう、お願致します





関連記事

ML200 モンパルのタイヤ交換

こんばんは!

日が暮れるとグッと寒く感じますね~

この週末もたくさんのお仕事のご依頼を頂きました!
ありがとうございます。

その中から、バイクショップのブログではあまり記事にされなさそうな記事を。


20171112 (1)
電動車椅子 モンパルML200後期モデル!

先日バッテリー交換させて頂いたモンパルちゃんです。
10月16日のブログ記事

バッテリー交換の際にお見積りをお渡しして、ご検討頂いていた作業をご依頼頂きました。

同じ大きさの箱が4つ届きました・・・?



20171112 (2)
箱から出してみました。

タイヤが4つ。
ホイールもセットされていています。


20171112 (3)
モンパルに装着されているタイヤは、パンクというものがありません。

チューブ等を用いて、中を中空にして空気を入れる一般的なタイヤとは違い、ほぼゴムのかたまりの構造です。
それ故、タイヤ交換となるとホイールごとになってしまいます。

ワンセット10000円近い金額になりますので、合計4セットだと・・・

ですのでお見積りをお渡しして、ご家族会議を開いて頂きました


20171112 (4)
装着されていたすり減ったタイヤと、新品タイヤの比較。

じわじわ減っていきますから元の状態を忘れちゃいますし、歩くスピードで走る乗り物ですので、そんなに減っているとは思いにくいものですが、比較すると一目瞭然。

すり減っていってもパンクしたりはしないのですが、鉄板の上や未舗装の道、砂利道など滑ってしまう可能性が高くなります。
歩くスピード(最高速度6km/h)なので、大丈夫じゃない?
なんて思っちゃう人も多いと思いますが・・・


20171112 (5)
4本とも新品にしてテスト走行してみました。

うーん!
ぜんぜん違う!

ハンドル操作が楽になり、まっすぐに走らせやすくもなります。
乗っていてシャキっとしたような感じで、もちろん濡れた鉄板の上とかでも滑りにくい。
リフトの上に水を撒いてテストしてみました。
雲泥の差ですよ~

意外と見落としやすい、でも当たり前に点検しないといけない部分なので、チェックしてみて下さいね。
少々、お値段はしちゃいますが・・・(T_T)


20171112 (6)
こんなふうに写真撮ると、モンパルちゃんもカッコイイ!マシーンになりますね

Hondaが提供する
「自由の翼」
の、仲間です。

メンテナンスはお任せ下さい






関連記事